自分の苦しみが家族を苦しめる
旦那に対しては自分の意見がある時にははっきり言って欲しいと言ったが、
これは見事に失敗に終わったと言っていい。

・・・というのも、私は非常に記憶が曖昧である。
時間の経過の感覚も狂っているし、
自分が話した内容を覚えていないことも多い。

そのため怒り狂っている時に、
過去に話したこととは正反対のことを言っていたりするのだが、
そのことを指摘されても、自分は言った覚えがないので、

「いい加減なこと言わないで!」・・・となってしまう。

また、「あんたのせいで私は不幸になった」
「あんたがバカだから治らない」など、常に自分は被害者であることを訴え続け、
相手の性格、思考、行動に至るまですべてを否定し、追い詰める。

そのため、言われている旦那のほうは、
だんだん自分はそんなにダメな人間なのか・・・と思えてくるらしい。
反発しようにも、肝心なことは「記憶がない」「知らない」。
これではどうにもならない・・・。

そして、最終兵器が「死ぬ」「子供を殺す」である。
これを言われてしまってはもう抵抗のしようがない。

そこまで自分でわかっているなら止めれるのでは?

と思うかもしれない・・・。

だが、これが止まらないからこそ病なのだ・・・。

怒りで頭がいっぱいになってしまっている時は、
本当に相手が「どうしようもない、世界で1番役立たず」という感覚しかない。
だからこそ、平気で殴りかかり、首を絞め、包丁さえ持ち出すのだ。

私の症状が正確に境界性人格障害に当てはまるのかどうかはわからない。
ただ、この言葉を知るまで、私はまったく自分の異常行動に気付いていなかった。

理解不能な発言をしていることも、
被害者から加害者に変わっていることも、
周りの人を追い詰めていることも・・・。

「絶対に怒らないから正直に話して欲しい。きちんと受け止めたい」
そう言って初めて、旦那に教えてもらったのだ。

旦那にしてみれば、私の異常さに気付いていても、
それを言うことでかえって悪化や混乱を招くんじゃないかという心配があり、
言いたくても言えず、ただただ暴言や暴力に耐えるしかなかった。。。

恐ろしいことだ・・・。

心の病を治すのは簡単じゃない。
でも、簡単にあきらめるわけにもいかない。
大切な者を守るためにも、心の病はやはり治さなくてはいけない・・・。


「うつ病退治 第2弾」へつづく
【2008/11/07】 | うつ病奮闘記② | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<うつ病退治 第2弾 | ホーム | 長男の努力>>
コメント
ガアラさん はじめまして。36歳男性のすきぢと申します。
私も不安神経症からうつ病となり、家庭を苦しめ別れました。今はたまに症状がでるのと予防に通院しているものの治ったと言っていいくらいでしょう。とても気持ちが良くわかります。
調子が良い時は頭では誰より分かっているんですよね。でも調子が崩れると一転してします。
胸を刺すように分かります。
”やはりなおさなければならない”とありますが、あまり焦せったり義務付けたりせずに、こんな自分とうまく付き合うと言うのも大事なのかもしれません。性格はなかなか変わりませんからね!
私で言うと神経質なところとか^^;
家族がいるっていいですね。
ゆっくりと手を繋いで歩いて行って下さい。
http://sukiji.cocolog-nifty.com/blog/
自伝記たまに更新していますのでたまにお立ち寄り下さい。
(他はくだらない事ばかりですが><)
私は闘病中はなかなか、そこまで自分の状況を回りに公表する事はできませんでした。
自分を認めて初めてどん底から抜けた気がします。
ガアラさん、すごいですよ。きっと良くなりますよ^^ では
【2008/11/08 03:46】 URL | すきぢ #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。
ブログ読ませていただきました。
僕も気持ちが落ち込んで辛い思いをして、今も薬でコントロールしてますが、心の病って辛いですよね。
うつ病の自分が自分。調子が悪いときも良いときも自分と認める事が出来たら少しずつ前に進むかもしれません。
ご主人は、きっとそんなガアラさんを認めようと頑張っていると思います。
無理しないようにして下さい。
なかなか上手く行かなくても、辛い気持ちと戦っているガアラさんは、すごいと思います。
【2008/11/08 07:33】 URL | チンク #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます
>すきぢさんへ
今まで何回も、なぜ治らないんだ~って焦って病状を悪化させてきました(笑)
治したいという思いはあっても、どうすればいいのかわからなくて・・・。
でも、見る角度を変えたら、今まで見えなかったものが見えるようになりました。
旦那や長男に協力を求めることも、今までは上手にできなかったし、やっぱり、わかってくれない旦那たちのほうが悪いんだっていう被害者意識がすごく強かった気がします。

すきぢさんのブログにもお邪魔させていただきますね♪

>チンクさんへ
ずっと認められることなく育つと、なかなか自分はこれでいいんだっていうふうに思えないのかもしれません。
だから他人にまでもっともっとと求めてしまう。
お互い苦しいだけなのにね。
まだまだ続きがありますので、気が向いたらいつでも読みにきてくださいね♪
【2008/11/08 13:22】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
子供や大切な人のため、治さなきゃいけないんですよね

治したい気持ち、他の誰より一番強く持っているのは自分なのに
人には理解されずに、精神病を理由にわがままになっていると言われる

心の病は孤独
苦しみも、戦いも、孤独
【2008/11/08 21:40】 URL | ゆう #7pHmo8MA[ 編集] | page top↑
ゆうさんへ
ゆうさんのブログのほうにコメント書かせていただきました。
ゆうさんのブログには何度もお邪魔させてもらってますが、私が読む限り、ゆうさんは全然わがままじゃないと思いますよ^^
頑張りすぎてるぐらいだと思います。
心も体ももう少ししっかり休めることができるといいですね。
いつの日か孤独から抜け出しましょうe-271
【2008/11/08 23:05】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/93-2b676352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |