怒りの原因
この、怒りを分析する作業は何日も続いた。
私は精神科医でもなければカウンセラーでもないのだから、
もちろん、簡単に答えなど見つかるわけがない。

でも、きっとどこか突破口になるところがあるはずだと信じていた。

私が自分の「怒り」にこだわったのは、
自分でも原因のわからない怒りが多かったからである。

ブチ切れていろんなことをわめいてるわりには、
その時話している内容は無意味で、本心は別にあったりする。

一生懸命説明しながら、

違う・・・そんなことを言いたいんじゃない・・・

でも何を言いたいのか自分でわからない。
そう思うことも多かった。

発狂して暴力を振るいながらも、

こんなことしたいわけじゃないのに・・・!

と叫んでいる自分がどこかにいるのである。

例えば何気ない旦那の態度にブチ切れたとする。
長男が質問をしたのに返事をしないとか、
話をしている内容に納得いかないとか、
表情がすごく怒っているように見えたとか・・・。

それ自体は全然たいしたことではない。
よくあることなのである。
ただ、これはそれまでコツコツと溜めてきた火薬の着火剤になる。

つまり、いくら怒ったときの状況を分析して原因を探ったり、
解決策を練ったりしても意味がないのである。
根本的な原因、本当に言いたいことは、もっと以前にあるのだから・・・。

この怒りの原因を集めだしてから爆発するまでの間のズレ。
それが、私と旦那、あるいは私と長男の間に大きな溝を作り続けていた。

こんな関係が続いていれば当然、旦那や長男から見る私は、
なんで怒っているのかわからない、いつ怒り出すかわからない

理解不能な人になってしまう。。。

逆に私から見る旦那や長男は、
何度話しても、何度説明しても同じ事を繰り返す

理解のない人になってしまう。。。

・・・そう、本当に改善すべきは、「理解のない旦那や長男」ではなく、
「自分のことを理解できていない自分」の部分だったのである。


「前進か後退か・・・」へつづく
【2008/11/02】 | うつ病奮闘記② | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<前進か後退か・・・ | ホーム | 怒っているのは誰?>>
コメント
NoTitle
怒りの原因、私も探して、ここにきました。怒り、自体は悪いことではなく自然なことだと思います。
うつ病になっているくらいなのですから、怒りは溜まりすぎてどこへどのように吐き出せばいいのか解らないのですね?
気持ちわかります、なぜなら、私も鬱パニック経験者です。
今は病気の状態は克服、さらには心理学、哲学、スピリチュアル魂の勉強を出来るまでになりました。ですから、気持ち痛いほどわかります。
怒りの原因先に述べますと自分自身の魂の癖。です、これは
誤解しないでください、貴方が悪いといってるのではなくて、
怒り自体がどこで出やすいか自分を見てみると、早いです。
私は、誤解されたり、理解されないと恐れが怒りに変わり同時かな?苦手な場面何度も。。。。苦しみました。。。
今は正体がわかるので冷静に見れます。
そして何より我慢しすぎたこと、自分を無視してきたことその怒りが強かったです。
自分以外の人にわかってもらおうとした途端怒りでます
【2009/06/09 14:29】 URL | 克服できる #-[ 編集] | page top↑
克服できるさんへ
私の場合は「嘘」がらみのことですね。
以前記事にも書きましたが、私にとって嘘というのは裏切りで、それは相手が自分の敵だということになります。
敵というのは自分の存在意義を脅かす人なので排除しなければいけない・・・という回路が働くようで、一度怒りに火がつくと、相手をとことん追い詰めないと気がすまなくなります。
だからこの正体がわかるまでは「いつか殺人を犯してしまうんじゃないか」と自分で自分が怖くてたまりませんでした。

今は原因も対処法もある程度家族間で確立されてきたので、以前ほどもめることはなくなりました^^

克服できるさんも今はお元気になられたようで、嬉しく思います。
うつの人も、それ以外の精神的な病の人も、もっともっと元気になる人が増えるといいですね♪
【2009/06/10 13:15】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/85-17329be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |