FC2ブログ
さよならと新たな出会い
保護猫の預かりボランティアを始めて1ヶ月。
預かっていた猫を譲渡会に連れていく日がやってきました。

最初はあたふたして大変な毎日でしたが、
日が経つにつれ、その可愛さはどんどん増していき、
「里親が決まらなかったら、うちで飼えばいいんじゃないか?」
なんて話がでてしまうほど家族全員すっかりお気に入りになっていました。

もしかしたらこのままお別れになってしまうのかと思うと、
里親が決まってほしいような、決まってほしくないような複雑な心境・・・
本当にこのままうちで飼おうかな・・・。

心も定まらないまま譲渡会の会場にいると、
我が家の猫をとても気に入ってくれたご夫婦が

何度も何度もいろんな角度から猫を見て、
「理想通りだよ!いやもうそれ以上!最高!可愛い!条件もバッチリ!」
と、ものすごく嬉しそうに話している。

代表と一緒にしばらくお話させてもらったのですが、
保護された時の状況や現在の様子なども積極的に聞いてくれ、
細かい部分も夫婦であれこれ相談し合っていたので、
真剣に里親になろうとしていることが伝わってきました。

そして何より、猫を見る目がキラキラしてとにかく嬉しそうで、
この人達のもとで生活できたら、猫も幸せだろうなと思ってしまいました。

本当に猫を飼いたいという気持ちがあって、整った飼育環境があって、
飼育経験、経済力もあり、最後まで面倒を見る覚悟もある。
こういう人たちへの橋渡しをするのが私の役割なんだよなと改めて実感。

別れるのは寂しいけど、本当に優しそうなご夫婦だったので、
安心して猫を送り出すことができました。

その後トライアル期間を経て無事正式譲渡。
我が家の預かり1匹目が終了しました。


とはいえ、1ヶ月間猫に振り回され続けてた我が家は突然猫がいなくなり、
なんだかし~~んと静まり返ってしまいました。

あっという間の出来事で心の整理もつかないままでしたが、
預かっている間不安の多かった箇所を少しでも減らすように掃除や模様替え。
よし!これで以前より危険も減って、猫が自由に動き回れるようになったぞ

そしていよいよ我が家に2匹目の保護猫がやってくることになりました。
今度の猫は、2歳のメス猫です。

おとなしい猫だと聞いていたのでできるだけ怖がらせないように、
キャリーから出てくるのをひたすら待ってみる・・・。

って、うおおおおおおおおおおお~~~~い!!!
何時間たっても出てこね~~~しっっっ!!!

前の猫は活発で人懐っこかったのですが、今回の猫はまったく動きません。
仕方なくケージに移動させてみたものの、奥のほうでずっと固まってるし・・・

恐怖心が強すぎるのか、まる1日飲まず食わずトイレも行かずという状態で、
さすがに心配になり代表にアドバイスを求めました・・・

慣れるまではケージの中に入れっぱなしにして、
外が見えないように全体をタオルで隠しておいたほうがいいかもとのこと。

実際、言われた通りにケージを全部覆うようにしたら、
ピチャピチャ水を飲む音が聞こえ、翌日にはおしっことウンチをしてくれました。
さすがベテラン心強いです

そこから数日、エサやトイレ掃除以外は姿を見ることもできない生活。
子供達も「閉じ込めっぱなしにしてて大丈夫なの?」と不安そう・・・。

そうだよね、人間の感覚からすると、
何も見えない狭い場所に閉じ込められるのって虐待みたいに感じるよね

私もいろいろ調べたのですが、猫にしてみたら、身を隠せる場所があること、
誰にも侵入されない安全な場所であることがとても大事なのだそうです。

知らない場所で、知らない人にジロジロ見られた状態では、
安心して食事をしたりトイレをしたりすることができないということですね。

ケージの扉を開けるようになっても出てくるまでに数日かかり、
リビングから廊下に出るまでには2週間もかかりました。

猫が自由に動き回れるように寝室をかなり改造していたのですが、
まったく入ることすらしてもらえずほぼリビングのみの暮らしww( ̄▽ ̄;)

それでも3週間目にはちょっと抵抗するなど意思表示をするようになり、
おもちゃで遊んだり、じゅうたんで寝転ぶ姿も見られるようになりました。

ここは安全な場所なんだ、自由にしてていいんだって
思えるようになるまでにはそれだけ時間がかかるんですね。

慣れない場所への不安が強くて譲渡会への参加が難しいうえに、
もうすでに成猫なので、なかなか里親は見つからないかもしれません。

まぁ~、見つからなかったら見つからなかったで、
このままうちにいればいいさ。

優雅な暮らしはできないけど、
ナデナデしてくれる人はいっぱいいるからねw
【2020/03/27】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |