スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
アレルギー性鼻炎
ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
この1ヶ月何をしていたのかというと・・・

ひたすら鼻と闘っていました(笑)

以前、「黄緑色の鼻水(副鼻腔炎?)」という記事にも書いたのですが、
ゴルゴは黄緑色っぽい鼻水がダラダラと出続けるのです。

この時は耳鼻科でもらった薬を飲んだらすぐに止まり、
耳鼻科ってすげぇ~と感激したのですが、どうやらそれは偶然だったようで、
結局その後も1ヶ月止まっては1ヶ月出続け、
1週間止まっては2週間で出続けという状態が続いていました。

何回病院に行っても出されるのはいつも同じアレルギーの薬。
結局気管支炎になって今度は小児科。
鼻水が出るたんびに、耳鼻科に行くべきか小児科に行くべきか悩み、
結局耳鼻科と小児科を往復するはめになり、もうクタクタ・・・。

なんとかなんねぇのか・・・これ・・・il||li _| ̄|○ il||li

んで、ネットでいろいろ検索していたら、近場で耳鼻科を発見。
1年間研修した程度だけど小児科経験ありの耳鼻科の先生。
子供に対する対応も良いとのレビューが・・・。

このままずっと同じことを繰り返していても仕方がないと、
思い切ってこの耳鼻科に行ってみることにしました。
そしてこの耳鼻科が見事に大当たり

待合室は子供の遊ぶスペースがあり、診察室の中も広くてきれい。
しかも、診察のたびに毎回、耳、鼻、喉、お腹と、
ひと通りぜんぶ見てくれる。

おかげで、長女は初診で中耳炎になりかけていたのが発覚し、
薬を飲んできれいに完治。

黄緑色の鼻水が出っぱなしだったゴルゴも、
抗生物質を飲んだら嘘みたいに鼻水が止まった。
(今度は偶然じゃないwww)

しかもゴルゴは、以前の耳鼻科の時は嫌がって口も開けないし、
ネブライザーも完全拒否だったのに、
この耳鼻科に変えてから大喜びで行くようになった。

アレルギー性鼻炎なので「治った」わけではないのだが、
今までのように1日中鼻水をたらしていることはなくなり、
その都度状態によって薬を軽くしたり追加したりして、良い状態を保っている。

そして、せっかく良い耳鼻科が見つかり子供たちの具合も落ち着いているので、
私ももっと本格的にアレルギー対策をしようと頑張りました

以前からこまめに布団を干して掃除機をかけたりはしていたのですが、
もうおもいきってリビングにあったジュータンを処分し、完全フローリングに。

畳にはダニアースをし、カーテンは全部洗濯。
年末の大掃除の時ですら手をつけなかったようなとこまでひたすら掃除、掃除。
家中のホコリを退治してやるぐらいの勢いでやっていました。

双子たちが生まれてから大雑把にしか掃除できなくなったけど、
もともとは綺麗好きな私。
細かい所までやりだしたらやめられない止まらない・・・(笑)

サッシの溝とか、洗濯機の洗剤投入口とか、
掃除して綺麗になるとすごい爽快感(* ̄▽ ̄*)

誰もそんなとこまで見ないだろうから完全に自己満足の世界なんだけど、
やっぱり部屋がキレイなのって嬉しい

とりあえずは、この耳鼻科と徹底的な掃除で、
アレルギー性鼻炎の鼻水地獄から脱出したいと思いますp(*^・ェ・^*)q
スポンサーサイト
【2011/06/09】 | 長女+双子の同時育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うつ病主婦vs副鼻腔炎
子供たちのアレルギー性鼻炎とともに私を苦しめていたのが副鼻腔炎

4月の半ば頃に風邪を引いたのだが、いつまでたっても治らない。
だんだんと鼻水が喉に流れ込むようになり、咳はひどくなるは、
胸のあたりに痰がたまってるような感じで吐き気をもよおすは・・・。

普段はめったに病院に行ったりしない私だが、
さすがに今回は限界を感じ耳鼻科を受診した。

診断結果は急性の副鼻腔炎。
薬を飲めば治りますよとのことだったが、1週間たっても治らず再受診。
今度はアレルギーの薬が追加されたのだが、
これが眠気がすごい・・・(o_ _)o.。oO

