スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
旦那の背中。。。
引越し屋さんはスピーディーだった。
普段思うように体が動かせないうつ病の私には信じられない。。。

そんなに無理したら倒れるんじゃないかと心配になるぐらい、
休むことなく動き続けていた。

予定通りお昼前にはすべての作業が完了。
これからいよいよ新しい生活が始まる・・・

・・・と、感動に浸っている暇もなく、以前のマンションの退去の立会い。
足りないものの買出し。
長女の面倒を見ながらなのですっかりクタクタになってしまった・・・

ようやくひと息ついてのんびりしていると旦那の携帯に電話が・・・
やっと切れたと思ったらまた電話・・・。

電話をしている最中にもリフォーム業者が出入りしたり、
不動産屋さんが来たり・・・。

今まで全部旦那任せにしていたから全然知らなかった。

「手続きあるから、ちょっと行ってくるね

いつも普通に出かけていたけど、本当はちょっとどころではなかった。

学校の手続き、役所、不動産屋、リフォーム業者・・・
それ以外にも私の産婦人科に付き合ったり、長女の検診に出かけたり、
長男の学校行事に参加したり・・・

1人でいったいどれだけ背負ってたの?

次から次にかかってくる電話で話している後ろ姿を見ながら、
旦那がこなさなければならないことのその膨大な量に愕然とした。

1人でできるわけないじゃん・・・
たまには弱音ぐらい吐きやがれってんだ・・・バカヤロー

うつ病女のためにそんなに頑張ったっていいことないぞ・・・

意地でも治さなきゃいけなくなるじゃん・・・くそジジィ・・・

うつ病を治したいと思っている私以上に、

旦那は私のうつ病を治したいと思っている。

この引越しにかけた旦那の気持ちを思い知った。。。

そんな2008年4月だった。


「前へ・・・」へつづく
【2008/10/08】 | うつ病奮闘記① | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<前へ・・・ | ホーム | うつ病で引越し(3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/55-a063575b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。