スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
頑張り屋の長女
以前、「母さん、たじたじ・・・」という記事にも書いたのだが、
いち時期長女は鉄棒やうんていに夢中になっていた。

マメができようが絆創膏が剥がれようがおかまいないしでやり続けるので、
我が子ながらすごいど根性だと思っていた。

その後も、ブランコや自転車、文字、折り紙など、
いろんなことに興味を持っては努力する長女。

そして、最近のマイブームは縄跳び。
園庭で先生とやっているのをチラッと見たが、まったく飛べてないww

どうしても飛びたいというので、やり方を少しアドバイスすると、
今までまったく飛べていなかったのが1回飛べた。

そうすると長女は満面の笑み(*´∀`*)エヘッ
そして「もう1回」「もう1回」とやり続けること約2時間。

真冬だというのに・・・汗だく゜。(´Д`;;)。゜

そして最後には20回ぐらい飛べるようになった。

私も旦那も努力や根性とは無縁な性格なのに、
なんでこの子はこんなに頑張り屋なんだろうか・・・( ̄- ̄;)

長女は3月生まれなので、クラスの中でも一番生まれたのが遅い。
早い子とは1年近く離れているのだから差があって当たり前。

それでも長女は、必死に周りの子に追いつこうと頑張り続け、
今では他の子との差を感じることもずいぶん少なくなった。

長女は基本的に人を嫌わない。
いじわるなことを言われても手を出されても、その時は大泣きするが、
時間がたてば何事もなかったようにまた遊んでいる。

親からは不評な担任の先生のことも大好きで、
「先生が髪を結んでくれた」「先生がギュッてしてくれた」と
本当に嬉しそうに話す。

私は長年自分の価値観で生きてきたが、
長女を見ていると、自分の価値観が間違っていたと気づかされることが多い。

私にとって「悪」だと感じられることも、長女にとっては「悪」じゃない。
そしてまた、私にとっての「良」が、長女にとっての「良」でもない。

挨拶をしましょう。「貸して」をちゃんと言いましょう。
友達を叩いてはいけません。規則はきちんと守りましょう・・・。

親として最低限教えなければいけないとされることはたくさんある。
でも、これを徹底させようとすると問題が生じる。

だって、団体の中ではこれを守れない子がたいていいるから・・・。
この決まりを守れない子供たちが「悪い子」になってしまう。
でもその子たちは本当に悪い子なんだろうか・・・?

私は、長男が保育園の時、この壁にぶち当たって、
「そんな子たちとはもう遊ばなくいい!」と言ってしまった。
正直者がバカをみるなんて許せなくて・・・。

でも、そんな子たちを笑って許している長女を見ていて、
できない子は悪い子じゃない、今はまだできないだけなんだと学んだ。
許すことや待つことの大切さも・・・。

保育園に貼られた長女の絵には、にこにこ笑顔の私が描いてあった。
えなりやゴルゴと公園で遊んでいる絵で、
頭には大きなリボンがついていて、背景にはハートがたくさん

うつ病真っ只中で生まれた長女は、
うつとは無縁の明るく朗らかな子に育っているようです^^
スポンサーサイト
【2012/01/12】 | 長女の育児 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。