ひたすら眠気と胃の痛みに耐えながら一週間。
やっぱり治らず再受診。
もうこの時点で風邪を引いてから1ヶ月半くらいたってる・・・

そしてこの数日後ようやく症状が落ち着いてひと安心していたのだが、
2~3日したらまた咳がこんこん・・・。

しばらく様子を見てみたが、日に日にひどくなるばかり・・・。
あきらめて再受診。

また前回と同じ1日13錠もの薬をちょうだいし、
はぁ~と溜め息。

鬱で通院してた時でさえこんなに飲んでなかったのにと思いながらも、
さすがにこれは飲まなきゃどうにもならん・・・と我慢の日々。

そして、病院行って2日後・・・発熱(_ _;)+生理。

なんなんでしょうか・・・これは・・・。

んで、今日は外に出かけたり掃除をしたりする元気がないので、
こうやってブログ書いてます(笑)
現在の体温は38.8℃。

JAM projectに元気をもらいながら、今日もなんとか生きてます。。。


【 Rocks 】 JAM Project
【2011/06/09】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
こんにちは、さようなら。
中学校に入った頃からよく家に遊びに来るようになった「ちびてん君」。
長男は小学5年生の時に転校してきたが、
ちびてん君は6年生の時に転校してきたらしい。

このちびてん君、とっても警戒心が強いのか、
家に来ても他の子のようにリビングには入らず、
すぐに2階の長男の部屋に行き、ほとんどの時間をそこで過ごす。

いろんな性格や考え方の子がいて当たり前なので、
私としては、長男と仲良くしてくれているのならそれで十分と思い、
特に無理に話しかけるわけでもなく、気遣うわけでもなく・・・。

でも、そのうちだんだんと気がつけばリビングで過ごす時間が増え、
長女や双子がまとわりついている姿がみられるようになった。

遠慮することを知らない長女やえなり三男は、
「ねぇねぇ~遊ぼう」と強引に引っ張ったり、膝の上に乗ろうとしたり

最初はどうしていいのかわからず、
「どうすればいいの?」と長男に助けを求めていたちびてん君。

でも何度も家に来るうちに、気がつけば皆の名前を覚えていた。
困惑しつつも、ほんの少し遊び相手をしてくれたり・・・。

そしてある日、長女とゴルゴがケンカになって押し合いっこが始まった時、

「コラッ!ダメでしょ!

と、怒鳴っているちびてん君の声が聞こえた。
危ないことをしようとしたので思わず怒鳴ってしまったようだった。

どうでもいい相手だったり嫌いな相手のことだったら放っておくはずなのに、
このままいくと危険だと察知して、無意識に助けようとしたのだ。

なんか、「情がわく」ということを目の当たりにしたような気がした。

その後は、最初の頃に警戒していたのが嘘のように、
家で飼っている犬を連れてきて長女たちに見せてくれたり、
一緒に公園で遊んでくれたり、お土産を買ってきてくれたり・・・。

時には怒ったり、時にはからかったりしながら、
まるで自分の兄弟のように皆を可愛がってくれた。

たまにひょこっと我が家に泊まっていったり、
普段は滅多に他人の家に泊まりに行かない長男も、
ちびてん君の家には泊まりに行った。

このまま良い関係が続くのかなと思っていたが、
数日前に、長男がいきなりこう言った。

「ちびてん、また転校するんだよ」

今の場所に引っ越してきて約3年。
お父さんが3年ごとに引越しをするような職業なのかな・・・?

距離的には、隣の県に引っ越すだけなので、
大人だったら車で高速を使えば行けない距離ではない。
でも、自転車しかない中学生では、気軽に会いに行くこともできないよね。

携帯で連絡できるとはいっても、
毎日会えてた頃に比べたら共通の話題も減っていく。

せっかく仲良くなっても転校、転校の繰り返し・・・。
家庭の事情なので仕方ないのだが、
なんか・・・とても切ない気持ちになってしまった。

今はまだ身長が低くて幼いイメージがあるけど、
来年、再来年にはぐんと大きくなっているのかな・・・。

相変わらずお菓子ばっかり食べているのかな・・・。

転校した先で、また仲の良い友達ができるといいな・・・。
【2011/06/24】 | 長男と仲間達 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。