思考修正
園長がクソだから何だっていうんだろう?
今まで長女や双子たちの面倒を見てくれた先生たちも
本当にクソなんだろうか?

ゴルゴが転んで頭を打った時、きちんと報告してくれた先生。
「冷やそうと思っていろいろ試したんですが、
大泣きして嫌がってたので冷やせなくて・・・すみません。」と謝ってくれた。

ゴルゴは暴れて抵抗するので、家でもあまりきちんと冷やせたことはない。
「冷やせなかった」ということは、間違いなく冷やす努力をした証明だ。

えなりが食欲がなかったこと・・・長女が下痢をしていたこと・・・。
先生たちはその都度きちんと報告してくれていた。

今年は新入園児がかなり多く、
入園したばかりの頃はかなりバタついていた。

次から次へと胃腸かぜが広がり、水疱瘡も広がり・・・。
親と離れて泣きじゃくる子、ケンカしている子・・・。

園児が増えれば、新しい保育士も当然増えるわけで、
自分がいきなりなんでもかんでも出来ないのと同じように、
こんなどうにもならないほどバタついている中で、
保育士たちもいきなり何もかも完璧にはできないよね・・・。

ちょっとしたミスぐらい目をつぶったり、
笑い飛ばせる余裕が自分になかった。

先生たちの対応が悪いと感じたのは、被害妄想に駆られた自分のせい。
やらなきゃいけないことがきちんとできなかったり、
毎日報告を受ける時に上手に返事ができなかったり、
病気のせいで当たり前のことができない自分にストレスを感じていた。

本当は誰も自分を責めているわけじゃないのに、
責められたり、評価が下がることを恐れて、
相手を責めたり批判したりするほうにどんどん気持ちが流れていってしまった。

先生たちにもっともっとと努力を求める前に、
自分自身ももっと努力をする必要があったんじゃないだろうか・・・?

そう・・・いってみれば、
責任のなすりつけあいではなく「協力」。

私には協力するという気持ちが足りなかった・・・。

喜んで保育園に行きたがる長女。
どんどん新しいことを吸収してくるゴルゴ。
保育園の荷物を嬉しそうに見ているえなり。

今通っている保育園が楽しい所だということはこの子たちが証明している。

簡単に保育園を変えるとかなんとかいう決断を下す前に、
自分がもっとこの現実に向き合い、努力をする必要があるのかもしれない。


※この記事は数ヶ月前の出来事を記録として残しているものです。
現在はある程度落ち着いていますのでご安心ください^^
【2010/05/15】 | うつ病奮闘記⑦ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<受け入れるということ | ホーム | 解決への糸口>>
コメント
伝える…という事
私は、ACやボーダーの事を調べ深く掘り下げて知るまで、自分が感じた感情を相手に伝える手段を学べなかったらしく、「伝えて良い」ということすら知りませんでした。何でもひたすら我慢してたえるか、その場で爆発し暴言を吐くか。
生き難さをさほど感じずに生きている人達は、うまくその場で感じた感情や感想を結構自然に言えてるんだな…と思うことがよくあります。無意識に言えてなかった私は、そんな当り前の言葉に逆に傷ついたり、なんでそんな事言えちゃうの?と疑問に思ったりしてました。

先日、私にとって非常に無神経に見える苦手な人と接する事があり、とても嫌な気持ちに包まれ、二度と会いたくないと思っていたのですが、また会わなければならなくなりました。我慢して会話をしなければならないと思いましたが、「自分の苦手」を伝えてもいいのかもしれないと思い直し、今心の準備中です。

こうやって、一つづつ考えながら思い直しながら知らなかった事を知っていくしかないのかもしれない…と思いました。
【2010/05/15 15:59】 URL | らすこ #-[ 編集] | page top↑
らすこさんへ
そうですね。
普通の人が当たり前に出来ていることが出来ていなかったり、
普通の人が笑って聞き流せるような言葉に敏感に反応してしまったり・・・。

もともとの自分は楽天家だと思っていたので、
体調さえ良くなればなんとかなると甘く考えていましたが、
やっぱりひとつずつ根気よく、
自分の思考のくせを直していく必要があるのだなぁと実感しています。

苦手なタイプの人と会ったりするのはツライですよね。
私も子供たちが保育園に通い始めたことで毎日いろんな人に会うので、
「苦手な人」をどうやって克服したらいいのかを考えています。

なんで苦手なのか、どういうところが苦手なのか、
どうしてそういうふうに自分が感じてしまうのか・・・。

簡単にはいかないでしょうが、
壁にぶつかるたびに乗り越えていけたらいいなと思います^^
【2010/05/17 13:43】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/357-ec5265b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |