家族の食卓/斉藤由貴

家族の食卓に 湯気立てて寄り添う 
みんなで決めた 週末のメニュー

いつもの僕の椅子 
見慣れた油絵には みんなが集うよ 何も変わらずに

悲しいこと 苦しいこと くもりガラスの向こう
幸せなんて ほんと こんな夜の優しい家だね

今でも覚えてる テーブルの隅のキズ
泣き顔 叱る声 優しい思い出

明日の朝 目覚めることが楽しみならいいね
幸せなんて ほんとは ありきたりさ

続くよ 続くよ


風夢/斉藤由貴 ●家族の食卓/斉藤由貴
   アルバム「風夢」より



* * うつ病主婦の想い * *

高校を卒業して1人暮らしを始めた頃、
駅からアパートまでの帰り道を歩きながら時々この曲を思い出していた。

おいしそうな晩御飯の匂いと家族の笑い声。
あの灯りの向こうには幸せな家族がいるんだろうな・・・。

家族なんて必要ない。友達も永遠じゃない。
仕事をして社会で認められて、立派になりたい。
カッコイイ生き方をしたい。

そう思っていたはずなのに、気がつけばこの曲を思い出し、
なぜかいつも立ち止まってしまう自分がいた。

長男が生まれ、長女が生まれ、双子が生まれ・・・
すっかりにぎやかになり、すっかり散らかり放題になり、
怒鳴り声や泣き声ばかりでカッコ良さとは無縁の毎日。

だけど、可愛いんだ・・・。
このプニュプニュの足、ふてくされた顔、暴れっぷり。
子供たちは毎日必死に抵抗してくるけど、
可愛いくて可愛いくて、私は笑ってしまうんだ・・・(^ー^)

結局私はあたたかい家庭が欲しかったんだな・・・。
今頃になってそう気付く。

だからこの何気ない毎日がとても大事なんだ・・・。
どうってことない毎日がとってもあったかいんだ・・・。
【2009/08/21】 | うつ病主婦と音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ヤブ医者注意報 | ホーム | おしゃぶりはずし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/210-f98604d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |