泣き虫えなり
えなり三男はとても泣き虫で、ちょっとしたことでもすぐ泣きます。

いきなり大声でわぁーーーーっと泣き出すので、
何かあったのかと慌てて駆けつけてみると、
腕に蚊がとまってとか、顔に水がかかったとか・・・

そんなことでいちいち泣くなよ~と思うんですが、
実は長男も小さい頃は、同じようにとても泣き虫でした。

どうでもいいようなことでいちいち泣くので、
その当時は、男のくせに情けないとか、みっともないと思っていました。

大人の場合は、気に入らないことがあったからといって、
大声で泣いたりすることはしないですからね。
ついついその価値観で考えてしまっていたのだと思います。

だからしつこいぐらいに「泣くな!」ということを繰り返し言ってきかせ、
泣いてもいいことはないんだと教えてきました。

でもその結果、長男はツライことがあっても、
それを表に出さなくなってしまいました。

本当はツライのに、それをグッとこらえてヘラヘラ笑って、
平気なふりをするようになってしまったんです。

自分としては、子供にもっと強くなってほしくて・・・
将来のことを考えてしつけをしたつもりだったんですが、
結果的に、ただ「SOSを出せない子」にしてしまっただけなのかな・・・と。


えなり三男はいつでもどこでもメソメソメソメソ泣きます。
「泣き虫」とからかわれることもあります。

でも、泣いていると・・・・誰かが助けに来てくれることも多いんですよね。
たいてい泣いている理由は、どうでもいいようなことです。
だから、「なんだそんなことかよ~」で終わってしまうことがほとんどなんですが、
でも、その中には本当に困っている時も含まれています。

ケガをしてしまったり、誰かが危険なことをしていたり・・・。
そんな時には、泣いて知らせてくれるということがとても重要だと気がつきます。

黙り込んで、全部自分の中に溜め込んでしまうようになると、
周りの人は、その危険な状態に気づくことができないですからね。

友達同士のもめごとなどはもちろん、
学校の先生によるわいせつ行為だったり、暴力行為だったり、
本来は安心して預けられるはずの場所でも、
あってはならないことが起きている場合もあります。

そういう時に、親に助けを求められるかどうかというのは、
とても重要なことですよね。

こんなことを言ったらお母さんに叱られる・・・。
こんなことを知られるのは恥ずかしい・・・。

そうやって、大事なことを話してくれなくなると、
親としてはどうすることもできなくなってしまいます。

だから「泣く=情けない」という単純な構造ではないように思います。

それに、学校での話などを聞いていると、
えなりだけではなく、なんだかんだで泣いている子はたくさんいるようです。
ケガをしたり、ケンカになったり、先生に叱られたり、
男女関係なくあっちでワーワーこっちでワーワー

なんだ、皆泣いてんじゃんwwwwwww(≧艸≦o)


保育園から小学校へ上がると、
気分的になんとなく、しっかりさせなきゃと変に肩に力が入ってしまいますが、
本当は、小学校に入ったからどうとか、7歳になったからどうとか、
そういうことではないんですよね。

どんなに親だけが焦ったって、
子供はちょっとずつしか進歩しないんだから・・・。

痛けりゃ泣くのは当たり前。
怖けりゃ泣くのは当たり前。
不安で泣くのも仕方ない。

痛みも恐怖も不安も、耐えることができる時期が来れば、
自然と泣かなくなるのでしょう。


昨日もえなりが泣いていました。
「こっちのコントローラーは嫌。あっちのが使いたい!」と。
まぁ~・・・そういうワガママで泣いている場合は、
どれだけ泣こうがわめこうが、誰も聞き入れませんが・・・┐(´ー`)┌


焦って大人にさせなくても、どうせいつかは大人になってしまう。
子供時代は子供らしく。
泣いて、笑って、怒って、走って、転んで・・・。
そういうのがいいんだろうね~。
【2016/01/08】 | 双子の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハイジ | ホーム | ゴルゴの武勇伝!?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/479-0015f2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |