神の存在
「うつ病と離婚」のカテゴリーを読んでもらえばわかるが、
私と元夫との結婚生活はボロボロだった。

嫁姑関係の悪化に、元夫の兄の多額の借金。
毎月の返済額は約30万・・・。
これから先どうやって生きていけばいいのだろう・・・。

人生のどん底だと思った・・・。
笑えるぐらい不幸だった。

もうこれから先、外食をすることもできなくなるだろう。
最後にもう一度だけ、腹いっぱいおいしいものを食べようと、
家族で外食に出かけた。

そして、その最後の外食をした店で財布を失くした・・・。

驚いた・・・・。
そして絶望し・・・恐怖した・・・。

もうこれ以上の不幸はない、今がどん底だと思っていたのに、
まださらにその下があったなんて・・・。

そしてそこから先も、元夫の浮気、交通事故、うつ病発症と、
私はひたすら下へ下へとどんどん墜ちていった。
どん底どころか、不幸は底なし沼だった。

私は神から見放されているのだなと思った。
いや・・・そもそも神様なんて存在しないのかもな・・・と。

神にも仏にもすがることすらあきらめ、
私はひたすら不幸の蜜を吸い続けるしかなかった。

そんな私に転機が訪れたのは離婚を決意してからだと思う。

こんなふうに書くと、離婚をすればうつが治ると誤解されてしまいそうだが、
決してそうじゃない。

離婚するにしてもしないにしても、
大事なのは自分の気持ちや目的がどこにあるかだと思う。

私がそれまで離婚に踏み切れなかった理由は、
経済的な部分と父親という肩書き。

でももうそんなものはいらない。
私が1人で全部背負っていこう・・・そう決めた。

生活のためにせっせと働き、
休みの日には高速に乗って遠くまで長男を遊びに連れて行った。
運転が苦手な私にとってはかなりの挑戦だった。

でも、私は決めたのだ。
父親のいない寂しさを感じさせないように、
父親がやるべきことも全部私がやろうと・・・。

誰かにすがるんじゃない・・・
誰かに期待するんじゃない・・・
自分の力で前に進むんだ。
自分の力でここから這い上がるんだ。

誰かのせいにするんじゃない・・・
誰かを責めるんじゃない・・・
すべての責任は自分が背負っていくのだ・・・と。

不思議なもので、そこからはひどい不幸は訪れなくなった。

今の旦那と再婚したことが正解だったか不正解だったのか、
それだけはいまいち謎なところだが、
死なない程度に飯が食え、離婚しない程度に生活している(笑)

ちなみに、私はこれまで3回交通事故に遭っている。
これははたして、運がいいのだろうか悪いのだろうか?

たった1回の交通事故で命を落とす人もいる。
それを思えば、3回も事故に遭いながら、
ピンピンしている私は運がいいのだろう。

うつ病やパニック障害で地獄のような苦しみを味わったが、
現在はある程度安定した生活を送れている。

薬がやめられなくて苦しんでいる人も多い中、私は偶然にも薬をやめられ、
1日中寝込んでいる人も多い中、
私は朝から晩まで動きまわり、テレビを見てゲラゲラ笑っている。

普通の人と同じようには生きられない。
健康な人と同じようには生活できない。
だけど少なくとも今は底なし沼の中には沈んでいない。

数日前に携帯電話を失くした。
いろんな所を探し回ったが見つからなかった。

見つかりもしないが、悪用もされていない。

可もなく不可もなく。
まぁ、それが今の私の運の流れなのだろう。

今でも神や仏にすがりはしない。
上に上がりたいと思った時には自分で努力する。

そして、誰に対してというわけではなく、
子供たちが生きていてくれること、
毎日ご飯が食べられていることに感謝している。

ただ、このままいくと、
悟りを開いてしまって極楽浄土へ召されそうなので、
適度なずるさや腹黒さは大切にしている^^

神様や仏様がこの世に存在するのかどうかは、死んでから確認すればいい。
私はまだまだこの汚い人間界で、人間くさく生きていきたい。
【2011/03/09】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<死を望む病 | ホーム | 双子の発達バトル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/403-bd42baac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |