スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
うつ病母ちゃんと大掃除
明けましておめでとうございます。
年末はなんだかバタバタと忙しく、すっかり更新が滞ってしまいました。

今回の年末は珍しく良い感じで大掃除ができました。
うつ病になってからというもの、やろうと思ってもできないことは数知れず、
毎年年末の大掃除も何も手が付けられずに終わることが多かったです。
でも今回は、少しでも前進するためにやり方を少々変えてみました。

とにかく細かいところは見ない

大掃除に限らず、普段からそうなのですが、
私は、誰も気づかないだろうと思うぐらい小さな小さな汚れまで、
目に付いてしまうと気になってしょうがないんですよね

それで狂ったようにその小さな汚れを取ることに執着してしまうので、
アホみたいに時間だけがかかって、
全体的に見るとどこを掃除したのかまったくわからないという・・・(笑)

それで今回は、とにかくできるだけ広い範囲を掃除することを目指しました。

まずは家全体の埃を払い、拭き掃除。
カーテンレール、エアコン、冷蔵庫の裏、窓・・・。

今までだったら、ちゃんと汚れが取れてるかどうかチェックするところだけど、
拭いたらおしまい、もう見ない(- -)

台所も、小さな油汚れまで取ろうと思ったらすごく時間がかかるけど、
これもササッと拭いて取れないものは放置。
「遠目に見れば、誰も気づかないぞ!」と自分に言い聞かせる(- -)

見事に家は日に日にキレイになっていきました。
細かいところは汚れていても、全体的に見るとなかなかキレイ

うむ・・・こうやってやったほうが掃除したって感じがあっていいかもね、
・・・なんて自己満足に浸っておりました。

ところが、ほとんどの掃除を終え、何気なく玄関へ向かうと、

そこには恐ろしい光景が・・・Σ(゚Д゚|||)

つい数日前掃き掃除をし、整理整頓したはずの玄関に、
あるはずもないトイレットペーパーの山。
しかも半分ぐらいは紙が引っ張り出されてぐちゃぐちゃ・・・。

そしてこれまた玄関にあるはずがない枕が3つ。
そしてその枕の上には投げ捨てられた補助便座、掃除道具・・・etc。
見事に玄関全体が物で溢れかえっていました・・・。

犯人は間違いなくこいつら⇒(長女+双子)

・・・まぁ・・・そんなもんさ・・・掃除なんて・・・il||li ○| ̄|_ il||li
せっかく片付けたって半日もすりゃあ元通り。
布団干した当日に、布団の上でおもらしなんて当たり前。
そうそう・・・そんなもん・・・。

でも・・・でも・・・

ぐおおおおっ???!!!щ(`皿´щ)

今年も強烈なストレスと戦い続けるうつ病母ちゃんでした。
スポンサーサイト
【2011/01/05】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思春期だねぇ?( ̄∀ ̄)
最近、タカアンドトシやオードリーがやっている、
「これってアリですか?」という番組を時々見ている。

「拝啓 15の俺へ」というコーナーは、
思春期(反抗期?)の親子のやりとりがいろいろ見られて面白い。

雨がザーザー降っているからと、心配した母親が出してくれた長靴やカッパ。
それを「いらねぇんだよ!」と投げ捨てる息子。

だんだんと格好を気にするようになってくると、
長靴やカッパはダサく感じられて、確かに使いたくないよな・・・。
自分も中学や高校の頃は、使わなかった気がする。

でも、母親となった今、
濡れたら風邪をひいてしまうから・・・と心配する気持ちもすごくわかる・・・

練習試合の時に大きな声で応援されるのが嫌、
手作りのおにぎりを持ってこられるのが嫌、
友達に自分の格好悪い話をされるのが嫌・・・。

それまで無条件に親を愛し必要としていたはずの子供も、
思春期になると親のやることなすことに不快感を抱いてしまうようになる。
難しい年頃ですね。

前回の話では、幼稚園時代に描いた絵を懐かしそうに見ている両親に対して、
「いつまでもそんなもん持ってんじゃねぇーよ!」と、
その絵を娘が破いてしまうという話がありました。

ゲストの芸人が、「俺、こんなことされたら気絶する」と言っていましたが、
ほんと、そうかもしれません。。。

うちの長女も今保育園でいろんな絵を描いています。
お父さんの顔、お母さんの顔・・・とっても嬉しそうに・・・。

でも、それがあと10年もたてば、
こんなふうにウザがられるのかと思うと寂しいですよね

我が家の長男は現在13歳。
まだ本格的な反抗期には入ってなさそうですが、
やっぱりカッパや長靴は履かず、雨の日でも濡れて行ったりします。
くそ寒い日に、制服のボタンを全開にして帰って来たり・・・(笑)

この番組を一緒に見ながら、「そこまで怒らなくても・・・」とか、
「なんでそんなことするの?」とかって笑っていたりしますが、
結構同じ事やってたりするんだよね、自覚がないだけで・・・( ̄m ̄)ぷぷっ

我が家の場合、長男と長女ではかなり歳が離れている。
言ってみれば、人生の中で最も可愛い時期と、
最も可愛げのない時期を同時に迎えるようなもの!?

長靴をキャッキャキャッキャ言いながら履いているチビたちと、
「こんなもん履けるか!」と投げ捨てる息子が一緒にいるわけです(笑)

だからこそ、赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんじゃないんだということを実感し、
可愛がれるうちにしっかり可愛がろう、
抱っこできるうちにたくさん抱っこしておこうと思う。

そしてまた、長女や双子たちがなかなかできないことがあっても、
大きくなれば自然にできるようになるわ・・・とか、
そんなことぐらいできなくたってなんとかなるわと、
でーんと構えていることができるようになった。

思春期の中学生と、反抗期の保育園児との生活。
毎日がぐったりですが、得るものもとても多いです(^ー^)
【2011/01/25】 | 長男のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。