自分が好き
以前、ダイエットの番組を観ていた時のこと。

頑張って痩せようと決意するものの、
どうしても食べたい欲求に勝てず、毎回挫折。
そんなことを繰り返しているうちにすっかり自分のことが嫌いになり・・・
というような内容のものでした。

うんうん、よくある話だよね・・・と、
私はたいして気に留めることもなく観ていたのですが、

えーーーっ!!自分が嫌いって何???
そんな人いるの?Σ(`Д´;)


・・・と驚愕する長女。

えーーーーっ!!!
自分のことが嫌いな人なんて世の中にいないと思ってる人がいるの???
Σ(`Д´;)
・・・と、私のほうが驚愕wwww

長女、小学3年生・・・・。
ん~~、3年生ってこんな感じなのかな・・・?

そこで「長女ちゃんは自分のこと好きなの?」と聞いてみた。
すると、「当たり前でしょ、そんなの!!自分が嫌いとか・・・意味わかんない!!
なんでそんなんなっちゃうの???o(@.@)o」

なんでそんなんなっちゃうの?・・・・・・かぁ・・・・( ̄∀ ̄;)

なんでこんなんなっちゃうんだか。。。。


自分にコンプレックスがあると、そこを直したいと思いますよね。
性格もそうだし、体型だったり顔だったり・・・。

もう少しスリムになれたら・・・もう少し目が大きければ・・・
もうちょっと成績が上がれば・・・・もう少し早く走れれば・・・・

でもどこまでいっても、自分が嫌いな人って結局満足できないんですよね。
どんなに美人でどんなにスタイルが良くてどんなに有能でも、
どこまでいっても自分に自信が持てない・・・。

この病気になってつくづく思う。
”自分が好き”ってすごく大事・・・。

・・・で、この”自分が好き”っていうのはどこで得られるかって言ったら、
やっぱりどれだけ親からの愛情を感じられたかなんだろうな・・・と。

親がどれだけ愛情を与えたかじゃなくて、
子供がどれだけその愛情を感じられたか・・・。

子供のためをと思い、栄養のある食事をどれだけ作ったって、
毎日毎日「残さず食べなさい」「栄養を摂らなきゃダメ」
「お行儀よく食べなさい」「きちんと口閉じて」「ひじをついてはいけません」
そんなふうに食事の度に怒鳴り散らしていたら、
せっかくの愛情も苦しい思い出にしかならないですよね・・・。

子供にとっては、どんな食事よりも、
親が笑顔で受け入れてくれることのほうがはるかに栄養になるのだと思います。


長女はあまり勉強が得意なほうではないので、
テストで100点をとったのはほんの数回。

「でもいいの、私頑張ったから( ̄^ ̄)b」

↑変なとこだけ超前向き(笑)

運動も苦手だし、ぽっちゃり体型だし、これといって特技もないし・・・
うん・・・でもいいんだよ・・・。

そんな自分をまるごと受け入れて、
そんな自分が好きって堂々と言えるんだから、
それに勝るものは何もないよ。

へたっぴだけど、それでも自分が好き。
たいして結果残せなかったけど、頑張ったから満足。

それって一見ものすごい甘えのようにも感じるけど、
ダメな自分を許せるってやっぱ最強。

何回挫折しても、そこからリセットして何回でもやり直せるんだもん。
どうせ自分なんか・・・なんて考えないから、
いくらでも楽しい未来を想像できて、
そこへ向かって挑戦し続けることができるんだもん。

そういう人にはやっぱりかなわない。

長女ちゃん、私とは正反対の人生を進んでいってるんだね。
素直にとても嬉しい。

こんな母親だからこそ、
自分を好きって言える、自分を許せる・・・
そんな子供に育ってくれていることが普通の母親の何倍も、とても嬉しい。

自分のことが好きならいくらでも頑張れる。
自分のことが好きならいくらでも楽しめる。
可能性は無限大にある。

これから先、大きくなっていく過程で、
苦しんだり悩んだり迷ったり後悔したり、いろんなことがあると思う。
でも今の気持ち、忘れずにいてくれたらいいなぁ~と思う。
【2015/11/20】 | 長女の育児 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ゴルゴの武勇伝!? | ホーム | 勝負の行方は・・・>>
コメント
ガアラさん

すごく励まされたというか、感動した記事でした。
私も子供がそんな風に思ってくれたらいいな、って思います。
最近、仕事が忙し過ぎてイライラしちゃって。
つい子供に厳しいことばかり言ってしまってました。
でも、何より母の笑顔が、子供は大好きなんだよなーと改めて気づかされました。
ガアラさん、娘さん、ありがとうございます。
【2015/11/25 12:46】 URL | よちこ #EZz8G1GQ[ 編集] | page top↑
よちこさんへ
コメントありがとうございます。

大人になると忘れてしまうことや、
見えなくなってしまうものがたくさんありますね。
子供たちの純粋な言葉に、
毎回毎回ハッとさせられます。

毎日笑顔でいることは大変なことですが、
お互い少しでも多く、
子供たちに栄養を与えられるといいですね(^^)
【2015/11/30 09:58】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/476-35b6f5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |