夫婦のありかた
今の旦那は元夫に比べたらうつ病に対しての知識もあったし、
少しでも理解しようと努力してくれた。

でも結局は元夫と同じ発言、同じ行動を繰り返してしまい、
やっぱりうつ病患者は誰にも理解されないのか・・・
誰にも頼ることができないのか・・・と絶望感はさらに増してしまった。

しかし、この2人には決定的な違いがあった。

それは、今の旦那は病気のせいだと理解できたこと。

だから家事ができなくても起き上がれなくても責めなかった。
私がどれだけわめこうが騒ごうが、落ち着いた時には許してくれた。

病気の治し方なんか何も知らない。
対処法もほとんど理解していない。

でも、うつ病やパニックの症状をきちんと「症状」だと捉えることはできた。
私の性格が悪いとか、やる気がないとかそんなふうには言わなかった。
だからきっと一緒にいられるのだと思う。

私が長女を妊娠し、「薬をやめたい」と言った時も反対しなかった。
離脱症状に苦しみ、普段以上に状態が悪くなった時もひたすら耐えた。

そして乗り越えた時、「よく頑張った」「すごい」と褒めてくれた。

その後は、薬以外の方法で、やれヨガやらサプリやら整体やら漢方やら、
なんだかんだといろんな話を持ってきた。

うつの脳みそというのはいろいろなものを受け入れにくい。
どれだけ効果があるとか、実績があると言われても、
なぜかとても面倒に感じたり、「どうせ無理」と否定してしまう。

私が受け入れられたのも、唯一鍼灸マッサージのみ(笑)

それでも、うつとはそういう病気なんだと理解し、
他人任せではなく一緒に歩もうと努力してくれている。

私は改めて元夫との過去の結婚生活を振り返り、
憎しみいっぱいで人生の最後を迎えるような選択をしなくて良かったと思う。

今の旦那にはさんざん世話になった。
だから歳をとって寝たきりになったらケツのひとつぐらい拭いてやるわい。
そう思っている。

夫婦なんて紙切れ1枚。
だけど、人生の最後まで一緒に過ごす人。

憎しみいっぱいで最後の最後まで我慢の人生より、
のんびり一緒に旅行でも行ける、そんな人と一緒がやっぱりいいよね・・・^^
【2009/07/24】 | うつ病と家族 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<日本の歴史 | ホーム | 不安定な未来>>
コメント
NoTitle
良い旦那さんに巡り会えてよかったですね。
この記事を読んでうらやましくなりました。
それも前の旦那ときちんと別れる選択が出来たからこそ巡り会えたんですよね。
僕は前の彼女と半分、事実婚みたいなものだったんですが、別れて、今寂しさが募っています。
英会話学校でも自分より若い女性は多いんですが、みんな旦那持ち。手遅れかなー
人生の最後まで一緒に過ごす人が欲しいです。
【2009/07/25 08:49】 URL | うっちー #ouBO2DGg[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/25 13:53】 | #[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます
>うっちーさんへ
別れがあれば出会いがある。
今どきはびっくりするぐらい年齢差のある夫婦もいますから、うっちーさんもそのうちものすごい若い娘と結婚なんてこともあるかもしれませんよ~(^∀^)
あるいはものすごい姉さん女房とか・・・!?
そのうち「彼女できました」っていう報告が聞けると嬉しいですね♪

>鍵付きコメントさんへ
悩んだり迷ったりしながらも前を向いて進もうとしてる意思が感じられました^^
自分を変えていくのってホントに難しいです。
気持ち悪いと感じたり、イライラしたりって、いくら「平気になれ」と言われてもそうそうできることじゃないですもんね。
私も、部屋が散らかっていたり汚れていたりするのは今でも気持ち悪いです。
でも、それを片付けることによって自分がストレスが解消されて元気になるのか、疲れ果てて具合悪くなるのか、それをちょっと立ち止まって考える余裕はできました。
やっても疲れたり、すぐに汚されてイライラしそうな時はやっぱり我慢。。。(><)
体がラクな時や精神的に余裕がある時だったら倍のスピードで動け、疲労感も全然違いますから・・・。
お子さんが大きくなるにつれ、大変なことも増えていくと思いますが、この性格とうまく付き合っていきましょう^^
【2009/07/27 13:29】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/280-4fe4e092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |