スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
帰省
今年の夏休みは約10年ぶりぐらいに実家に帰りました。

・・・というのも、長男は私の実家に行ったことがあるのですが、
長女や双子たちはまだ一度も私の実家に行ったことがないからです。

周りの友達は、おばあちゃん家に遊びに行ったとか、
夏休みに泊まりに行ったとか話している中、
長女や双子たちは、おばあちゃんの存在は知っているものの、
おばあちゃんとの思い出がほとんどないのです。

どんな所に住んでいて、どんな生活をしていて、
どんな人柄なのか、自分たちのことをどれだけ知っているのか、
何もわからない・・・。

このままでいいんだろうか・・・・。

何年も前からずっとそのことが気にかかっていて、
母親の年齢や体調のことなども考えると、
これ以上先延ばしにはできないなと・・・。

自分にとっては、もう一生会いたくないと思うほどの存在なので、
それはそれは憂鬱でとても気が重かったです。

でも自分にとっては当たり前だった祖父母というものを、
この子達は一生知らずに大人になるのかと思うと、
やっぱり可愛そうな気がして・・・。

ほんの数日だけのこと・・・。
なんとか乗り切ろう・・・。

出発当日はもうまったく頭が働いていませんでした。
予定が入っている時はだいたいそうなってしまうのですが、
不安だらけの予定なのでなおさらです

母親は相変わらずのマイペースでした。

なんでそんなやり方をするんだ
そんなことも知らないのか
どうせお前にはわからないだろう

昔から何度も聞かされてきたそんな毒舌も相変わらず・・・

でも私にとって苦痛でしかなかったその毒舌も、
子供たちにとってはなぜかなんの毒にもならなかったようです。

おばあちゃんがぐじゃぐじゃ言っている横でも、
子供たちは平気で笑い、走り回り、にっこにこ。

犬の散歩に出かけたり、庭で虫を探したり、海に行ったり、
自由気ままに田舎の暮らしを満喫していました。

「俺ここ気に入った!ここに住みたい!」
えなりやゴルゴは何度も何度もそう言っていました。

おばあちゃんと一緒に買い物に行った時、
店先にあったガチャガチャをえなりが見ていると、
おばあちゃんが小銭を出してくれました。

「え?いいの?
今までそういう経験をしたことがないので、えなり困惑(笑)
「いいよ」と言うと、大喜びで小銭を入れていました^^

帰りの空港でも、おばあちゃんが一人ずつにお金を渡して、
「欲しいもの買っておいで」・・・と。

意味不明に大量の食事を出し、
ちょこちょこといろんなものを買ってくれて、
都会の人が知らないようなことを知っていて・・・

おばあちゃんて、こういうもんなんだね・・・。

子供たちもようやく理解できたようです。

実家へ行ってからえなりはお茶を飲むようになりました。
普段は麦茶ぐらいしか飲まないのですが、
おばあちゃん家で毎食飲んでいた緑茶が気に入ったようです。

そして兄弟3人で、おばあちゃん家に行った時のことをよく話しています。
よっぽど楽しかったのでしょうね。

行く前は不安で不安で仕方なかったけど、
やっぱり頑張って行ってよかったな・・・。
【2017/10/11】 | 長女+双子の同時育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
親の出番
少し前の話になりますが、
えなりの隣の席の子が、
鉛筆などを持っていってしまい返してくれないということが何度かありました。

以前にも同じクラスになったことがある子だし、
特別仲が悪かった印象もないのだけど、
いったいなぜそんなことになっているのか・・・。

「何か相手を怒らせるようなことしたの?」とえなりに聞いてみても、
「わかんない・・・」と言うし・・・。

ん~、これはどうしたもんか・・・(ーー;)

どう対応しようか数日悩んでいたのですが、
その後つねったり、叩いたりということまで出てきたので、
さすがにこれは放っておけないと思い、
学校の行事があった時に、直接その子のお母さんに話しました。

お母さんは「え!?うちの子が!?」ってかなりビックリしていて、
もう放心状態というのか、鳩が豆鉄砲くらったような状態というのか・・・。

とりあえず、今までえなりから聞いた内容を全部話し、
親子ともどもとても困っているということを冷静に話をしました。

その時はとても驚いて放心状態のお母さんでしたが、
その後、お母さんのほうから先生に話をしてくれたようで、
後日学校で相手の子とえなりとで話し合いの場が設けられました。
相手の子は、自分がやったことを認め、謝罪してくれたようです。

「やっちゃいけないのはわかってたけど・・・
なんでかわかんないけど、やっちゃった・・・・」

相手の子はそう言ってたそうです。

子供っていうのは、ほんとに難しいですよね。

別にその子が心底悪い子っていうわけではなくて、
なにかしらのストレスが溜まってたり、
えなりに対して理由はわからないけどイライラするようなことも
もしかしたらあったのかもしれません。

ただ、そういうことのひとつひとつをうまく自分で把握できていなかったり、
解決策がわからなかったり・・・。

そういう年齢だからこそ、「もう小学生だから大丈夫」ではなく、
親はしっかりと子供のことを見ていないといけないんですよね。


私はもともと自分が先頭に立つことが好きではありません。
後ろのほうで簡単なお手伝い程度が丁度いいと思っています。

でも育児をし始めると、誰かに相談はできるものの、
最終的には自分で判断して、自分が先頭に立って動かないといけなくなります。

これまでも、上級生にしつこくちょっかいを出されたり、
無実の罪をきせられたり、暴言暴力があったり、
いろんな出来事がありました。

被害を受けるだけでなく、
こちら側が問題を起こしてしまったこともあります。

その度に、先生に話をしに行ったり、
相手の保護者に話をしたり、直接相手の子と話をしたり、
その都度最善だと思われる方法で対応してきました。

そのひとつひとつが全部正しかったのか?と言われると、
正直自信がありません。。。

でも判断して行動するのは自分しかいませんから・・・。


うつ病で子供を産むかどうか悩んでいる時考えることは、
毎日のミルクやオムツなど、
身の回りの世話ができるかどうかということだと思います。

でも振り返ってみると、ミルクやオムツが必要な時期なんてほんと短くて、
その後の社会との関わりのほうが何倍もつらいのが現実です。

うつ病だから挨拶ができない。
うつ病だからお礼が言えない。
うつ病だから子供がいじめられてもどうすることもできない。

・・・・じゃあ、自分は何のためにいるの?
ただ産んだだけ?

・・・・・と、そうなってしまいます。


私はうつになってから、健康だった時の10分の1ぐらいしか動けなくなりました。
うつだからしょうがないよ・・・
そう言ってしまうのは簡単です。

でも、「うつだからしょうがないよ」っていう言葉は、
自分自身には通用するけど、子供には通用しません。

うつだってわかってったって、病気だってわかってたって、
子供は寂しくなるし、不安になるし、孤独になる・・・・。

その子供の寂しさや不安を取り除くためには、
「うつだからしょうがないよ」はあまりにも軽すぎる言葉なのだと思います。


今回は相手の親御さんがしっかりされてる方で、
無事に解決することができましたが、
世の中はそんな親ばかりではありません。

話が通じない親、自分勝手な親、逆恨みする親、いろんな人がいます。
そんな人たちにも立ち向かっていかなければならないのです。

うつだから・・・・話下手だから・・・人見知りだから・・・
そんな言い訳して何もせずにいたら、
子供の人生も自分の人生も全部ぶち壊されてしまいます。

そうならないために自分も知識を増やし、経験を積み、
もっと賢くならないといけないと思うのです。

そして、自分の育児と自分の子供に
自信を持てるようにならなければ・・・・と。


うつだからできないことはいっぱいある。
うつだから無理なこともいっぱいある。

でも、うつでもできることも、必ずある!

たとえ毎朝顔が洗えなくても、たとえ毎日掃除ができなくても、
いざという時、ここぞという時には、
しっかり子供を守れる母でありたい・・・。
【2017/07/22】 | うつ病主婦的子育て論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラスメイト
先日子供たちと、ニオイがどうのこうのというくだらない話をしていた時、
長女がふとこんなことを話し出しました。

「そういえばうちのクラスに、
 3日に1回しかお風呂に入らない子がいるんだよ。」

それを聞いて私は即座に、ごっつくて超面倒くさがりの男の子を想像して、
「お風呂嫌いな子なの?」と笑いながら聞き返すと、

「ううん、そうじゃなくて、
 お家が貧乏だから、3日に1回しか入れないんだって。」・・・と。

あ・・・・・。

それまでのおふざけモードが一気に変わりました。

「男の子?」と聞くと、

「ううん、女の子。
 でね、服を着替えてない時もあるの。
 今日も昨日と同じ服着てた。」

虐待なのだろうか・・・?ネグレクト・・・・・?
なんだか悪いことがいろいろと頭に浮かびました。

「それでね、臭いっていじめられてたこともあったみたい。」

「そっか・・・・。それはつらいね・・・。」

世の中には本当にいろんな家庭があって、
大勢の人に囲まれて大事に大事に育てられる子もいれば、
何ひとつ愛情とよべるものなど貰えない子たちもいる。

生まれてきた家によって運命が決まってしまうのって、
なんだかほんと切ないですね。。。

私たち家族がこうやって楽しく過ごしているこの瞬間も、
もがき苦しみ、じっと耐えている子達がいるんだよね。

何もしてあげられない自分がなんとも情けなく、
少し気分が沈んでしまいました。

でもそんな私とは裏腹に長女はニコニコ笑顔で

「でもね、私鼻づまりがひどいからね、全然臭わないの。
 だからその子とも普通に話してるよ(^ー^)」

そうなんだ。。。。。

確かに長女はアレルギー性鼻炎なので、
鼻水がダァダァになっていることもあります。

でも元々はものすごくニオイに敏感で、
トイレやオナラや旦那の加齢臭など、
「もう!なんでこんなに臭いの!最低!」と
しょっちゅうぶち切れてます。

そんな長女なので、臭ってないはずはないと思うんだけど、
きっとその子には「鼻づまりだから全然臭わないよ」
と言って普通に接しているのでしょう・・・。

なんかね・・・・うまく言えないですが・・・・
長女ってすごいな・・・・・。

この長女の優しさのほんのひとかけらでも私の中にあっただろうか・・・。

私は冷たくて残酷な人間だなぁ~と自分でも自覚しています。
だからこそ、自分の価値観を押し付けちゃいけないとずっと思っていました。

私が正しいと思っていることは、きっと違う。
私の生き方はきっと間違っている。

長女は不器用で泣き虫で、人見知りで、なんの特技も無くて・・・
こんなんで大丈夫なんだろうか?といつも心配でした。

ああしなさい、こうしないさい、こうしたほうがいいと
口を出したくなることもいっぱいあって・・・。

でもそれをやってしまったら、
私はまた長男の時と同じ失敗を繰り返してしまう。
黙って子供を信じよう・・・・そう思ってぐっとこらえてきたのです。

でもこの話を聞いた時に、
あぁ~、やっぱり長女のやりたいようにやらせてきて良かったと思いました。

優しさってすごく難しいって思う。
ありのままを受け入れて、普通に接する・・・。
簡単なようで、簡単じゃないよね。

数日前の連絡帳に、先生からのメッセージで

「いつも皆に優しくしてくれてありがとう」と書かれていました。

もしかしたらその子のことだったかもしれませんね。

私はこれっぽっちも優しくないけど、
長女からたくさんたくさん優しさをもらっているような気がします。
【2017/06/28】 | 長女の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小学生は大変
保育園の頃までは、
「お父さん大好き、お母さん大好き、先生もお友達もみ~んな大好き」
と天使のようなことを言っていた長女も、
小学校に入り、いろんな経験を積んでいくうちに

