うつ病主婦と姉の関係
産婦人科での無排卵治療をやめて1年後、予想外に長男を妊娠した。
無理だと諦めていたものが授かったんだから嬉しいはずなのだが、
正直複雑だった。。。

産婦人科で治療していた頃、自分だけ妊娠できないことに焦りを感じ、
何がなんでも子供が欲しいような気持ちになっていたけど、
いざ妊娠してみると、自分はまだまだ母親になるには早すぎる。

なんの知識もない。心の準備もできていない。
自分が母親になる姿が想像できない。。。

どうしよう・・・どうしよう・・・。  

母親は「里帰り出産したらどうだ?」と言っていたが、
人生最大の状況の時に母親のもとには居たくなかった。

きっと毎日嫌味や愚痴を聞かされ、
立ち直れないぐらい凹んでしまうと思ったからだ。

お腹の子はどんどん大きくなり、とうとう出産の日を迎えた。
出産後、母親に連絡した。

長い間、子供ができないことを責められ続けたが、
もうこれで文句を言われることはなくなるだろうと思った。

ところが母親からの言葉は、

「1人っ子は可哀想だよ。」
「姉ちゃんのところはもう2人目が生まれてるよ。」
「あんたも早いとこ3人ぐらいは産まないとね。」

だった。。。

最後まで「よく頑張ったね」の一言を聞くことはできなかった。

母親はいつもどんな時でも姉の話を持ち出す。
だから、私はそれに精一杯応え続けてきた。

姉と同じ部活に入り部長になった。
絶対無理だと言われていた姉と同じ進学校を受験し合格した。

姉が短大に行ったから、私も短大に行った。
姉が結婚したから私も結婚した。
姉が子供を産んだから私も子供を産んだ。

それでも母親は、今度は姉が2人目を産んだからあんたも産みなさい、
子供を預けて仕事に出るようになったから、あんたも仕事ぐらいしなさい・・・って。

ねぇ・・・
私、どれだけ姉の真似をして生きればいいの?
私は私のままじゃダメなの・・・?

どれだけ頑張ったら私の存在を認めてくれるの?  

姉のコピーが欲しいだけなら、最初っから私なんて必要ないじゃん。。。


「初めての想い」へつづく
【2008/09/25】 | うつ病主婦になるまで | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<初めての想い | ホーム | 不調の始まり。。。>>
コメント
NoTitle
ガアラさん、こんにちは、前田です。
記事、読ませて頂きました。

大変な思いをされてきましたね。
そんな状況下のなか、よく頑張れましたね。

男の私は残念ながら、
出産を経験することができません。
なので、どうコメントしていいのか・・・

実は、私の妻も娘を出産したあと、
私の母に、ガアラさんと同じようなことを
言われました。
直接その場にいたわけではなかったので、
母に問いただしました。

それ以来、母との関係がギクシャクしました。

もう6年くらい前の話になりますが、
そのことは、まだ引きずっていますし、
妻も許すことができていません。

そのときの私は、若かったというのもあるのですが、
親の肩を持ちました。私の親なんだから・・・
という気持ちがあったのでしょう。

あのとき、妻の気持ちを分かってあげれば・・・
そう思うと、自分自身を責めてしまいます。

ただ、今は違うんですね。
心理学やカウンセラーの勉強をしたというのもあるんですが、
100%妻の味方でいられます。

私が家族を持ち、本当に大事にすべきものがわかったんですね。

現状、まだ親とのギクシャクは解消しておらず、
少し距離をおいています。近くに住んではいますが、
娘にもほとんど会わせていませんし、行っていません。

いざとなったら、私は親との縁を切る覚悟もできています。

ガアラさんの状況と、私の状況は少し違いますが、
ガアラさん、応援してますよ。
心の底から応援してますよ。

お母様に認めてもらえなくても、
ガアラさんは、ガアラさんです。
ガアラさんの人生を生きていいんですよ。

【2008/09/25 11:35】 URL | 前田 泰章 #-[ 編集] | page top↑
ありがとうございます
女は子供を産んで当たり前、育てて当たり前っていう考え方がまだ根深いんですよね。。。

前田さんんも、奥さんとお母さんの間に挟まれて大変な思いをしましたね。
知り合いや友達の話を聞いても、やっぱり母親の肩を持つ旦那が多いです。
自分を産み育てた親を敵にまわすのだから、
100%妻の味方っていうのはすごく勇気がいることですよね。
すごいと思います(^ー^)

私は長い間母親の望む人間を演じてきて、
すっかり自分というものを見失ってしまいました。

自分らしく生きるため・・・
本当の自分を見つけるためうつ病になったのかなぁと思います。
だって、それは母親には到底理解できない世界、
認めることのできない世界のことだから。。。
逃げ出したくても簡単には逃げられないしね^^

ゆっくりゆっくり自分らしさや自分らしい生き方を探していきますv-218
【2008/09/25 17:26】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
NoTitle
うつ病ママ なんなです。
コメント ありがとうございました。
涙が出ました。。。 私 うつ病になる前より
もっと もっと 元気になりたいです!!

一人っ子の私には お姉さんと比較されて苦しんできた
ガアラさんの苦しみは 理解しきれませんが・・・・
人と比較される辛さは 解ります。

私は 全く勉強が出来なかったので 「同じクラスの〇〇さんは、あの有名高校に合格したらしいよ!」
母から よく言われたものです。。。
それだけでも ムカムカして 傷ついていたのに・・・・
血のつながる 姉妹の間で・・・それは ないですよね・・・

私から見れば ガアラさんは そんな無茶な親の期待に
一生懸命応えられる 親孝行で 強い方。。。

私は 逆らうだけ逆らい 気づけば 母は 障害者・・・
馬鹿みたいです。。。今さらって事ばかり。。。

今の私は 本当の自分の顔を 性格を 全て 忘れてしまっているみたいです。
強く 前向きな ガアラさんのブログ 見せていただいて・・・
少しずつ 思い出せますように。。。
【2008/09/25 23:22】 URL | なんな #-[ 編集] | page top↑
なんなさんへ
私は全然親孝行なんかじゃないですよ・・・(^_^;)
そうしていないと自分の居場所がなかっただけです。

親や兄弟が死んでも、私は泣かないんだろうなと思います。
そういう自分の冷酷な部分を知るたびに悲しくなります。。。

本当はこのブログを始めた時、自分の過去のことは書くつもりはありませんでした。
でも、過去の自分や、自分がなんでこうなってしまったのかをわかってもらわないと、きっとどれだけ現在の様子を書いても理解してもらえないだろうなという気がしてきて・・・。

うつ病の人だから、たくさん傷ついてきた人だからこそできること、わかることってあると思うんです。

なんなさんも絶対大丈夫ですよe-287
私だって落ち込んでる時はひどいもんです。
焦らずいきましょうe-256
【2008/09/26 06:23】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/41-07826ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |