スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
前へ・・・
私たちが購入したマイホームは中古物件。
住んでいたのは父親と息子3人。
母親は、末っ子が赤ん坊の頃に出て行ったという話だった。

まだ居住中の状態で下見をさせてもらったのだが、
庭は草が伸び放題、家の中は足の踏み場もない散らかりようだった。

末っ子ももう小6だというのに、家のあちらこちらに
古いベビー用品が散らかっており、
母親が出て行って以来片付けていないことが簡単に想像できた。

昼間だというのに、ほとんどの部屋のカーテンは閉まっている。

順調に子供が生まれ、この家に入居する時には、
家族で仲良く暮らす未来を想像していたことだろう。。。

ローンが払えなくなって売りに出すことを決めた父親。
その心境は私なんかでは到底計り知れない。

今まで何人も下見に来た人はいたらしい。
けれど、現状の汚さに誰もが断ったそうだ。

でも、私も旦那もこの家にしようと即決した。
理由は家の造り。
ゴミを取り払い、リフォームすれば他の物件よりも確実に立派な建物だ。

不思議と「離婚した家など縁起が悪い」という考えは出てこなかった。
いや、むしろ挑戦したい気持ちだったのかもしれない。

不幸は散々味わってきた。
これ以上不幸にできるもんならやってみろ!・・・と。

今はまだ地を這うような生活。
でもいつかきっと光が射すはずだ。
私たちにも・・・あの家族にも・・・。


「うつ病と近所付き合い」へつづく
【2008/10/10】 | うつ病奮闘記① | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<産婦人科の転院 | ホーム | 旦那の背中。。。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/54-8de2f629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。