「あいつ、ほんとムカつく!」だとか
「ざま~みろ!」だとか、そんな感情を持つようになりました。

最初に聞いた時はちょっとショックだったり悲しいような気持ちにもなりましたが、
いやほんと・・・いろんなことがあったのでね・・・( ̄∀ ̄;)

自分だけがどれだけ真面目に誠実に、清く正しく生きようと思っていても、
世の中にはいろんな人がいて、理不尽なことを言われたり、
こちらに何の非もないのに攻撃をされたりということがありますよね。

そんな中でドロドロとした感情が芽生えてしまうというのはごく自然なことで、
これもまたひとつの成長なのだろうと思います。

えなりやゴルゴも、だんだんとそういう傾向が出てきて、
「あ~!もうほんと嫌だ!」と怒っていたり、
ため息をついていたりするようなこともあります。

また兄弟同士でお互いにからかったり、文句を言い合ったり、
わざわざ相手を怒らせるようなこと言わなきゃいいのに、
それぞれが常にけんか腰のような感じで、
朝から晩まで言い争いが絶えません。

時には取っ組み合いの喧嘩になり、
ケガをしたり大泣きしたり・・・・。

毎日毎日言い争ってる声を聞くというのは、
うつを抱える自分にとってはとても苦痛なことなのですが、
「子供たちは外の世界で戦うための練習をしているのだ」
と自分に言い聞かせ、なんとか耐えています(^ω^;)

特に今えなりのクラスには毎日のように問題を起こす子がいて、
暴言を吐いたり、暴力を振るったり・・・

先生も一生懸命対処してくれてはいるのですが、
どうにもこうにも手が回らないという感じで、
物を壊されたり、ひっかかれたりして帰ってきたこともあります。

通学団でも、新しく転校してきた子がまるでジャイアンみたいな子で、
走り回ったり、大声出したり、何かにつけて文句を言ってきたり、
もうとにかくやりたい放題で、
ほんとに・・・小学校って大変・・・(_ _ |||)

そんな過酷な環境の中で毎日生活していかなきゃいけないんだから、
いつまでも天使のような子ではいられませんよね


おとなしい長女は嫌なことを言われても強く言い返すことができないので、
その度に悔し涙を流していました。

私はひたすら共感してやり、
嫌なことを忘れるぐらい外で思いっきり遊ばせたり、
時には物を壊させたり、大声を出させたり・・・(^ω^;)

できるだけ長女が内に溜め込んでしまわないように
おもいつく限りのことをしました。
(それが正しい対処法なのかどうかはわかりませんがww)

でもそれも四年生になって、クラスに仲のいい友達ができてからは、
友達がかばってくれたり、励ましてくれたりしてくれるようになり、
私の役目はずいぶん減りました。
友達ってほんと大事ですね。

えなりは現在進行形でクラスの暴れん坊と毎日格闘しています。
「今日は泣かされた」「今日は泣かせてやった!」などと、
毎日のように報告してきて、
「あいつ、ほんとウゼェ~~~ッ!!!」と吠えています。

クラスでも一番のおチビで体だって痩せ細っているというのに、
いったいどこからそんなパワーがでてくるんだか・・・。
とにもかくにも何度泣かされても
あきらめずに立ち向かっていっているようです。

一方のゴルゴは、ソファーに寝っ転がって、
「ああ~~面倒くせぇ~!学校いきたくねぇ~~」とグダグダwww
面倒くさいことは基本的にスルー。
少々の嫌なことは、まぁ~いっか・・・で済ませてしまうようです。

苦手な相手、嫌いな相手への対処の仕方も人それぞれですね。
【2017/04/02】 | 長女+双子の同時育児 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。