スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
鬱病の彼氏
とある悩み相談のサイトにこんな投稿がありました。

鬱病の彼氏と付き合っているという、バツイチ子持ちの女性。
彼氏とは、結婚を考えるほどの仲なのだそうですが、
最近になって彼氏の体調が悪化し、仕事を辞めてしまったと・・・。

結婚する気があるなら、きちんと働いてほしいし、
ふさぎ込んでいないで、もっと自覚を持って責任ある行動を・・・
なんたらかんたら・・・・。


う~ん・・・・・・
鬱病への理解度って、まだまだこんなもんなんですね・・・

まぁ~私自身も、実際に自分が病気になるまで、
鬱病に対する知識なんてゼロに近かったので、偉そうなこと言えませんがw

一番大きいのは、「やらない」と「できない」の違いですかね。

私はこの病気になって初めて、
「体が動かない」ということを経験しました。

普通は、多少面倒くさかろうと疲れていようと、
仕方ないからもうひと踏ん張りするかぁ~!とか、
あぁ~面倒くさいけど適当に片付けちまうか~とか、
ちょっとした気合でたいていの物事はどうにかなるものです。
私も長年そうやって暮らしてきました。

それがいきなり、ご飯が作れない、外に出られない、
布団から起き上がれないになっちゃうんですもんね。
理解できなくて当たり前だと思います。

私は今、長いこと体調不良が続いているので、
子供たちが出かけている時間は横になっていることが多いです。
ほとんど何もすることができず、
子供たちが帰ってくるまでずっと横になっていることもあります。

健康な人から見たら、ただの怠け者以外の何者でもないですよね。
1日2日ぐらいならともかく、それが何か月、何年と続くわけだし、
いい加減、文句も言いたくなるし、見捨てたくもなると思います。

ただ、文句を言われようが見捨てられようが、
この体をどうすることもできません。

どうにかこうにか必死に気合を入れ、半ば強引に体を動かしたところで、
今度は過呼吸起こしたり、めまいに襲われたり、
泣いたりわめいたり暴れたり・・・・
自分を傷付け・・・他人を傷つけ・・・・

自分が情けなくて、クズでダメで生きてる価値がない人間だということは、
自分自身が一番よくわかっている。
だからこそ死にたくもなる・・・。

テレビで『Dr.倫太郎』始まりましたね。
堺雅人さんが精神科医役をやっているドラマです。

今まで精神科医が登場するドラマをいくつか観たことがありますが、
他の医療ドラマと違って、治るとこまでいかないんですよね。

外科系のドラマだと、たとえどんな難しい症例でも、
天才外科医の知識と腕でどうにか手術を成功させるんですけどね。

簡単な手術で鬱病が治せる時代は来ないんですかね?
もしそんな時代が来て、鬱病が簡単に治せるようになったら、
今寝転がってる人たちも皆喜んで仕事に行くでしょうね。

一生懸命働き、一生懸命家事をやり、一生懸命子育てし、
力の限り、動き続けることでしょう。
だって皆、怠け者じゃないんだもん。
怠けたくてゴロゴロしてるわけじゃないんだもん。

寝転がってる時の心の叫びは誰も聞いてくれない。
寝転がっていることしかできないほどの苦しみを誰も理解してくれない。

ドラマの中で何度も「頑張らないで」というような言葉が出てきました。
うつ病患者への言葉として、それだけは定番化しているのかな?

最初はそれでいい。
頑張り過ぎた結果こうなっちゃってるんだから、
頑張るなという言葉は確かにありがたい。

ただ・・・私なんて気が付けばもう10年・・・
神様がくれた休日?
ゆっくり体と心を休めて?

どんだけ?あとどんだけ休めばいいの?
もう十分休んだでしょ?
私は・・・私は・・・普通に動けるようになりたいんだよ!!
もういい加減にしてくれ!!

そんな鬱病患者の気持ちは、健康な人には理解されないんだろうな・・・。
ほんと孤独です・・・。

ずいぶん話がそれちゃいましたが、
このお悩み相談に何か書き込みするとしたら、

「健康な人とお付き合いしてください」

ただそれだけです(-_-)
【2015/04/07】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<1年生になりました♪ | ホーム | タイトルなし>>
コメント
ガアラさん
その後体調いかがですか?
ご無理されていませんか?

私自身、鬱になって「できない」ことがあまりに多く
そのことにまた凹んで…
一時期は友達に会いたくても、当日のドタキャンが怖くて。
急に「できない」が強く襲って来たり…
本当に苦しいですよね。

昨日会社をずる休みしてしまいました。
自分を守るのに、この方法しかなくて。
でも、仕方ない、と言い聞かせています。

私は鬱のさなか、今の旦那さんと結婚しました。
よく決断してくれたと思います。
今も感謝しています。
ゆっくりでもいいから、彼に恩返し出来たらなと思ってます。
【2015/04/17 12:48】 URL | よちこ #EZz8G1GQ[ 編集] | page top↑
よちこさんへ
コメントありがとうございます。

私もドタキャン怖いので、
人付き合いは、一定の距離を保つようにしています。
たまにあいさつ程度ならなんとかなっても、
会う回数や、メールのやりとりなどが頻繁になると、
やはり今の私では対応できません。

悪気はない、これはあくまでも病気のせいなんだと
どれだけ訴えたところで、
やられた側は傷つきますよね。。。

私の旦那も鬱と了解したうえで結婚してくれました。
とはいえ、病気についての理解度はいまいちw
だから、どんな症状が出て、
どんなふうにツライのかというのはわかってないと思います。

ただ、話しかけて返事がなくても、
メールに返信が来なくても、
何日も寝てばかりいるような状態が続いていても、
何ひとつ文句は言ってきません。

それは十分、「受け入れてくれている」と
言っていいことかなぁ~と思います^^

だからこそ甘えっぱなしにならず、
少しでも動ける時にはできることを精一杯やる。
普通の人に比べたら半分もできませんけどね(笑)

それを「頑張ってる」と捉えるか、
普通の人と比べて「頑張りが足りない」と捉えるかで、
かなり関係性が変わってきますよね。

よちこさんもあまり無理をなさらずに・・・。
私も焦らないように自分に言い聞かせねば(><;)
【2015/04/19 15:40】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/464-3a2013f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。