スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
実際に子供を産むまでわからなかったことってたくさんあります。
お世話の仕方や手続き関係などはもちろんのこと、
世の中には自分の知らないことがまだこんなにあったのかと思うほど・・・。

たとえば病院ひとつとっても、
それまでは具合が悪けりゃとりあえず病院に行けばいいと思っていたけど、
診察がいい加減だったり態度が悪かったりする医者の多いこと多いこと・・・。

具合が悪いんだからどんなに頑張ったって子供はくずるし、
病院自体が怖くて号泣してしまうこともあるはずなのに、
イライラ全開で、きちんとしつけしろよ的な態度の医者。

兄弟なんだからどうせ一緒の風邪でしょ?と決めつけての処方だったり、
毎回同じ薬のみの処方で、治らなかったら総合病院行ってね的な
無責任な診察する医者。。。

自分のことならともかく、
自分でうまく症状を伝えることのできない子供のことなので、
少しでも安心して任せられる病院がよくて必死になって探しました。

今は2週間に1回耳鼻科で子供たちのアレルギー性鼻炎診てもらっています。
ここの先生はモゴモゴしてて何言ってるのかわからないことも多いんですが、
毎回、耳、鼻、喉、お腹を診察してくれ、定期的に耳掃除もしてくれます。

兄弟とはいっても、長女はダニ・ホコリのアレルギー
ゴルゴ次男は、副鼻腔炎
えなり三男は、スギとひのきの花粉症で、
その都度、微妙に症状が違います。

以前通っていた耳鼻科の先生は毎回同じ薬しか出さず、
悪化した時は「小児科行ってね」と言う先生でした。
おかげで私は耳鼻科と小児科の往復で死にそうになったんですが・・・( ̄- ̄;)

今の耳鼻科の先生は、1人1人の症状をきちんと診てくれて、
その状態によって薬を軽いものに変えたりしてくれたり、
しばらく薬を無しにして様子見という期間もあります。

また熱が出てる時も「小児科行ってね」ではなく、きちんと診察してくれるので、
ほとんどのことがここで済んでしまいます。

子供たちは先生や看護師さんのことが好きなので、
ついついおしゃべりしたりふざけたりしてしまうのですが、
「あ~、ゴルちゃん言うこときかないなら、ぶっとい注射したろかな?」とか、
先生も笑顔で返してくれます。

そして、ここ半年くらいかな・・・?
それまでは3人とも普通に毎回お腹を全開にして診察していたのですが、
長女の時だけ、服で前面を隠したり、お腹の診察をしないことも・・・。

長女ももうすぐ3年生。
少しずつ女らしくなっていく体と心を気遣ってのことのようです。
なんかそういう何気ない優しさって嬉しいですね^^

また、今通っている小児科は女医さんです。
なんだかぽわ~んとした感じの先生で、
先生自身も小さなお子さんを育児中のようです。

以前、予約した時間になっても先生が来ないのでどうしたのかな?と思ったら、
「遅くなってすみません。保育園に持っていく物忘れちゃって~」と
恥ずかしそうに入ってきたことがありました。

働きながら育児をしてくのってほんと大変ですよね。
ここの病院は、基本的には内科の男性医師が診察。
小児科の女医さんに診察してもらいたい場合は、
予約してからの受診となっています。

なるほど、そういうふうにすれば仕事と育児を両立できるんだね!
と、ちょっと感心!!

偶然にも、今通っている皮膚科もそんな感じ。
男性医師はフルで勤務。
女性医師は、週に数回午前中のみとか・・・。

自身の子供のことを考えたこの勤務体制はとても好感が持てます。
だっていくら診察の腕が優秀だからって、
自分の子供はほったらかしで他人の子ばかり診察してるのって違和感あるし、
自分の子を大事にしてる人だからこそ安心して任せられる気がします。

どちらの女医さんも、子供に理解があり、
診察内容以外のことでも親切に教えてくれます。

今の耳鼻科に落ち着くまで、
鼻水が止まらない、咳が止まらない、熱が下がらない、
そのたんびに不安になり、看病で疲れ果て、
受診しては嫌な思いをしでほんとに疲れ果てていました。

病院なんてどこも一緒なのかな?
これに自分が慣れるしかないのかな?・・・と。

でもあきらめずに探して良かったなと改めて思います。

子供の具合が悪いと、自分もその不安や看病疲れから体調不良になりがち。
そんな体調不良の状態で先生に嫌な態度をとられたり言われたり、
それではやっぱり悪循環に陥っちゃいますよね。

鬱で育児をしている人にとって、
気軽に安心して子供を連れて行ける病院があるというのは、
やっぱり大事だなと思います。

今は、発熱、鼻水、咳などは、基本的に耳鼻科受診。
発疹や下痢などを伴う場合や予防接種は小児科。
皮膚のみの異常の場合は皮膚科と使いわけています。

あ・・・いろいろ書こうと思っていたけど、結局病院のことしか書けなかった
また次回、続きを書きますw
【2015/03/18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | 悩み多き長女>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/461-de164aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。