うつ病で妊娠 ?
2006年7月。車で信号待ちをしている時、いきなり後ろから追突された。
そして、そのはずみで前の車に追突。

見事にサンドイッチ状態になってしまった私・・・

その2年前にもコンビニで買い物中に車が突っ込んできて接触しているので、
フラッシュバックからなのか、事故の衝撃なのかその場に倒れこむ・・・。

救急車で運ばれ、病院でレントゲンやらなんやら検査を受けたのだが、
その時やたらと何度も聞かれた質問・・・。

「妊娠してる可能性はありませんか?」

あるわけねぇじゃん・・・。
私は無排卵の女。
自分が妊娠できないということは嫌というほど思い知ってる。

だから当然のように「ありません」と答えたのだが、
家に帰ってからもやたらとその言葉が頭に残って落ち着かない。

今まで何度も検査しては絶望的な気分を味わった妊娠検査薬。
まぁ・・・レントゲンとか撮ってるし・・・安全確認?のためだと試してみると、

うげ??っ、陽性!!!Σ( ̄□ ̄;)

なんでだ? どういうことだ? 有り得ねぇ・・・。
いや、ちょっと待て・・・薬・・・

抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬・・・それに事故後にもらった鎮痛剤。
レントゲン・・・。

やべぇ?よ、マズイよーーー!!!

慌てて産婦人科に駆け込む

産婦人科の診察でも見事に妊娠が確認され、
おばあさん先生が私の薬のことを全部調べてくれた。

結論は「産みたいなら薬をやめなさい。」

「今はまだ妊娠初期だから、レントゲンも今まで飲んでた薬も心配しなくていい。
でも、今日からもう飲まないでくださいね。」

「はい・・・。」

「大丈夫、頑張って(^ー^)」

先生の言葉がとても温かかった。。。


「うつ病で妊娠 ?」へつづく
【2008/08/27】 | 長女の妊娠・出産 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<うつ病で妊娠 ? | ホーム | うつ病とテレビ ?>>
コメント
こんにちわ。ブログってたくさん読む所があるんですね。まだ全部読めてないんですけど・・・。
私はうつ病歴3年です。産後からなりました。
子供はもうす5才です。最近になって2人目がほしいのですが、かなり薬を飲んでるので心配です。
良かったらアドバイスいただけませんか?
【2010/12/21 22:52】 URL | うつママ #Z5GHyyj6[ 編集] | page top↑
うつママさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が遅れてしまってすみませんe-330

産後からうつになったということですが、
現在は楽しく育児ができていますか?
5歳だと、だんだんききわけも良くなってきて、
だいぶ手がかからなくなってくる頃ですよね^^

ただ、2人目が生まれてしまうと、
やきもちや寂しさからワガママになったり乱暴になったりする可能性もあります。
だからそこでどうやって対応するのかがすごく大事になってきます。

我が家では毎日のように長女や双子がケンカしています。
でもこれをやめさせるためにはどれだけ怒鳴り散らかしてもダメなんですよね。
結局、もっと甘えたいとか、もっと遊んで欲しいとかいうストレスから来てるから・・・。

1人目であろうと2人目であろうと、
子育てをするためには母親の精神的余裕がすごく大事。
怒鳴りつけたくなることのほとんどは、
優しく抱っこすることで解決できることだったりします。
でも、優しく抱っこするためには、
心にも体にも適度に休養が必要ですよね。

現在自分のツラさや愚痴を吐き出せる環境はありますか?
疲れた時は気兼ねなく休めていますか?
自分1人で溜め込まずに、気軽に誰かに頼れるようになっていくといいですね。
薬をやめるためにも必要なことですe-284

差し障りがなければ、うつになった経緯などもお聞かせください。
「秘密にする」の欄にチェックを入れていただければ、
管理人のみ閲覧可能になり、ブログ上では公開されません。

うつママさんが1日でも早く元気になることを祈っています。
【2010/12/24 23:44】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
お返事ありがとうございました。私がうつ病になった経緯ですが、約6年前に母が突然自死し、あまりにショックで当時の事をよく覚えてない程ですが、夫の言うには「あの頃からおかしかった」と言います。偶然か必然か、母の死後に妊娠が判明したものの私の心には母の死でいっぱいでトラブルだらけの妊婦生活でした。ほとんどの妊婦期間を入院や安静にして毎日泣いて過ごしていました。正直、妊娠の喜びよりも母の死の悲しみのほうが大きかったです。
ある日の健診で緊急帝王切開になり出産、我が子を抱いた途端に母の気持ちが痛いほど分かって、より一層悲しみは深いものになりました。
母子同室で生真面目な私は預ける事もせず、3日間寝ずに我が子の世話をしました。4日目に看護士さんが「預かるから体を休めて」と言いました。

トラブル続きの妊婦生活で母親教室にも通わず、母乳の知識もなく、出産してから毎日何人もの看護士さんがそれぞれに違う事を言うので頭が混乱し、おなかの傷が痛くて授乳の体制がきつく、10日後に退院する時には背中から両手に至るまで筋肉痛で震えていました。

里帰りもなく「床上げ」という言葉も知らず、初めての育児に必死になりました。妊婦中に効き手が腱鞘炎のまま、当時はネットもなくて、ただただ昼夜問わずなく我が子と一緒に母を思い出して号泣する日々でした。寝食を忘れて一心不乱になっていました。おなかの痛みもまだ引きませんでした。

すぐに新生児訪問看護士さんと保健士さんが来た時に、心療内科を勧められ、薬を服用するのでミルクを勧められ私は混乱しました。
【2010/12/25 22:25】 URL | うつママ #Z5GHyyj6[ 編集] | page top↑
私達夫婦は晩婚で、この出産は39才の時でした。
夫も協力してくれましたが私の求めるような手助けが得られず、夫婦関係は悪化していきました。
保健士さんの勧める心療内科に行き、安定剤をもらい服用して3日ぐらいしたら気持ちが軽くなり、おそらく母の死後はじめて、我が子にほほ笑みかける事が出来ました。

私は母の死によって極度に我が子に神経質になり「この子も死ぬかも知れない」と外出は怖くて出来ませんでした。我が子を預けるあてもなく、また連れて行くのも怖くて、必然的に通院はそれきりになりました。
それに薬が効いたので治ったと思っていました。

生後半年頃、もう少し広い家を求めて新築の賃貸に転居しました。荷ほどきも出来ないまま数日後、息子の嘔吐下痢にパニクって、新住所の保健士さんも知らなかったので、タクシーで総合病院に行き、そのまま入院となりました。

この入院を始めとし、息子は1年に2~3回入院する事を繰り返し、離乳食の練習、ミルク絶ち、あと追い、など泊まり込みの付き添いはますます私を追い込みました。
同じ病室のママ達は誰かに交代してもらえたり実母の手作り弁当を食べたり、私の姿が見えなくなると泣きわめく息子にトイレもままならない私は、子供と一緒に死ぬ事を考えました。

点滴の管がもつれないよう常に神経を使い、子供用のベッドでは毎日が仮眠で、寝不足はどんどん私を疲れさせました。
ある日、主治医の先生が「お母さんも病院に行って下さい」とやはり心療内科を勧められました。
でも屈辱に感じて行きませんでした。

その後の育児生活は、育児本を読みながらでした。
息子は入退院を繰り返し、それ以外は引きこもり、知らない地域で知り合いもなく、母を思って泣く毎日でした。
何度無理心中をしようとした事でしょうか。覚えていません。昼寝をしている息子の首に手を回して力を入れては真っ赤な顔になった息子の泣き声に、ごめんねごめんね、と抱きしめて泣いて。
母を想い、泣き暮らし、息子の世話に毎日がかつかつで、そうしてるうちに私は息子に手を上げるようになりました。

怒鳴りつけ、家中の家具を蹴ったり壊したり、大声で叫んだり、私はだんだん壊れていきました。
夫とのケンカも尋常を超えていました。
私には死しか頭にありませんでした。
【2010/12/25 23:03】 URL | うつママ #Z5GHyyj6[ 編集] | page top↑
偶然、隣町に「こども家庭センター」があり、私は何度も電話で相談しては泣いていました。

転居先の保健士さんは非常に事務的で、私は以前の保健士さんのように相談したり出来なくなりました。
毎日が追いつめられていた私は、車に息子を乗せて以前お世話になった保健士さんの所へ行きましたが人事異動で役所へ転勤されて、でも私はそこまで行きました。
その地域の住民ではなくなったのにあつかましいと思いましたが他に頼れる人がなく、保健士さんにすがる思いでした。彼女は小児科の先生を紹介してくれました。その先生は小児科以外にも母親の状態を考慮してくれる先生で、私は保健士さんの紹介の旨を伝えて相談しました。

息子への虐待を心配され、はやり心療内科を勧められ、ショートステイという方法で乳児院に一時的に預ける事を提案されましたが、私には出来ませんでした。先生の前で子供のようにわんわん泣きました。

私は通院を真剣に考え、夫に伝えて一緒に受診しました。それ以来、自分に合う薬がわかるまで、薬を試しては変更を幾度となく繰り返しました。
その期間も息子の入院と泊まり込みの付き添いがあり、なかなか薬は定まりませんでした。

小児科の先生は、地域の保健士さんを勧めましたが、当時の地域の保健センターは事務的でしたので、先生自身が直接電話を入れて、私達親子に注意を払うよう言ってくれました。
そして保健士さんの態度は激変しました。
病気事由で保育所を勧められましたが、我が子と離れるのがためらわれ決心出来ませんでしたが、心療内科の先生にも勧められ、申し込み、すぐに入る事が出来ました。息子は1才半でした。

毎日泣いて夫に話しましたが、今は休養が必要だと繰り返し言われ、それでも毎日泣いていました。
そのうち息子も保育園に慣れて、私も慣れて、薬も安定してきて、少しづつですが落ち着いていきましたが、体調には波がありました。
【2010/12/25 23:28】 URL | うつママ #Z5GHyyj6[ 編集] | page top↑
経済的な理由で、去年の3月に空き家になっていた夫の実家に越してきました。保健士さんからこの地域の保健士さんへと申し送りはありましたが、今度の地域は以前と全く違い、大きな街で保健士さんんも忙しいのか、いつ電話しても留守でした。

息子は新しい保育園にも慣れて楽しそうに毎日を過ごしていました。私も転院しましたが、夫の実家は昭和30年代築の狭小住宅で、おまけに全く日が差さない、朝から電気を付けなければならないほどでした。
タダとは言え、暗い家で私はますます引きこもりました。今もほとんど外出しません。

現在、主治医のはからいで、障害者手帳、障害年金2級、自立支援で家事援助のヘルパーさん月24時間、を利用しています。
新しい主治医の先生は今年の夏ごろから、訪問看護士さんを紹介してくれて、週2回30分ほど精神科専門の看護士さんが来てくれて相談に乗ってくれています。
でも、最近カウンセリングも勧められ、先週、訪看さんに付き添われて面談に行きました。カウンセラーとの相性や説明、少しだけ自分の話をしました。

年明けに、予約を入れました。50分で3000円です。

私はまだ体調に波がありますが、カウンセリングで自分を何とかコントロールし、減薬したいと考えています。
それから現在服用している薬が多いために生理不順、不正出血など、これも訪看さんに付き添われて婦人科を受診済みですが、減薬出来たら、妊娠したい旨を相談したいと考えています。

この件については、訪看さんには、夫とよく相談するように言われていますが、夫はもう50才を過ぎ、今いる息子の成人まであと15年、この不況の中、減給ばかりが続き、ボーナスさえもなくなり、自分がどうやって家族を養っていけばいいのか、とすごくプレッシャーがあるようです。そんな夫に、この上もう一人など相談出来ません。
以前一度だけ相談しましたが、無理だと言われました。

なんとか減薬し、生理周期を整え、その努力を夫に訴えていきたいと考えています。

長くなりましたが、これが現在の状態です。
【2010/12/25 23:55】 URL | うつママ #Z5GHyyj6[ 編集] | page top↑
うつママさんへ
うつになった経緯を書いていただきありがとうございます。
お母さんの死を受け止める余裕もないまま妊娠、出産され、
その後もお子さんの看病の連続で疲れ果てて、
いったいどれだけ苦しかったことだろうかと涙が出ました。
本当によく乗り越えてこられましたね。

初めての育児というのは、どんな人にとってもツラく苦しいものになりがちです。
元気で何の問題のないお子さんでも、
ただ日々のお世話をするだけでくたくたになってしまうし、
わからないことが多くて不安になったり悩んだり、
精神的にも参ってしまいます。

お母さんのことで心を痛め、お子さんのことで心を痛め、
本当に本当につらかったことでしょう。

今、お子さんや旦那さんとの関係はどうですか?
楽しく会話をしたり、一緒に外出したりできていますか?

もしよろしければ下記のアドレスにメールをください。
毎日バタバタしているのでお返事は遅れると思いますが、
きちんとお答えしていこうと思います。

lovelovegaara@yahoo.co.jp

もうすぐ新しい年が始まります。
うつママさんが明るく楽しく新年を迎えられることを祈っています。
【2010/12/28 22:29】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/315-f3df8a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |