祝福の席にて
去年の暮れ頃に親戚から結婚式のお誘いがあったのだが、
結婚式自体面倒くさいし、小さい子が3人もいると周りにも迷惑になるし、
最初は断ろうと思っていた。

でも、長男にきいてみると「行ってみたい」との返事が返ってきた。
「結婚式ってどんな感じなのか見てみたい」・・・と。

以前にも長男は結婚式に連れて行ったことがあるのだが、
小さい頃だったので本人は覚えていないらしい。

いろんなことに興味がある年頃。
経験できることはたくさん経験させてあげたほうがいいか・・・と、ちょっと検討。

双子や長女たちに関しても、親戚が「少々騒いでも気にしなくていいし、
皆で手伝うからぜひ参加して」と言ってくれたので行くことに決定した。

式場は綺麗に着飾った人々や、お祝いムードでなんともいえない雰囲気。
「結婚」って本来こんなにめでたい感じのものなんだなぁ~としみじみ。

最後に花嫁が両親への手紙を読んだ。

お父さんにビンタされたこと、
何度も家出をしようとしたこと、
両親のことが嫌いじゃないのに、反抗してばかりだったこと・・・。

そんな大変なことがあったなんて私は全然知らなくて、正直ビックリした。
どこの家庭にも様々な問題があるんだよね・・・。

赤ちゃんを産むとか、子供を授かるとかって、
なんだか幸せの絶頂みたいな穏やかで優しいイメージがあるかもしれないけど、
実際の子育ては本当に親と子の壮絶な戦いだったりする。

親の気持ちなんて子供は全然理解してくれなくて、
子供の気持ちだって、親は全然理解してくれなくて、
戦って戦って、泣いて怒って・・・。

家族って何なんだろうなぁ・・・。

久しぶりに親戚たちに囲まれて、長男は嬉しそうだった。
本人には記憶がなくても、親戚の人たちは長男のことを覚えていて、
「大きくなったなぁ~」とか、「痩せたな~」とか声をかけてくれる。

姉の娘も、長男に「昔、一緒に遊んだことあるんだよ。覚えてる?」
と声をかけてくれたり・・・。

血のつながりとか、親族だとか、以前は大っ嫌いだった。
うつ病やパニック障害になってから、もっと嫌いになった。

でも、久しぶりに親戚たちに会ったらなんともいえない気持ちになった。

以前、「他者とのつながり」という記事を書いたことがある。

自分の家族や親戚たちとのつながり・・・
それがいったい何なのか、答えは未だにわからない。

太くつながるわけではなく、かといって途絶えるわけでもなく・・・。
嫌な過去を思い出したり、ほっとする瞬間があったり・・・。

私は相変わらずの離人感で、誰とも同じ世界を共有できずにいる。
こんなににぎやかで笑顔に満ち溢れた場所にいても、
やっぱり私は1人だ。

たくさん会話をして、たくさん笑って、たくさん食べても、
やっぱり私はそこには存在していなくて、
生きている実感もなく、まるでテレビの画面を見ているようにしか感じられない。

久しぶりに、病気であることを苦しいと思った。
でも、皆と同じ世界を生きられそうな感じもしなかった。

私はこれから先どうなっていくのだろう・・・。
私の未来はどこへと続いているのだろう・・・。

ただぼんやりと、そんなことを考えた日だった。。。
【2011/04/19】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<うつ病主婦VS戦隊シリーズ | ホーム | 母との再会>>
コメント
私も
ガアラさん、こんにちは。

私も同じです。私はお葬式の時そうでした。
不謹慎と思いながらも、どうしようもなく、感情がなくて、自分がここにいるのが、不思議でした。
【2011/04/19 10:41】 URL | みっく #-[ 編集] | page top↑
みっくさんへ
コメントありがとうございます。

私は自分の父親の葬式の時、
周りの人が泣いているのがとても不思議でした。
その時私は高校1年生でしたが、
「こんな人が死んだって何も悲しくないのに・・・」って。
心の中では「清々した」って笑っていたんです。

家族の温かさや、家庭の有難みがいまいちわからないせいか、
結婚に対する憧れもなく、結婚式の価値もわかりません。
でも、未来にたくさんの希望を抱いている人たちは、
なんだかとても幸せそうでキラキラしていて、
ちょっぴりうらやましくなりました。

自分自身はそんなふうになれるわけではなく、
冷え切った心と体で、ただ眺めているだけしかできないんですけどね。。。
【2011/04/21 11:53】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/409-193fc4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |