伸びゆく芽
何ヶ月か前に、長男がいきなり、
「リンゴの皮のむき方教えて。」と言ってきた。

学校の家庭科の授業で、リンゴうさぎを作るらしく、
学校でやる前に家で練習したいのだとか・・・。

ちょうどリンゴがあったので、包丁の持ち方や切り方など教えてみたのだが、
今までやったこともないうえに、もともと不器用な長男。
「難しい?!」と雄叫びをあげなら一生懸命むいていた。

その後、今度は本格的に自分で料理を作るという課題が出た。
メニューは何でもいいのだが、カレーやシチューじゃありきたりだし、
せっかくだからと鮭のムニエルを作らせてみることにした。

表面の水分をふき取ったり、塩コショウをかけてみたり・・・。
簡単なことでも長男にとっては何もかもが初体験。
「難しい?。」「へぇ?、そうなの?。」を連発。

昔の私は、できないことがあるとすぐにできるように教え込もうとしていた。
できないことを1つでも多く克服することが長男のためだと思っていた。

簡単にはできるようにならないこと、経験を積まないと無理なことを、
できるようになるまで執拗に教え込もうとするあまり、
長男のやる気を削いでしまい、「努力してもダメなんだ」と落ち込ませていた。

でも今はただ、「そのうちできるようになるよ」と言うだけ。
失敗しても、「なんとかなるんじゃない?」と笑い飛ばす。

時々「大丈夫かなぁ?。」なんて不安になったりしながらも、
出来上がった料理を食べてみたらなかなかの美味!

「うわっ!、すげぇっ!うめぇーー!(〃゚Д゚〃)」

自分で作り上げた喜びとその出来栄えに、長男大感激!
「料理って楽しいね また時間があったら他のも作ろうかな^^」

以前から少し料理に興味があった長男。
目玉焼きや玉子焼きぐらいは自分で作ったりしていたのだが、
これでますます料理への関心が高まり、自信にもつながったようだった。

その後、学校で就職について学ぶような授業があり、
将来就きたい職業の欄に「料理関係」としっかり書かれていた。

今まで私や旦那には何度も話していたが、
友達にも先生にも言ったことがない、長男の将来の夢。

その夢に向かって一歩歩き出したようだ。

「共感すること」、「気持ち持ちを代弁すること」、
そのことが子供にとって大切なのだということは知っていた。
でも、「それだけじゃできるようにならないじゃん!」と、
昔の私はそのことにどこか反発を覚えていた。

でも結局、これまで私が教え込もうと頑張ってきたことは何も身につかず、
できてもできなくてもいいやと放っておいたことはしっかり伸びている。

自分では、子供を伸ばすつもりでやっていたことが、
実は子供を潰す育児をしていたのですね・・・。
見事、私の完敗です・・・(笑)

今、長女や双子たちは毎日できないことと戦っている。
着替えだったり、鉄棒だったり、字を書くことだったり・・・。

でももう私は昔のように教え込んだりはしていない。
「難しいね。」「できなくて悔しかったね。」、
「そのうちできるようになるよ。」「大丈夫だよ。」
そんなふうに言葉をかけている。

求められている以上の手助けもしない。
見守るのが私の役目。

子供たちはのびのびと伸び続けている。
そしてできることが増えるたびに最高の笑顔を見せてくれている。


・・・つづく
【2011/02/23】 | うつ病主婦的子育て論 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<内と外のバランス | ホーム | 受け止めることの大切さ>>
コメント
トイレ大洪水(・・;)
トイレ大洪水は、確かに大激怒になっちゃいますね(;o;)
普通なら一生に一度あるかないか…子供は加減がわからないですからね(^_^;)

長男くんの夢が見つかって、本当に良かったですね!!
ガアラさんが温かく見守っているので安心して夢を追いかけられるんですね。
これが「今までしたことないじゃないか、無理だよ」なーんて言ったら台無しですもんね。大抵の親は言ってしまいそうですが…。
求められたときに手助けをする、ということ、私も胆に命じよう(^人^)
ついつい先回りして手伝ってしまうので(-_-;)
【2011/02/24 09:13】 URL | うり #-[ 編集] | page top↑
うりさんへ
料理といっても、「どうやったら目玉焼きに白い膜ができるの?」って聞いてきたり、
フライパンを動かした後もガスを消し忘れていたりと、
ほんとにまだまだ超初級の段階ですe-330
でもそうやって興味を持ったことを上手に支えてあげることが大事なんでしょうね。

私は何かを教えようと思うと、ついつい
「そういうふうじゃなくて・・・」「違うっていってるじゃん!」
とだんだんイライラが募ってきて、
最後には「できないなら最初っからやるな!」とかキレてしまいますe-263
だから、せっかく教え込んでできるようになったことも、
子供にとっては全部つまんないことになってしまったり、
嫌な思い出になってしまってたのかなぁ~と思います。

子供たちが失敗をする姿を見ても、
純粋に可愛いなぁ~と思えるようになったらずいぶんラクになりました^^
【2011/02/24 14:59】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/399-99954cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |