スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
それぞれの痛み
先日の夜、長男の友達のぽっちゃり君が家にやってきた。
「こんな時間に何だろう?」と玄関を開けると、
目を真っ赤にし泣き腫らしたぽっちゃり君のお母さんも一緒だった。

「どうしたの?」と聞くと、

「うちの子、長男君からお金借りてませんか?」
・・・と。

どうやらぽっちゃり君、同級生の何人かからお金を借りたらしいのだが、
誰からいくら借りたのかわからなくなり、返していないらしいのだ。

慌ててお風呂に入っていた長男を呼び、聞いてみたが、
長男は「俺は貸してないから大丈夫だよ」との返事。

「他に誰に借りたか知らないかなぁ・・・?」とお母さん。

思い当たるところをあちこち回って、
「貸した」と言う子には、その金額分を返して歩いていたらしい。。。

「最近友達にからかわれたりもしていたみたいで・・・。」
そう言うとお母さんはまた涙をにじませた・・・。

自分の子どものことって、本当に心が痛むんです。

ぽっちゃり君を叱りながらも、心配したり不安になったり・・・。
自分を責め、どれだけ傷つき苦しんだことだろうか・・・。
泣き腫らした顔がそれを物語っている。

後で長男に聞いた話によると、
ぽっちゃり君はお金を返さなかったことで最近、
「コイツ、お金借りたくせに返さないんだぞ」と言われたり、
ちょくちょくからかわれたりしていたらしい。

当たり前だが、どこの家庭にもいろいろな問題があり、
どこの親もいろんなことで悩んでいる。

育児が苦しいのは決して自分だけじゃない。
健康だろうとなんだろうと、やっぱり育児は苦しいのだ。

頑張れ、お母さん! 頑張れ、子供たち!

偉そうなことは何も言えない私だけど、
その苦しさを知っているだけに応援せずにはいられない。

頑張って・・・。


「うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ」 TOPページへ戻る
【2009/06/14】 | 長男と仲間達 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<うつ病に打ち勝つ精神 | ホーム | ゴルゴと痔と私>>
コメント
NoTitle
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
Hrzo6ibf
【2009/06/14 11:17】 URL | hikaku #cJuqLt0I[ 編集] | page top↑
NoTitle
子供のことはどんな元気な親でも悩みますよね。
ぽっちゃりくんのお母さんさぞかし心を痛められてるのでしょうね。
うちはまだ小さいので子供同士のトラブルとかないですけど
大きくなるとまたいろんな悩みが増えるんですよね。

オットは病気に理解あるようなないよな・・・・微妙です。
本当にしんどいときはやっぱり心配したりしてますが
少し元気になるともう大丈夫って感じになってしまいますね。
話を聞いてほしいんですけど、うまく伝えられなくて
挙句の果てにはめんどくさがられてしまったりです。

仕事のことも実際いまほんとうに家計がきつきつで毎月赤字なんです・・・
ボーナスを残しておいて補填してるんですけど
この夏ボーナスも怪しいうえに、車検まであります。

自分の中で仕事したくないという気持ちと
仕事しないと家計がきつい、と焦る気持ちの葛藤でまた
調子を悪くしてしまう始末。

相談相手を作らないといけませんね~
毎回書き込みすみません。
【2009/06/15 09:49】 URL | ノア #Mtji3Fug[ 編集] | page top↑
ノアさんへ
うちの旦那もそんな感じでしたね^^;
だからせっかく良くなりかけていたのに、また元に戻ってしまったりっていうのが何度もありました。

うつ病の掲示板とかをのぞくと、家族が理解してくれないという人はたくさんいて、「もうあきらめている」とか「どっかで割り切らないと・・・」と書いてあります。
でも、一緒に生活している以上は、理解してくれないことがストレスになって病状の回復を邪魔する可能性も高いと思うんですよねe-263

理解してほしいのに理解してもらえないというストレスはどんどん積み重なって、自分でも病気を治したいのか、ただ自分にかまってほしいとか、甘えたいだけなのか・・・わけがわからなくなってしまいます。

病気のことを話すのはとても難しいですよね。
考えがまとまらない、結論が出せない・・・それもこの病気の特徴ですからね・・・。
うちの旦那もどうすればいいのかわからなくて困ったような顔をよくしていましたよ^^;

旦那側からすると、何をどうすればいいのかわからない、治す気があるのかどうかわからない・・・そのことが苦しいようです。

私もよくやりましたが、たとえばどんなふうに対応してもらったら病状が良くなるのか一度とことん考えてみてはどうでしょうか?
どんな言葉をかけてもらって、どんな環境の中だったら自分は治ると思いますか?

結構難しいですよ~(笑)

これが自分の中で考えとしてまとまらないということは、自分自身が自分自身を把握できていないということです。
自分で自分が理解できていないのだから、他人である旦那にはもっと理解できなくて当然。

そう考えたら少しは旦那に対する不安が消えないかな・・・?

まぁ・・・あくまでも気休めですけど^^;

ん~、結局これを書いている私も考えがまとまっていませんね(笑)
【2009/06/16 15:03】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/250-8c443b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。