スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
よみがえる憎しみ
お金もない、体力もない、そんな私でも一緒にいたいと言ってくれた長男。
あの気持ちは嘘だったのか・・・?

どん底から私たちを救い上げ、必死に父親になろうとした今の旦那。
転校してきた長男を受け入れ慕ってくれた友達。
長男が帰ってくると嬉しそうに出迎える長女。
これから一緒に生活していく双子たち。
いろんな顔が思い浮かぶ。

何もかも・・・長男にとってはどうでもいいことだったのか?
どんなに私たちが頑張っても、所詮好き放題の元夫には勝てないのか?
私をうつ病という闇に突き落としたあの男がそんなに大事なのか?

なんで・・・なんで・・・なんで・・・

元夫に対してひどいパニック発作を起こしてしまうため、
長男が元夫と同じ事を言ったりやったりする度にひどい発作に襲われた。

苦しくて苦しくて何度も一緒に暮らすことをあきらめようとも思った。
それでも一緒に暮らしていくために、必死で2人で解決策を考え、今まで協力してやってきた。

2人で前進しているのだと思った。
そう思っていたのは私だけだったのか?

元夫の影に怯え苦しむ私を目の前にしながら、
長男はその原因である元夫と楽しそうに遊んでいたというのか?
信じられない・・・どうして・・・

2階から長男の荷物を全部玄関に放り投げた。

「出て行け!2度と顔も見たくない!」

「どこに行けばいいの?」

「前のお父さんに迎えに来てもらえばいいでしょ?」

「・・・わかった・・・」

玄関の外で元夫と連絡を取ったらしく、しばらくして長男が戻ってきた。

「前のお父さんが、お母さんと話がしたいって・・・。」

話がしたい?何言ってるの?話なんかできるわけないじゃない!
今までメールするだけでも発作を起こしてたぐらいなのに・・・。
ほんとに何ひとつ理解してない・・・。

殺してやりたい・・・憎い・・・


「別れの決断」へつづく
【2008/10/29】 | うつ病奮闘記② | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<別れの決断 | ホーム | 長男の裏切り>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/29 22:39】 | #[ 編集] | page top↑
いろいろあったのですね(T_T)昨日は発作がきそうで頓服を飲んで寝ても座ってもダメでベランダの空気すったりふらふら何してんだろ こんな病気 にくい 赤ちゃんも作れないと嫌気がさしてました 髪の毛も洗えないしゆっくり生活したいよと思いましたが頑張ります 長男くんが前のだんなに会ってるとやっぱ親だからわかるんだね つらいですね みんなが応援してますよ 今は解決してるのかな 続きが読みたい~て毎日ドキドキです
【2008/10/30 06:20】 URL | 匿名 #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます
>鍵付きコメントさんへ
ご心配いただきありがとうございます。
この記事は6月頃のことで現在は解決していますので、その点はご安心ください^^
子供に心の病を理解してもらうのは難しいですね。
ただ、私のように常にパニック発作がつきまとうような場合、どうしてもある程度理解、協力してもらわないと、やっぱり一緒に生活していくこと自体が不可能になってしまうんですよね・・・e-263
理解、協力してもらう代わりに、私はいつまでも病気と「共存」ではなく、ずっと「完治」を目指しているんですe-271

私の文章は読んでいてツラくなってしまったり、何やってんの!って腹が立ったり、大丈夫?って心配になったり・・・いろいろだと思います。
良いところは真似てみる、悪いところは同じ失敗をしないように・・・そういう意味で参考になればと思いひたすら正直に書き綴っています。
またいつでも読みにきてくださいね♪

>匿名さんへ
前夫の件は今は解決してるので大丈夫です^^
調子が悪い時は、ほんと嫌になってしまいますね。
頑張って記事を更新しますので、読んで少しでも元気出してくださいね。
しばらくはドロドロ記事かもしれませんが・・・ww
【2008/10/30 13:25】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/78-f5334084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。