スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
離婚のその後
元夫と離婚して、もうすぐ7年ぐらいだろうか・・・。

離婚してみて最初に感じたのは孤独感だった。

少しでも早くあの状況から抜け出したくて、
少しでも早く旦那から逃げ出したかったはずなのに・・・。

運動会も誕生日もお正月も行楽地へ行くのも・・・いつも2人ぼっち。
それは想像以上に寂しいものだった。

自分が寂しいというより、
長男が寂しいと感じてるんじゃないかという心配・・・。

めったに家に帰ってこない、
めったに遊びに連れて行ってくれないとは言っても、
父親がたまにでも家にいてくれることと、
もう一生帰って来ないことの違いは大きかった。

そして、一緒に生活していた頃にすべて夫のせいにしていたことが、
実は自分にも原因があったことに気づき始めた。

長男の引っ込み思案、何でも簡単にあきらめてしまうところ、優柔不断。
それは私が植えつけてしまったものだった。

でももうそんな責任を転嫁する相手もいない。
過去の失敗もこれから先のことも全部自分1人で背負わないといけない。

本当にこれで良かったんだろうかという迷いが生じた・・・。

元夫は常にベタベタしていたいタイプの人だった。
でも私はもともとベタベタするのが嫌いだった。

メールがしたいと言って夫が携帯を買ってくれたことがあったのだが、
私は「なんで夫婦でメールしなきゃいけないの?面倒くさい。」
と言って、用事がある時以外使わなかった。

夫にとって、それは「大事にされてない」ということだったのだろう。
夫が「こうしてほしい」と言うことを次々と拒否する私。

そして子供が生まれたことによって、私はますます夫をないがしろにし、
夫はますますすねてしまい、子供に怒りすら覚えるようになった。

お前が俺のことを大事にしないから、俺もお前を大事にできない・・・。

つまりはお互いに求めるものが違いすぎたのだ。

何度も何度も考えた。
あの時、自分が夫の望むような妻になれていたら、
家族3人もっとずっと長く仲良く暮らせたのだろうか・・・と。

でも・・・。
私がベタベタできないのは、決して性格的なものだけじゃなく、
昔から人に体を触られるのが嫌いだからなのだ・・・。
ある意味、病的なもの・・・。

でも、夫はそういう人の心の闇みたいなものには全く関心がない。
楽しいことやカッコイイことは好きだが、深刻な話は嫌いな人だった。

心の闇を抱えた自分が、
心の闇に何の関心もない夫と暮らすのはやっぱり無理だった・・・。


あれから7年たち、再婚し6人家族になった我が家。

長男が長女にこんなことを言っていたことがある。

「長女ちゃんたちが生まれるまで、兄ちゃん1人ぼっちだったんだぞ。

寂しかったんだぞ・・・(`・ω・´)

そして、再婚した今の旦那のことを聞いてみた時には、
「いいんじゃないの?いないよりは・・・」と言っていた。

父親がいない時期があったからこその言葉。
使い物にならなくても、頼りにならなくても・・・

いないよりはマシ・・・

私は元夫と離婚する時、
こんな父親ならいないほうがマシだと思って離婚したんだけどね・・・


人生はやり直しができない。
あの時違う選択をしていたらどうなっていたんだろうなんて、
どれだけ考えたって答えはわからない。

離婚して後悔したこともあった。
再婚してもやっぱり後悔することはたくさんあった。

ただひとつ、後悔せずにすんだことは、
長男に兄弟を作ってあげることができたこと。

2人っきりの寂しい誕生日、運動会、お正月・・・。
もうそんな思いをさせなくてもいい・・・。

この記事を書きながら、ふと
あぁ~、私の泥沼の時期は終わったんだなぁと感じました。

来年には長男は、もう高校生です。
受験に合格してれば・・・ですが(笑)
スポンサーサイト
【2012/06/05】 | うつ病と離婚 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。