愛情不足
子供っていつになったら自立すると思いますか?

子育てをしていると、いろんなことがわずらわしくなってしまって、
「早く大きくなってくれないかなぁ」と思うことも多いと思いますが、
結局そう思えば思うほどいろんなことがうまくいかなくなってしまいます。

我が家の長男はもうすぐ中学2年生になります。
でも、まだまだ甘えん坊が抜け切れません。
まだまだ親に甘えたりないというのか、
まだ親からの愛情に満たされていないのです。

保育園から小学校にかけては、よく仮病を使っていました。
そうすれば母親が自分の時間を割いて病院に連れて行ってくれたり、
看病をしてくれることを知っていたからだと思います。

私もそのことに気づいていました。
だから、どこも悪くないことをわかっていて病院に連れて行っていました。
そうやって長男は親の愛情を確認しているのだろう・・・と。

長男がそんなふうに何度も私の愛情を確認するのは、
きっと小さい頃に私が長男のことを否定するような発言を繰り返したり、
甘えたがっているのを突き放したりしたせいだと思います。

あの頃の私には子供の育て方がわかりませんでした。
だから、「しっかりしろ」だの「甘えるな」だのとよく言っていました。

でも、どんなに「しっかりしろ」と言ったところで、子供はしっかりしません。
それどころかますますだらしなくなったり、甘えた行動をとったり・・・。

長男は未だに爪を噛みます。
保育園の年中から始まったので、もうかれこれ8年ぐらい・・・。
厳しく注意をしたり、根気よく説明したりもしましたがやめてくれませんでした。

私はいつまでたっても頼りなくて、気が弱くて、甘えん坊の長男が嫌で嫌で、
本屋に行っては、どうにかこの性格を矯正できないだろうかと、
いろんな本を読み漁ったりもしました。
一緒にいることがとても苦しくなってしまっていました。

どうしてこんな性格になってしまったんだろう・・・。
きっと元夫や姑の接し方が悪かったんだ・・・。
いやそもそもそういう遺伝子を受け継いでしまっているのだ・・・。

考えても考えても悪いことしか思い浮かばず、完全に行き詰まり・・・。

それを解決する糸口を見つけたのは、長男が小学4年生の時でした。
新しく担任になった先生がとにかくよく褒めてくれる先生だったのです。

それまで褒められるどころか、「いじめられているのでは?」だったり、
「精神的に問題があるのでは?」というようなことばかり言われてきた長男。
それがこの先生に代わったとたん、「スゴイ!」って言われるようになったのです。
「長男君は勉強もできるし、優しいし、忘れ物もしないし・・・」と。

最初は半信半疑でした。
あまり悪いことは言わないタイプの先生なのだろう。
きっと心の中はこれまでの先生たちと一緒に違いない・・・と。

でも、担任の先生がこの先生になってから、長男は徐々に変わっていきました。
少しずつ自分に自信を取り戻し、以前よりハキハキするようになったのです。

そして5年生、6年生の時にも同じようによく褒めてくれる先生にあたり、
さらに活発にいきいきとするようになりました。

厳しく叱りつける育児しか知らなかった私は、この時深く反省しました。

私の育児は間違っていた・・・。


・・・つづく
【2011/02/14】 | うつ病主婦的子育て論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あるがまま | ホーム | 思春期だねぇ?( ̄∀ ̄)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/394-88f59608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |