もう流されない
母親とは、長女が生まれた時以来会っていない。
長女が生まれる時に、
「出産で入院している間、長男の面倒をみてくれ」と頼み来てもらったのだ。

でも、陣痛はいつ訪れるかわからないというのに早めに来ることもせず、
ようやく来たのは長女が生まれた後。
しかもひどい風邪をひいていて、とても誰かの面倒をみれる状態でもない。

結局、「しんどいから帰る」と強引に翌日帰ってしまい、
仕方なく旦那が休みをとってずっと自宅と病院の往復をしていた。

双子の時にはかなり早くから頼んでいたにも関わらず、
最終的には「今行くのは無理」と断られてしまった。

今でもちょくちょく電話をかけてきて「元気にしてるか?」と聞いてくる。
一方的にいろんなものを送ってきたり・・・。

先日姉から電話があった。

「何人子供がいても親にとっては同じように可愛いものだよ。」と繰り返していた。

姉はきっと母親の愛情をたくさん感じながら育ったんだろうな・・・。

私が母親のことを誤解している、
母親だって私のことを考え一生懸命頑張っているんだと言いたげだった。

姉もまた、病気のことも私のことも何ひとつ理解していない。

お姉ちゃん、違うんだよ。
親が同じように育てたつもりでも、全部の子供が同じように感じるとは限らない。

どんなに母親を受け入れようと思っても病気になってしまった事実は変わらないし、
現在も傷つけられていることには変わりない。

自分の子どもがどんなことで傷つき苦しんでいるのか知ろうともしないで、
相も変わらず一方的な愛情を押し付け、突然汚い言葉で罵る。

それが親の愛だというのなら、私はそんなものいらないよ・・・。

もう恨みや憎しみなんて感情は通り過ぎてしまった。

私はしっかり子供たちを見れる親でありたい。
ただ世話をする、ただ食べ物を与える・・・
それだけじゃなく、きちんと心の中を見てあげられる親でありたい。

だから、うつ病だろうがなんだろうが、私は必死で育児をする。


「頭が働かない日々」へつづく
【2009/06/29】 | うつ病奮闘記⑥ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<頭が働かない日々 | ホーム | うつ病主婦、料理に勝つ!>>
コメント
NoTitle
ガアラさんはじめまして。いつも楽しく読ませてもらってます。うちの姉妹に立場が似てると思ったのでコメしました。私も妹も同じように育ったはずなのですが、私は両親の間違いを是認し、妹は是認できずに憎しんいます。「人間は完全ではないんだから、だれでも間違いはおかすもの。それを許すのも人間なんだよ」と妹には言うのですが、納得できないようです。「憎しみすらなくなる」状態になるにどおしたらいいのでしょうか。またそんな姉からはどおいったアドバイスが欲しいと思われましたか?どうぞ教えてください
【2009/06/30 23:12】 URL | みんこ #-[ 編集] | page top↑
みんこさんへ
コメントありがとうございます。
ご家族のこれまでの過程とか詳しい現状がわからないので、私と同じだと仮定して書きますが、現在も妹さんがご両親を許すことができないのは、過去のことだけでなく現在も苦しめられているからではないでしょうか?
過去に1度や2度間違いをおかしたぐらいなら多少大目にみることはできるでしょう。
でも、現在も進行形で傷つけられ続けているのであれば当然許せるはずがありません。

私が「恨みや憎しみの感情を通り過ぎた」と書いたのは、もはや見ず知らずの他人となんら変わりない存在になったということです。
だから親が死んでも涙の一滴も出ないでしょうし、悲しいという気持ちすらわかないと思います。

私は親に土下座して謝ってほしいとか、懺悔しろと思っているわけではありません。
どれだけ憎んでも、結局私はいつまでもあの人の娘なわけで、
過去のことがどうのこうのでなく、今この瞬間から変わってくれればそれできっとすべて許してしまうのだろうと思うのです。

ごくごく普通に「困ってることはないか?」「協力できることはないか?」そんなふうに母親らしい言葉があれば・・・。
だけどそんな日が一生こないこともわかっている。

姉も同様なんです。
現実の私の姿は誰も知らない。
うつで苦しんでいる姿も、暴れまわっている姿も・・・。

誰も本当の私を知ろうとはしないんです。
型にはまっていれば安心・・・ということ。
だから私はただ型にはまった「娘」や「妹」を演じているだけです。

みんこさんが妹さんをラクにしてあげたいと思うのなら、ぜひ妹さんの話を聞いてあげてほしいと思います。
聞いていて、言っていることがおかしいとか、それはちょっと違うんじゃないの?って思うこともあるかもしれません。
でもそれは妹さんが間違っているというよりも、過去の経験が妹さんの思考を歪めてしまったんだと考えてもらいたいんです。

歪んだ思考というのは、真正面から「その考えは間違ってる」と否定しても意味がありません。
何重にも苦しみが重なってきたのと同じように、何重もの愛情を重ねていかないとダメなんだと思います。

妹さんの本心をたくさん引き出してあげてください。
そしてありのままの妹さんを受け入れてあげてほしいのです。
そうすれば自然と妹さん自身が自分の歪んだ思考に気付くと思います。

人を憎むことはとても苦しいことです。
どうか妹さんをラクにしてあげてください。
みんこさんと、みんこさんのご家族全員が安心して暮らせる日が来ることを祈っています。

P.S.状況がよくわからないまま書いていますので、多少ピントがずれているかもしれません^^;
内容にすれ違いがありましたら、いつでもコメントください。
再度お返事します<(_ _)>
【2009/07/01 00:23】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
v-483v-483v-483v-483
【2009/07/02 12:34】 URL | 1 #-[ 編集] | page top↑
1さんへ
綺麗な夜空をありがとうございます^^
【2009/07/06 13:14】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/264-340f1c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |