スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
狂わされる思考
うつ病なのに、時々人が変わったように暴れる、キレる・・・
多かれ少なかれ、そういう人はいると思います。

でも周りの人には、なんで突然怒り出したかわからない。
些細なことでなんでそこまで破壊行動にでてしまうのかわからない。
とても理解に苦しむところだと思います。

今回の長男のとった行動も、特別ひどいことではありません。
よくあることです。

では、なぜそこまでブチ切れたのかというと、
それ以前から、私は長男に対して不満を溜め込んでいたからです。

離乳食を3回に増やしたところで、立て続けに全員が風邪をひき、
おまけに次男の夜泣きがたびたびあって寝不足状態。
完全に私の体は悲鳴をあげてしまっていました。

そして長男は私のそんな状態に気づくはずもなく、
自由気まま、子供らしくワガママに行動し続ける。

疲れているのだから、素直に長男に手伝ってもらえばよかったのですが、
ここでまた私のいつもの悪いクセで、

無駄な気遣いが出てしまったんです。

まだ子供なのにあまり手伝わせるのは申し訳ない。
遊ぶ時間が減るのはかわいそうだ。
・・・そうやって遠慮してしまってたんです。

そして、それとは裏腹に、「手伝ってくれない」「思いやりがない」
そういう悪いほうの種火もずっとくすぶり続けている。

でも、結局体が耐えられなくなり、精神も耐えられなくなった・・・。

そこに、私の人格障害的な部分が出て、
長男のとった行動を見て、

「嘘をつかれた」「騙された」と受け取ってしまった。

これがとてもやっかいで、一度爆発してしまうと、
もう自分ではなかなか意思のコントロールができないのです。

自分を騙す悪い人、裏切り者、自分を見捨てた・・・。

現在の自分とは関係の無い、
どちらかというと過去の自分が受けた傷、過去の記憶が、
現在の自分の中に浸入してきて、すべてを乗っ取られてしまう・・・。

私のように暴れまわることがない人でも、
些細な誰かのひと言や行動で激うつになり身動きがとれなくなる、
本来の自分とは違う思考に洗脳されて抜け出せなくなる・・・。
何度もそういう経験をしているのではないでしょうか?


「第2の失敗」へつづく
【2009/03/13】 | うつ病奮闘記④ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<第2の失敗 | ホーム | 春の嵐>>
コメント
NoTitle
そうですね、今日も撃沈です。
今日病院に行ってきました。
うつやパニックのことも話したら「つわりも不安も漢方でゆっくりやっていきましょうね!」と言われ気分よく帰宅。

息子たちに打ち明けたら上二人大反対...。

旦那は喜んでくれましたが長男次男とこれからゆっくり話をしないといけません...。

気が重いです。
【2009/03/14 01:51】 URL | リッキー #-[ 編集] | page top↑
リッキーさんへ
上のお子さんたちはどうして反対しているのでしょうか?
病気のことが原因ですか?
それとも、兄弟自体もう必要ないという考えでしょうか?

どちらにしても、過酷な状況で子供を産もうと思えば、
多少の反対意見は仕方ないのかもしれません。

それに立ち向かっていくのはとてもツライでしょう。
でも、そこから逃げてしまっては後々自分がもっと苦しむ結果になると思います。

「だから無理だって言ったんだ」
「不幸になるとわかってて子供を産むなんて無責任だ」

自分が苦しくなって助けが必要になった時、そんな言葉を投げつけられたらどう感じるでしょうか?

今反対してくれている人はリッキーさんのことをよくわかっていて、本気で考えてくれている人たちだと思います。

しっかり話を聞いてあげてください。
そしてしっかり自分の意思を持ってください。

応援しています。
【2009/03/14 09:13】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
NoTitle
ガアラさんありがとうございます。
反対している理由は精神面と年齢みたいです。
その話には触れないようにしていたら昨日ホントに産むのか、産めるのか?と聞かれました。
思っていることは伝えましたが...。
じっくり話をする必要があるみたいです。
不安に考えすぎるとドツボにはまるので、とりあえずその日その日を生きるようにしています。
【2009/03/16 07:57】 URL | リッキー #-[ 編集] | page top↑
リッキーさんへ
お子さん達はリッキーさんのことを本当に心配しているのですね。
産むとしたら、もちろん精神的苦痛、肉体的苦痛が伴うし、
かといって産まない選択をしてもそれは変わらないですよね。
ずっと欲しいと思ってきたぶん、きっと心がボロボロになってしまうでしょう。
ゆっくりゆっくり話してください。
リッキーさんとご家族に笑顔の日々が来る事を祈っています。
【2009/03/17 23:15】 URL | ガアラ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/199-fd948ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。