うつ病退治 第2弾
旦那の場合は直接ぶつかってもダメなようだったので、
少し違う方法を考えてみた。

過去に自分が怒りながら話したことの記憶を辿ったり、
旦那に聞いた話などを自分なりに整理してみたのだが、
納得できるところもあれば、
「それ、ホントに私が言ったの?」と思えるようなところもある。
正反対のこと、つじつまの合わないこと・・・

つまりは、言葉巧みにまくしたてられるので、
一見正しいことを言っているように聞こえるが、

実はあまり意味がないのでは?ということ。

うつ状態の時もそうであるが、普段の自分とは明らかに違う思考をしている。
だったら、その言葉を信じ、忠実に尽くしても無駄なんじゃないかと思った。

そこで、あえて、怒っている時の言い分は無視して、
調子のいい時のみにスポットを当てる方法

調子が悪くなりだすと、言いたいことがあっても言えなくなる。
できるだけ、調子のいい時の会話から、
今現在何が不満なのかを探っておく。

テーブルの上がいつも散らかっている、庭の草が伸び放題など、
不満に思っていることを覚えておいて、
調子が悪くなった時に、それを行動して解決するのだ。

何で怒っているのかわからない、何が原因でうつ状態に陥ったのかわからない、
そういう時は、とりあえず原因探しは後回しにして、思いつくことを行動してみる。

要は、「何をしていいのかわからないから、何もしない」

という状態を作らないようにするということ

普段から気になっていることが解消されてることに気が付いたり、
旦那が自分のために一生懸命やってくれていることに気付けば、
多少なりとも気分は上向くはずだ。
うまくいけば、そこで本題の会話に持ち込める。

会話ができるようになれば、怒った原因、うつ状態に陥った原因がわかる。
解決が早ければ早いほど、立ち直りも早いはず・・・。

・・・と考えたのだが・・・


「伝える難しさ」へつづく
【2008/11/08】 | うつ病奮闘記② | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<伝える難しさ | ホーム | 自分の苦しみが家族を苦しめる>>
コメント
頭が重い 友達も減った 誘いが怖い 美容院に行きたい 早くと焦ると長くなる病気 もう1年半 まだ1年半 ゆっくりテレビを選んで買いたいよ 電気屋でくらくら 周りは楽しそう 交渉さえ出来ない ゆっくりしたい フランス料理が食べたい飛行機に乗りたい あきらめない昔は出来たのだからそんな時 私もあったよ 治るんだよって教えれる時がきたら嬉しいな
【2008/11/08 22:22】 URL | 匿名 #-[ 編集] | page top↑
匿名さんへ
以前はスーパーに買い物に行っても、パニックになって何も買えずに逃げるように帰ったり、気分が悪くなったり、泣けてきたり・・・ほんと大変でした^^;
今は時々自分が何をしているのかわからなくなってボーッとしてしまうことはあるけど、なんとかまともに買い物できるようになりましたe-319
友達の誘いも以前はいろいろ理由をつけて断ることが多かったけど、今は少々疲れている時でも大丈夫e-287
やりたいことがあるっていうのはいいことですよね。
ぜひぜひ実現しましょう♪
【2008/11/08 23:21】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/94-da2e0f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |