少年のような心!?
もうかれこれ1年以上前の話になるが、
私がまだ双子を妊娠中の頃、家族揃って初詣に出かけた。

新年早々神社は大賑わいで、
私たちもお賽銭片手に人混みの中にいた。

そこにいきなり現れたケーブルテレビの取材Σ(゜Д゜)

「今年の抱負をお聞かせください

私たちうつ病ファミリーの前にカメラが立ち、マイクが向けられる。
うひゃぁ???

そこで我が家の大黒柱、旦那が放ったひと言・・・。

「別に・・・(-_-)」

お前・・・「別に」・・・って・・・_| ̄|〇

ここは新年の神社。
皆が「今年はいい年になりますように」って様々な思いを抱いて来る場所。
何も願いがないとはどういうことか・・・。

「今年はこんな1年になるといいなぁとか、目標とか・・・」

「特にない(^∀^)」

思わず、インタビューした姉ちゃんも固まる・・・(-_-|||)

うつ病の妻を抱え、しかも今年は双子出産という大イベントが待っている年。
普通、もうちょっと深刻だったり、思い悩んだりしてねぇかぁ

結局私と長男で助け舟を出し、なんとかインタビューを終えたものの、
インタビューした姉ちゃんもやや笑顔がひきつりぎみ・・・。

我が家はケーブルテレビは映らないので確認してないが、
・・・まぁ、間違いなくカットされてるだろうな・・・

そして少し前に、長男の学校で「子供に送る言葉」を書く機会があった。
お父さん、お母さんはこんなにあなたのことを大事に想ってるんだよみたいな、
普段は恥ずかしくて言えないような心に内だったり、
将来子供たちがツラくなった時に思い出せるような言葉を書くというもの。

何枚も何枚も書き直して、ああでもないこうでもないと頭をひねって・・・。
頑張って旦那が書き残した言葉とは・・・

「人生いい時もあれば悪い時もあるかなぁ・・・」

・・・あるかなぁ・・・って・・・_| ̄|〇 |||
だから何なのさ????
この言葉をどうやって心の支えにしろと

中学校の制服を買いに出かければ、

「お金が足りなかったよ?、あははは(^Д^)」

と、笑いながら帰ってくる。
近所の子に金額がいくらぐらいか聞いていたのに、
なぜその額より少ない額を持っていくのか・・・???

ほんとに謎だらけの人です・・・(*_*)

旦那を見ていると、真面目に生きるのがバカらしく思えてくる。
世の中の常識がどうだとか、自分の価値がどうだとか・・・
真剣に考えてることが無駄に思えてくる。

・・・というのか、悩んだぶんだけ損したような気分にさえなる。。。

はたしてこの人は救世主なのか地獄からの使者なのか・・・
頭の中が永遠に小学生であることだけは間違いない(笑)
【2010/03/05】 | 旦那のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まぁいいかぁ・・・ | ホーム | 心優しきボスザル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/311-99701acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |