スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
うつ病主婦の父親
高1の時に父親が病気で死んだ。
でも悲しくはなく、むしろ嬉しかった。

父親は典型的な亭主関白で、私から見ると
母親はただの奴隷のようだった。

朝から晩までなんでも「はい」「はい」と言うことをきき、
ひたすら身の回りの世話に明け暮れる。

バカらしい。
こんな男とはさっさと別れて、
もっといい人と再婚すればいいのにとずっと思っていた。

でも、父親が死んだ後、母親は長い間泣き続けた。
そして、家計を支えるために仕事に行きだしてからは、
毎日毎日怒鳴り散らすようになった。

母親と弟のケンカする声が聞こえる度に耳をふさいで、じっと耐えた。
頭が爆発しそうだった。

休日には遊びに連れて行ってくれるお父さんが良かったな。。。
楽しいおしゃべりどころか、普通の会話さえなかったな。。。

私・・・居る場所がない・・・。

母親からの攻撃を避けるため、家では自然と
「手のかからない、明るくていい子」を演じるようになった。
それが1番ラクだった。

そして学校では執拗に担任の教師にくってかかっていた。
どこまでも追い詰めないと気がすまない自分がいた。

無意識にそうやってバランスをとっていたのかもしれない。。。


「不調の始まり。。。」へつづく
【2008/09/24】 | うつ病主婦になるまで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不調の始まり。。。 | ホーム | うつ病主婦の高校時代>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/39-49e53c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。