それぞれのペースで・・・
以前、1歳半健診と保育園面接という記事にも書いたが、
双子のゴルゴとえなりは、1歳半を過ぎてもまったく言葉をしゃべらず、
ご飯を食べる時はいつも手づかみ・・・そして、投げる、ひっくり返す・・・

こちらの言っていることも通じているのかいないのか、
ガスなど危険なものを「触ったらダメ!」と注意してもニヤニヤしてるだけ・・・。

長男の時も、長女の時も、
言葉が通じなくても何度か「ダメ」と言えば理解してくれたのに、
この2人に関しては、何もかもがうまくいかない・・・。

う~ん、どうしたものか・・・(ー'`ー;)

あれやこれやと対策を練ってみるものの、
ゴルゴ次男のいたずらにかける情熱は半端じゃなく、
ベビー用ゲートは様々な物を踏み台にして開けてしまうし、
扉をロックするものも、取り付けたその日に壊される有様・・・。

夕方、保育園の園庭で遊ばせている時にもよく悪さをしていて、
水道の蛇口をひねって水を出していたり、砂を撒き散らしていたり、
園庭から脱走しようとして、他のお母さんに確保されることもしばしば・・・。

はぁ・・・本当に疲れる・・・il||li ○| ̄|_ il||li

そんなある日、ゴルゴ次男がまたガスを触ろうとしていたので、
いつもと同じように「ダメ」と叱ったら、
初めてゴルゴがうえぇ・・・と泣きそうな顔になった。

おおっ!どうしたんだ!?Σ(゚Д゚ノ)ノ 

そしてその後も、叱られるたびに泣きそうな顔になる。
叱られるということをようやく理解したということなのか???

言葉を話しだしたのはえなり三男のほうが早かった。
えなりが「でんしゃ」や「ぶーぶー(車)」を言えるようになった頃、
ゴルゴはただひたすら「あー、あー」と叫ぶだけ。
廊下で叫ぶと音が響くのが面白いらしく、毎日叫び続けていた

・・・だが、えなり三男、「でんしゃ」と言ったきり、
そこからなかなか言葉が増えず、何を見ても「でんしゃ」「でんしゃ」

お母さんもお父さんも、のど渇いたも、いただきますも全部「でんしゃ」
「でんしゃ」という一言だけで見事に生活が成り立っていた(笑)

そしてえなりが「でんしゃ」生活にどっぷり浸かっているうちに、
気がつけばゴルゴもいつの間にか「でんしゃ」と言えるようになっていた。
そしてその後「しんかんせん」「バス」など、あっという間に言葉が増えた。

やる気がない時にはまったく関心を示さないが、
やる気になると仕事が早い(笑)

言葉を覚えたことで、サルから人間に進化したゴルゴ。
叱られること、やっていいこといけないことの区別がやっとつくようになった。

朝送っていく時にはちゃんと手をつなぎ、大きな声で先生に「おはようー
帰る時にも「もう帰るよ」と声をかければ、すんなり付いてくる。

それは触っちゃダメだよとか、危ないから入っちゃダメだよとか、
声をかければいちおうは聞いてくれるようになった。

(ノ_<。)はぁ・・・母さん感激。

厳しくしつけることも大事だけど、
子供を信じて待つことも大事なんだね。。。

今でもいたずらは大好きで、浴槽めがけておしっこを飛ばしていたり、
真っ裸で家の中を走り回っていたり、ロクなことはしていない。

でも長女やえなりが泣いていれば頭をなでてあげたり、
皆のぶんの歯ブラシを持っていってあげたり、
風邪をひいて咳をしている時などは「大丈夫?」と声をかけてくれたり、
優しい一面もたくさん見られるようになった。

ちょっとずつだけど確実に成長していってるんだよね・・・。

110314_1739~01110315_0937~01110315_0949~01

毎回玄関はゴミ捨て場と化し、キッチンの引き出しは破壊され、
壁にはどでかい落書き・・・安らぎや癒しとは程遠い我が家。

でも子供の笑顔はなんともあったかいです^^
【2011/05/01】 | 双子の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不愉快 | ホーム | うつ病主婦VS戦隊シリーズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/411-42c7e8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |