運命の事故
ある日の日曜日、朝からモーニングを食べに行く予定だったが、
待っても待っても旦那が帰ってこない・・・。

「またか・・・」
長男を喜ばせたいと言って約束したくせに結局破る・・・。

仕方なく、朝食用のパンを買いにコンビニへ行った。
レジでお金を払おうとしたその時、いきなり店内に車が突っ込んできた。

何が起こったのか一瞬わからなかった。
気がついたら、目の前に車のボンネットがあり、
レジを打とうとしていた店長は車と壁に挟まれていた。

もう1人の店員が、警察と消防に連絡を取っている。

駐車場を出ようとしていた車が、アクセルとブレーキを間違い、
猛烈な勢いで店内に突っ込んできたのであった。

動こうとするとひどく足が痛んでまともに歩けない。
両腕はガラスの破片であちこちが切れ流血している。

あれ・・・?私・・・被害者・・・?

人間、自分の想像をはるかに超えたことに遭遇すると、
頭が真っ白になるものだ・・・。

とりあえず、家に長男を待たせている。
いったん帰らなくては・・・。

家に帰って、旦那に連絡。
「大変だったなぁ?、できるだけ早く帰るよ。」との返事。

長男を連れて再びコンビニに戻り、その後病院、警察署。
家に帰れたのはお昼を過ぎてからだった。

旦那は・・・その日結局帰ってこなかった。

翌日会った時に旦那が言った言葉は

「たいしたことなくて良かったな」だった。

私の足は打撲痕であちこち紫になりパンパンに膨れ上がっていた。


※これは元夫との結婚生活のことで過去のお話です。


「カウントダウン」へつづく
【2009/01/01】 | うつ病と離婚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カウントダウン | ホーム | 母として・・・。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aitosuna.blog120.fc2.com/tb.php/157-83008e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |