スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
忙しいほうがいいこともある
小さい頃は気が弱くて、蹴られても叩かれてもおもちゃを取られても、
何も言えずにしょぼんとしていた長男(_ _;)

ちょっと強引に言われると断ることもできないので、
約束が重なってしまったり、嫌々遊んでいたり・・・

男の子なのにこんなんで大丈夫なのかなぁ・・・と、
私にとっても長い間心配の種になっていたのだが、
つい最近、友達から遊びの誘いの電話がかかってきた時のこと、

「無理!( ̄ ω  ̄)」

と、おもいっきり断っていた・・・( ̄Д ̄;)

そういえば、ピンポンが鳴って誰かが来たはずなのに、
上がらずに帰っていったような感じのことが最近何回かあった・・・。
ん?、やっぱりあれは長男が断っていたのか・・・!?

以前は来るもの拒まずでなんでもいいよいいよだったので、
去年の今頃でも、友達を家に泊める泊めないでさんざん私ともめていた長男。
「日本男児君の陰謀(笑)」の記事参照)

いつの間にかこんなにしっかり断れるようになっていたんですねぇ・・・。

子供の成長は早く、しかもその性格もどんどん変化していく。
子供をしっかり見つめることは必要だが、それ以上に大切なのは

きっと見守ることなのだろうと思う。

私はたまたま長女や双子が生まれ忙しくなってしまったから、
長男が変化していくのを邪魔しなくてすんだ。

これが長女や双子たちがいなくて時間がたっぷりあったら、
きっと朝から晩まであれやこれやと口出しして、
「昔っからあんたはこういう性格だから」とか余計なことを言ってたに違いない^^;

親になると、子供を心配するあまりなんでも教え込もうとしてしまうが、
頭ではわかっていても実際自分で経験しないとわからないこともたくさんある。
だから、失敗するとわかっていてもあえて黙っていることも必要なんだろうな・・・。

自分が思いつくままに行動し、自分がやりたいように行動し、
失敗したり、間違ったり・・・。
そうやって経験を積んでいくうちに自然に大人になっていく。
そういうものかもしれないな・・・。

親が子供にしてやれることというのは、子供の前を歩くことじゃなく、
子供の後ろをついて歩き、振り返った時にそこにいること。
そんな気がする・・・^^


「どこまでがお手伝い?」へつづく
【2009/08/05】 | 長男のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<世話焼き姉ちゃん | ホーム | 無理して笑う・・・(´∀`;)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/289-0e123bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。