スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
なぜ私は苦しかったのか?
長女が生まれた後も相変わらず良くなったり悪くなったりを繰り返しているだけで、
さほど目立って回復に向かっているとは思えなかった私のうつ病。

そんな状態で双子の面倒まで見るとなれば悪化するのが当然。
それがなぜ正反対に回復に向かったのか?

それは無謀とも思えるこの双子育児が、
私のストレスの根本原因となっていた部分を、
見事にブチ壊してくれたからだろうと思う。

うつ病になった原因はひとつではないが、
母親とは離れて暮らしているし、元夫とは離婚した。
休む時間も山ほどあった。

なのに何故今まで良くならなかったのか?

それはやはり、

育児そのものがストレスになっていたから。。。

長男育児でつまづいた私は挽回したくても立ち直るきっかけもなく、
もう何をどうしたらいいのかわからなくなっていた。

自分のどこがいけなかったのか?
なぜこんなに苦しくなってしまうのか?
いったいどうすればラクになれるのか?

それが双子と長女を同時に育てていく中で、
長男育児の失敗の原因、苦しかった原因が見えて来たのだ。

このブログの中でも数多く、「長男の時はこうしていた」と書いてある。
もちろん、全部が全部間違っているわけではなく、
育児の世界では当たり前のこと、当然やらなくてはいけないことだったりする。
しかし、その常識や固定観念がずっと自分を苦しめていた。

育児でなぜこんなにも苦しくなってしまうのか?
他の記事と重複する部分も出てきますが、
少し私なりにまとめてみたいと思います。


「初めての育児が苦しかった理由・その1」へつづく
【2009/04/04】 | うつ病奮闘記④ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<初めての育児が苦しかった理由・その1 | ホーム | 4月1日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/212-1b97ccd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。