うつ病主婦の寝かしつけ
長女は本当によく泣く子だったので、生後1ヶ月頃、
旦那が「おしゃぶりさせてみたら?」と言いだした。

でも、私が過去に学習した育児マニュアル(笑)ではおしゃぶりは
やめるのに苦労するだの、出っ歯になるだの・・・
あまりいい意見が載っていなかった。

おしゃぶり=ダメな母親みたいな印象・・・

それで意地になって抱っこで寝かせる日々を続けていたのだが、
腕が痛い・・・腰が痛い・・・睡眠がとれない・・・。
どんどん体調は悪化するは、気分は沈んでくるはで、
結局泣く泣くおしゃぶりを使うことに・・・(TдT)

でも最初は嫌がってた長女も、慣れてくるとおしゃぶりでスヤスヤ(-ω-。)zzZ
おおっおしゃぶりってスゴイと素直に感動 
これで今まで抱っこに費やしてた時間が半減。

たくさん抱っこしないと愛情不足?

いやいや、全然そんな心配ない
長男の時にはホント体がガタガタになるまで抱っこしてたけど、
その代わり笑顔を向ける余裕もなかった。

いつになったら泣き止むんだ?いつになったら寝るんだ?
そればっかり頭にあってイライライライラ・・・。
これじゃあ抱っこはしてても愛情なんて伝わらないよね・・・

いつもおしゃぶりさせてると
赤ちゃんが何を言いたいのかわからなくなる?


いやいや、そんなに心配しなくていい
本気でお腹がすいてる時はおしゃぶりさせたって泣き止まない。

泣いたらいつでもどこでも常におしゃぶりとか、
大きくなってまでずっとというのは問題があるけど、
ツライ時期、例えば夜中の授乳がなくなるまでとか、
期間限定で使うにはとっても便利。

長女は5ヶ月頃、
おしゃぶりをしなくても自力で寝ることが増えてきたので、その時に卒業。

抱っこをした合計時間じゃなく、可愛いなぁ・・・と笑顔を向けられた時間、
育児にはそれが大事なんじゃないかなぁと今は思います(^ー^)


「果てしなく遠い外の世界」へつづく
【2008/10/13】 | 長女の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<果てしなく遠い外の世界 | ホーム | うつ病と育児>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/64-e12c03f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |