新しい保育士さんたち
長女や双子を保育園に入れたばかりの頃、
毎日先生たちと話をするのがかなり苦痛だった。

長女の先生からは、「自分だけ外に出ようとした」とか、
「友達とおもちゃの取り合いになって大泣きした」とか、
聞きたくないような話ばかり聞かされるし、

双子は双子で、「グズッてばかりいた」とか、
「体調が悪いのではないですか?」とか、
なんか無理矢理連れて来てるみたいな言い方をされることも多かったし・・・。

それまで引きこもり同然の生活で、
ほんの少し誰かと話をするだけでもものすごい疲労感だったのに、
毎日毎日嫌なことを言われる・・・。
それは自分にとってかなりのストレスだった。

でも、それと同時に嬉しいこともあった。

双子たちは保育園に入った頃はろくに言葉も話せず、
子供というより、赤ちゃんに近い感じだった。

でもそれがだんだんと、自分でトイレに行けるようになり、
お箸を使えるようになり、ハサミを使えるようになり・・・。

そのひとつひとつの成長を先生たちが喜んでくれたこと。

そして、自分が悩んでたことなどを、
「まぁ~、そういう時期だから仕方ないよね」って言ってくれたり、
「こちらでもちょっと対処法考えてみますね」って言ってくれたり・・・。

誰かが子供の成長を一緒に喜んでくれるのってすごく嬉しい。
誰かが一緒に悩んだり考えたりしてくれるのってすごく心強い(^ー^)

本当は夫や両親などがそういう存在でいてくれればいいんだけど、
そうではないからこそ孤独な育児に陥ってしまい、
精神的な病を発症してしまってたりするんですよね。

そして何よりも、先生たちの子供への接し方がとても勉強になる。

たとえば、もじもじしてなかなかはっきり話せない、
そんな引っ込み思案の子に「しっかりしなさい」って言ってもダメなんだよね。

しっかりと聞き役に回ったり、ちょっとしたことを優しく褒めたり・・・。
そういうところから子供って自信をつけていくんだよね。

それから悪いことをした時の叱り方。
ついカーッとなって大声で怒鳴ってしまうけど、それは効果なし。

叱っても叱っても言うことを聞かないと、
結局どんどんどんどん叱り方がエスカレートしてしまうだけ

新しくゴルゴ次男の担任になった先生は、
保護者の間ではやたらと評判の良い先生だった。

それまであまり話したこともなかったので、
いったいどんな保育をするのかなぁ~とちょっと興味津々だったんだけど、
うん、確かに怒鳴ってないww

どうやって叱るかというと、子供をぎゅっと捕まえて、
「先生の目を見てごらん」って言うんです。

私はこういう叱り方知らなかったんだけど、
目と目を見合わせたほうが何か伝わりやすかったりするのかな?

毎日帰りの挨拶の時に体をぐにゃぐにゃさせてふざけてしまうゴルゴ。
でも、しばらく先生がそうやって対応してるうちに、
だんだんとふざけることが少なくなってきた。

一見サバサバしてて優しい保育士さんというイメージではないんだけど、
子供と遊んでる時には本当に楽しそうな顔をしていて、
子供をぎゅ~っと抱きしめていたり、顔をスリスリしていたり、
本当に子供が好きなんだなぁ~っていうのが伝わってくる先生。

言ってみれば、これまで私がされたことのない育児をする先生。
だから先生が子供と接している姿を見ていると、
ああ~、私にはこういうものが足りなかったんだなって感じます。

体を触れ合わせること、目線を合わせること、
興味を持って話を聞いてくれること・・・。

そして落ち着きが無く協調性もないゴルゴのことを、
「ゆっくりやっていきましょう(^ー^)」と言ってくれたこと、
それが一番嬉しかった気がする。

育児をしているとどうしても今だけを見てしまう。
今できないこと、今問題になっていることを、
今すぐ解決しなきゃと思ってしまう。

でも、そうなんだよね。ゆっくりでいいんだよね・・・。

ゴルゴは相変わらずのいたずら盛りの能天気。
洗面所で水をジャージャー流して遊んでいたり、物を詰めたり、
水たまりに突撃したり、草をちぎって放り投げてたり・・・。

でもそんないたずらっ子のゴルゴの性格をしっかりと受け止めて、
たまにちゃんとできた時には満面の笑みで抱きしめて喜んでくれる先生。

あぁ~、「お母さん」ってこういうものなのかなってふっと思ったりする。

いつもいつもいい先生に当たるとは限らない。
長男の年中の時の先生は最悪だったし、
長女も年少の先生は途中で辞めたし、年中の先生は頼りなかったし・・。

でもどんな先生に当たってもやっていけるように、
私がしっかりと支えないといけないんだよね。

今年は皆いい先生に当たったので、
できるだけ先生たちのいいところを学べたらなと思います(^ー^)
【2012/07/01】 | 長女+双子の同時育児 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ともだち
以前、「こんにちは、さようなら。」という記事に書いたちびてん君、
驚くことに、戻って来ました(笑)

記事を書いた後でわかったことなのですが、
以前ここに引っ越してきたのは、両親の別居が理由でした。

ちびてん君があまりきちんとした食生活をしていないのは知っていたのですが、
それは、父親に頼らずに生活していくためにお母さんが必死に働き、
なんとか1人でちびてん君を養っていこうと頑張っていたためでした。

「仕事のことだけで手一杯で、子供のことも満足に見てあげられなくて、
長男君やガアラさんにも甘えっぱなしで申し訳ないと思っていました。」
と、ちびてん君のお母さんが後から話してくれました。

でも話し合いを重ねた結果、夫婦はやり直すことを決意し、
再度父親の元に戻っていったのでした。

それがまたこの地に戻ってきたということは、また別居かあるいは離婚か・・・。

あえて本人には確認はしていませんが、家庭の事情がどうあれ、
もともと長男のことが大好きだったちびてん君。
こちらに戻ってきて早々から長男にべったりです(笑)

そして夏休みに入った我が家は、
ちびてん君を始めとして、知ってる子から知らない子まで大勢が集まって、
わいわいがやがや・・・。

ちびてん君がいなかった期間があったのがまるで嘘のように、
普通に一緒に遊んでいます。

子供といっても、もう皆身長はすでに170とか180。
デカイです!!
ヒゲも生え、声も変わり、まぁなんとも男らしい!!

なんかそれだけに、これから高校に進学したり、就職したり、
そういうことが現実味を帯びてきて、
別々の道に進んでいってしまうんだなぁ~と少し切なくなったり・・・。

いつまでもこうやって楽しく遊んでられたらいいのにね・・・。

長男が小学5年生でこの家に引っ越して来た時、
長男も、我が家に来る長男の同級生たちもまだ幼かった。

部屋の中をぐちゃぐちゃにして暴れまわったり、
屋根の上に乗ってみたり、ケンカをしたり、
泊まっていく時には風呂ののぞきあいをしていつまでも騒いでいたり・・・

それが今ではなんだか一人前に見えます。
時間の流れは本当に速い・・・。

いつの日か、長女や双子たちもこんなふうに大きくなるんだよね。
その時も今みたいに笑っていられたらいいな・・・。

反抗期とか中学時代とかってやっぱり難しい。
いじめの問題なんかもやっぱり中学校が多いもんね・・・。

友達と遊んでいる当たり前の風景。
でもその当たり前の風景って、とっても大切なもの、貴重なもの。
だからこそ今、長男の周りにいてくれる友達に本当に感謝している。

夏休みって毎日昼食の用意をしないといけないので結構大変。
でも長男たちの楽しそうな姿に癒されながら、
なんとかかんとか乗り切りたいと思います(^^;)
【2012/07/30】 | 長男と仲間達 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |