FC2ブログ
子猫と赤ちゃん
猫を預かるにあたり、とりあえず掃除と簡単な配置換えをし、
空気清浄機を購入しました。

預かることになったのは生後半年のオス猫。
小さい子猫を想像していたのですが、思ってたより大きく、かなり活発!

部屋の端から端まで何往復もザザザザーと駆け回り、
棚の上などもタタタタタピョ----ンと駆け抜ける!!!!
初日からカーテンレールの上まで上がられてしまい軽くパニック!

ぬおぉぉぉぉお~~~っ!これは想像以上に危険だらけだわ!
ってことで、ケガしそうなものは次から次へと移動移動・・・。
猫の動きを予想して、ああしてみたりこうしてみたり四苦八苦

あ・・・なんだかこれって、子供たちが赤ちゃんだった頃と似てるかもwww
あの時も危ないものや小さいものを高い所に移動させたり、
ベビーゲートや扉をガードするやつとか使って苦労してたっけ・・・( *>艸<)

赤ちゃんの場合はほんとになんでもかんでも口に入れちゃうけど、
猫の場合は生後半年でも食べれるかどうかは判断してるっぽいですね。
ニオイをクンクンかいでポイッ。有能ですwww

そして、おしっこやウンチはちゃんとトイレでしてくれるし、
ケージに入れておけば、きちんとお留守番もできる。
ご飯だって、朝昼晩同じもの出しても文句言わないし、
こうやって比べてみると、結局人間の赤ちゃんが一番手間がかかるかも(笑)

せっせせっせとトイレトレーニングして、
どこへ出かけるにも連れて歩いて、
一生懸命作ったご飯も「嫌だ嫌だ」で食べてもらえなかったり・・・

おもわずカーッとなって怒鳴ったり叩いたりしたくなるけど、
それをやってしまうと逆効果になってしまい、どんどんドツボにはまる

猫もしつけようとして怒鳴ったり叩いたりを繰り返していると、
身の危険を感じて攻撃的になるそうですね。

人間だろうが猫だろうが、成長するためには愛情が必要ということでしょうか。
ほんと私、子育てよく頑張ったよなとしみじみ思う。。。( *>艸<)


我が家に来た頃は暴れん坊だった子猫ちゃん。
結構な力で噛みついてくるし、爪が伸びていたこともあり、
あっという間に私の腕は傷だらけに・・・

それでも根気よく相手をし、途中去勢手術や爪切りなどもし、
最近では噛みつく力加減もずいぶんと優しくなりました^^

接し方がわからなかった子供たちも経験を積んでいくうちに、
大声を出すと猫がパニクって危険な行動をしてしまうことや、
構い過ぎると怒ってしまうことなどを学習し、
適度な距離感で接することができるようになってきました。

今まで一方的に甘えるだけの立場だった末っ子えなりも、
1回だけですが、猫のの片づけをしてくれました。

いずれこの子も結婚して人の親になるのかもしれない。
その時、「クサいから無理」ではなく、
クサくても我慢してオムツが替えれる父親になってくれるといいな・・・。

ふとそんなことを思いました。
【2020/01/15】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そんなこともあるのねw | ホーム | 思いがけない方向へ・・・w>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/508-893a530d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |