スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
ゴルゴの武勇伝!?
以前、「今度は通学団で・・・」という記事に書いたしげお君。

その後もちょこちょこと問題は起こしていましたが、
「女の子や年下の子には絶対手を出してはいけません!」と
お母さんにかなり厳しく叱られたせいか、
口の悪さは相変わらずですが、手を出してくることはなくなりました。

これで一件落着・・・となればいいのですが、
そうそう上手くいかないのが現実・・・

しげお君が手を出さないのをいいことに、
今度はゴルゴが調子に乗ってしまったんです・・・(-_-;)

そして挙げ句の果てに、
ゴルゴがしげお君の顔面を殴ってしまい、大量の鼻血

今度はこちらが謝罪する側になりました・・・。

そしてさらに運の悪いことに、その翌日。
今度は、学校の廊下を走っていて上級生とぶつかってしまい、
メガネ破損、そしてこれまた鼻血・・・

幸い、相手の親御さんがとても優しい方で、
寛大に許していただきましたが、
はぁ~~~~、いったいどうしてこうなってしまうのか・・・・(´д`;)

忘れ物も多いし、筆箱の中はぐじゃぐじゃで鉛筆も研がないし、
宿題やっても提出してない、プリントも提出してない、
体操服持っていけば、いつまでたっても持って帰ってこない・・・。

連絡帳の書き方もこれでもかってぐらい雑で、
「もっとていねいにかきましょう」
「もうすこし小さい字でかきましょう」って先生に何度も書かれてる。
・・・つうか、最近じゃ連絡帳すら書いてこない・・・

先日、個人懇談会があったので、担任の先生にちょっと相談してみました。
「どうやったらもう少ししっかりしてくれるんですかねぇ~~」と。

そしたら、先生がこんな話をしてくれました。

「まぁ~ね~。男の子はこんなもんですよ。
ゴルゴ君が特別ダメってわけじゃなくて、
他の男の子もだいたい似たようなもん。

ゴルゴ君とこは、すぐ上にお姉ちゃんがいるから、
ついついお姉ちゃんの時と比べちゃうのもあるかもしれないけど、
まぁ~~、お姉ちゃんと同じようにはできないだろうね~。

どうしても男女で違いがあって、
低学年のうちは、女の子のほうがしっかりしてるんですよ。

でもね、だんだん大きくなっていく過程の中で、
気が付くと男の子が女の子を抜く時がやってきますから、
今できないからといって焦る必要はないですよ(^^)」

そうかぁ~、そういうもんなんだなぁ~~。
焦らずじっくり根気よくやっていくしかないんだなぁ~~・・・(´ω`)

そう思っていると、今度は先生、こんな話もしてくれました。

「ゴルゴ君は、とても気遣いができる子ですよね。
給食が終わった後、皆自分で自分の食器片付けるんですけど、
ゴルゴ君だけは、私のところに来て、
先生の食器も片付けましょうか?って言ってくれるんですよ~。
そういうことに気が付いて行動出来る子ってなかなかいないですよね~。

それにね、泣いてるお友達がいたりすると、
どうしたの?大丈夫?って声かけたりしてるの。
ほんと、優しい子なんですね~(^ー^)」

おおおお~~、なんともゴルゴらしいエピソード~~

普段は悪いところばっかりが目立ってしまって、
いろんなところからお叱りを受けることが多いゴルゴですが、
ほんと、本来は優しい子なんです。

でもそのゴルゴの良さを理解してくれる人は少なくて、
親としてもとてもはがゆい思いをしていたのですが、
先生、きちんと見てくれてたんですね~~゚。 ・゚・(ノ∀`)゚。 ・゚・ありがとう~。


そういえば、先日お隣のおばさんにたくさんお野菜をいただきました。

小さい頃、ゴルゴはそのおばさんの家に石を放り投げたり、
庭で飼っている金魚を勝手につかまえようとしていたり、
植木鉢を割ったりで、さんざん何度も叱られているんです。

あまりにも申し訳ないので、
庭で遊ばせる時もできるだけ監視するようにして、
これ以上迷惑かけないようにと私は毎回ひやひや・・・

でも、当の本人はというと、怒られた時は落ち込むけど、
時間がたてばケロッとしていて、
おばさんを見かけると、何事もなかったように
「おはよう~」って声かけたりしてる(笑)

それに何かのおみやげだったり、いただきものがたくさんある時などに、
おばさん家に持っていってくれるのもたいていゴルゴ。
この前も自分で植えたヒマワリから、たくさん種がとれたから、
それをおばさんにあげる・・・とw

そんなもん貰っても困るだろうに(^^;)と思っていたんですが、
「その気持ちが嬉しいじゃな~い(*^∀^*)」と
おばさんはとても喜んでくれて、
お返しにお野菜をたくさん持ってきてくれたんです。


長男の時には、他人に迷惑をかけないように、
規則やルールは絶対守るように、厳しくしつけてきました。
それができるのが当たり前、できなくてはいけないと思っていました。

でも、できるのが”当たり前”なのではなくて、
できるというのは”とてもすごいこと”なんですよね。

だってまだまだ発展途上、
大人になるためにいろんなことを学んでいる最中なんだもん。

提出物も片付けも友達関係も、わからなかったり失敗したり・・・。
親や先生や近所の人や、
いろんな人に叱られながら覚えていくものなんですね・・・。


昔の自分は、何をそんなに焦っていたんだろう・・・。

う~~ん、焦っていたというより、
周りの評価を気にするあまり、
本来の子供の姿を見失ってしまっていたのかもしれません・・・。

いたずら好きでルールが守れなくて叱られっぱなしのゴルゴの中にも、
誰にも負けない、誰にも真似できない優しさがあるように、
きっとどんな子供の中にも、誇れる何かがあるんでしょうね。

これから先も、ゴルゴのことで何度も頭を下げることがあるかもしれません。
でも、本当に大切なものは決して見失わないように・・・・。
焦らず、じっくり、根気よく・・・ですね。(^ω^)
【2015/12/16】 | 双子の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<泣き虫えなり | ホーム | 自分が好き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/478-532a5f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。