スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
先日、キャベツを切っている時にうっかり指先を切ってしまいました。

よい機会なので子供たちに見せて回ると、
えなりは「何それ!大変じゃん!」と言いつつも、
チラッと見ただけですぐにパソコン画面に視線を戻しました。

長女は、出血が多かったせいか、
「うわぁ~~~っ!!」と悲鳴をあげて後ずさり。。。

最後にゴルゴに見せると、
すぐさまやっていたDSのゲームを放り投げて近くへ。
そして迷わずテッッシュを数枚取り、渡してくれました。

普段は人の言うことなどまったくきかないゴルゴですが、
こういう突発的なことが起きた時に、
一番臨機応変に対応できるのはたいていゴルゴです。

その後出血が落ち着くと、
怖がって遠くからながめていた長女も近付いてきました。

「お母さんでも手を切っちゃうことあるの?
包丁使うの怖い・・・うぇ~ん、痛そう~

・・・完全にビビッちゃってるようです・・・( ̄∀ ̄;)

その後、絆創膏を貼り終えて台所に戻ると、ゴルゴがやって来ました。

「切るやつ、まだいっぱい残ってるの?
あんまり痛かったら、たくさん切らなくていい料理にすればいいよ。
包丁は危ないからさ~、ちゃんと気を付けなきゃダメだよ~」

そんなことを言い残して去って行きました・・・(^m^*)

ゴルゴは、わがままだ自分勝手だと誤解されやすい性格で、
よく周りの人を怒らせてしまうことがあります。
でも本当はとっても優しい子なのです。

先日もこんなことを言っていました。

「兄ちゃんはさぁ~、なんで自分でお弁当箱洗わないの?
だってさぁ~、作るのだけでも大変なのに、
帰ってきたらいっつもポイッて置いてくだけでさぁ~、
お母さんが洗わないといけなくてさ~、大変じゃん・・・。」

ゴルゴはゴルゴなりに一生懸命私を気遣ってくれてるんですよね。

「大きくなったら皆も毎日お弁当になるんだよ~。
その時ゴルゴは洗ってくれる?」

そう質問すると、

「俺は洗うよ!( ̄^ ̄)b」←当たり前だろ的な雰囲気w

なんとも頼もしいです(笑)

1人だけを育てている時はわかりませんでしたが、
今改めて、無理に欠点を補う必要はないのだなと感じます。

欠点を補うというのは、子供の将来を思いやっての母心。
将来苦労しないように、困らないように・・・。

でも補ったり、修正したりするということは、欠点を言い続けるということでもあり、
言われ続けている方からすれば、それはとってもツライことですね。

自分のここがダメだということは本人が一番わかっていること。
できることなら直したい、良くしたい・・・でもできない・・・と、
当の本人が一番悩んでいたりすることなのかもしれません。

その自分のマイナスな部分を指摘され続ければ、
誰だってどんどんやる気が削がれ、自信を失っていく気がします。

ゴルゴは団体行動が苦手で、周りに合わせるということができません。
ドッチボールでも鬼ごっこでも、ルールを守って遊ぶことができません。
決まった通り、ルール通りではなく、自分の好きなようにやりたいんですよね。
そのため、周りにいる人を怒らせたり、困らせたり・・・。

でも・・・それでもいいのかなぁ~と思うんです。
もちろん、周りにいる人には迷惑をかけてしまうことになるし、
嫌われる原因にもなってしまいますよね。。。

でもそんなふうに我が道を行くゴルゴだからこそ、
他の子が思いつかないような形のものを作ったり、
他の子が思いつかないような色を塗ったりすることができるんだと思うんです。

そして、普段ダメだと注意されていることでも、
今はやるべき時だと思えば、親の許可など関係なく行動できるのだと思います。

たったひとつの欠点のために、その他の全部の才能を潰してしまうのは、
なんとももったいない。。。

それに、言うことがきけない、ルールが守れない、
それは欠点のように思えて、でも実はそればかりではない気もするのです。

欠点と長所は紙一重・・・。
言うことがきけない子だからこそできる何かがあるような気がするのです。

「ゴルゴなんて大嫌い!!」「ゴルゴほんとムカつく!!」

普段の遊びの中で、よくそんな言葉を耳にします。
でも、私は気にせずゴルゴに言います。

皆がゴルゴのこと嫌いでも、お母さんはゴルゴが好きだからそれでいいの。
ゴルゴはゴルゴのままでいいんだよ~^^

なんか、いっちょまえのお母さんみたいですね(笑)

・・・でもそれは本当は・・・

自分が一番言って欲しかった言葉かもしれません。。。
【2014/12/04】 | 双子の育児 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<無言 | ホーム | 洞窟>>
コメント
心温まる、素敵な記事ですね。

うちの長男も集団行動が苦手です。幼稚園でも周りの子よりワンテンポ遅れてしまい、先生によく注意されているみたいです。
来年小学生になりますが、親としては不安があります。
でも、本人には本人なりの良いところがありますものね。そこを誉めてあげて、自信をつけさせてあげたいです。

最近は自分の体調も悪く、家でものんびり家な長男を怒ってばかりだった気がします。

今回の記事を読ませていただき、改めて長男の良いところをもっと認めてあげなくちゃと思いました。

ありがとうございます。

【2014/12/08 12:16】 URL | みみ #-[ 編集] | page top↑
みみさんへ
周りと同じようにできないと親としては不安になりますよね。

うちの長男もどちらかというとのんびりやで、
朝寝坊しても急いで準備するわけでもなく、
のんきにご飯食べて普通に準備してたりしましたよ(^m^)

小学校の時は集団登校なので、
他の子を待たせてしまったり、置いて行かれたり
いろいろあるんですけど、全然気にしていないみたいで(笑)

当時は毎回ヒヤヒヤしてましたけど、
窮地に追い込まれてもどっしりと構えられる
器の大きな人間なのだろうと、
今では勝手に都合よく解釈しています(>∀<)

小さいうちは何をするにも時間がかかるので
イライラすることも多いですよね。
うちも休みの日に出かけようと思っても、
着替えるのに1時間、歯ブラシに30分、
さぁ~、準備できたから行こうと思ったらウンチとか、
もうむちゃくちゃですe-330

親はとにもかくにも根気がいりますね( ̄∀ ̄;)
【2014/12/09 15:03】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/455-d667a0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。