うつ病主婦の決断
うつ病とパニック障害の発症当時は、とにかく外に出ることが怖かった。
人の視線、音、話し声・・・何もかもが恐怖。。。

買い物しようとようやくスーパーまで辿り着いても、
自動ドアが開いたとたん体中に鳥肌が立ち逃げ出す。
なんとかスーパーに入れても、レジで待つことがツラくてたまらない。

震えが止まらない・・・落ち着かない・・・怖い・・・

結局耐えられずに逃げ帰ることもしょっちゅうであった。
人前だろうとなんだろうと涙がポロポロ溢れて止まらない。。。

それでも、1ヶ月以上ほとんど寝ている生活をしているうちに、
その症状はだいぶ改善されてきた。

元夫のこと以外は・・・。

ある程度精神状態が落ち着き、なんとか言葉も発せられるようになっても、
元夫が帰ってくる時間になると相変わらずソワソワし、恐怖に震えた。

何度も何度も家の中を往復し、体がガタガタ震える。
言葉も出なくなり、話しかけられても幼児のようなしゃべり方しかできない。

「病気のフリはやめろ!」

何度となく元夫にそうやって責められた。

私はこの人と一緒にいる限り治らない。。。

元夫に別居を申し出た。
そして、生活のために2ヶ月で復職。

うつ病の時は大きな決断をしちゃいけないというが、
おそらく私はこの人とはもう一緒にいられないだろうと感じていた。

そして別居から半年後に離婚した。

あきらめたのではなく、前を向くために・・・。


「うつ病と仕事 ?」へつづく
【2008/08/21】 | うつ病奮闘記① | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<うつ病と仕事 ? | ホーム | うつ病・パニック障害発症>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/312-7b0c7b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |