減薬、断薬について
減薬や断薬をする時に、皆同じ壁にぶつかると思うのですが、
苦しくなってしまった時にもう一度よく考えてほしいのです。

うつ病になってから今日までの間で、断薬をした今が本当に一番ツライですか?
今まで薬を飲んでた間、今と同じ状態になったことはないですか?
薬を再開したら、もう二度と同じ苦しみを味あわなくて済むと思いますか?

薬を再開すれば、毎日が明るく、やる気や希望に満ち溢れ、
どんな労働にも苦痛にも耐えられるようになる気がしますか?

毎晩ぐっすり眠れるようになりますか?


タバコや麻薬をやめる時のことをちょっと想像してみてください。

タバコを吸っていた人が禁煙をするととてもイライラします。
それは、今までタバコによってイライラが抑えられていたということなのでしょうか?

麻薬をやっていた人が麻薬をやめる時にもがき苦しむのは、
今まで麻薬によって正常な状態を保っていたということなのでしょうか?

タバコや麻薬は、人が生きていくためにどうしても必要なものですか?

続けるのがいいのか、やめるのがいいのか、
答えはわかっているのにやめられない。
要するに、ニコチン中毒だったり薬物依存ですね。。。

今、毎日双子や長女を見ていて思うんです。
誰が教えたわけでもないのに、夜明けとともに目を覚まし、
毎晩同じような時間になると眠くなる。

でも、夜行性の動物はそうじゃないですよね?

結局、どうあがいても私たちは人間で、夜行性動物じゃない。
それなのに、その本来の生活から外れすぎている。

それじゃあ壊れて当たり前だと思いませんか?

明るい時間に活動し、栄養のある物を食べ、たっぷり睡眠をとる。
人間が健康でいるために必要なことは昔から何も変わらない。

変わったのは自分のほうです。。。

自分を取り囲む環境・・・自分を苦しめる人たち・・・。
自分を縛り続ける苦しい過去の記憶。
どれだけ薬を飲んだって、それらはなくなりません。

自分にとってどうあることが一番いいのか、もう一度よく考えてみてください。

うつ病はもともと波のある病気です。
今の苦しみの本当の原因は何ですか?

本当に薬をやめたせいですか・・・?

断薬による離脱症状と、自分の本来の症状を混同してはいけません。
本当のあなたはもっと健康なのかもしれないですよ・・・。


「笑う門にこそ福は来る」へつづく
【2009/09/01】 | うつ病奮闘記⑥ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
笑う門にこそ福は来る
私の周りには、ほんのわずかですがうつ病が治った人がいます。
完治と宣言するのが難しい病気なので、あえて完治とは言いませんが、
身動きがとれなくなったり会社を休むようなことがないような状態です。

その人たちに共通していることは、環境が変わってるということです。

過剰な労働や人間関係など、仕事が原因でうつになった人は、
職場を変え、仕事に生きるのではなく休日を有意義に過ごすように。

育児が原因でうつになった人は、趣味を見つけ、友達関係を広げ、
自分自身の時間を大切にするように。

私の旦那もお気楽に見えますが、
実は20代の頃にパニック障害になったことがあるそうです。

仕事で認められたい、一人前の社会人として認められたい・・・。
必死になって仕事に明け暮れた結果、電車に乗れなくなってしまったと。

それで旦那は仕事のために体を壊すなんてバカらしいと悟ったそうです。
とっとと仕事を辞め、あっちをフラフラこっちをフラフラ・・・。

貯金が無くなったら、また仕事を再開し、
ある程度お金が貯まったら、また仕事を辞めてフラフラ・・・
私と知り合った頃には、見事に超テキトーな人間になっていました(笑)

でも、そのおかげかパニックの発作を起こしている姿など一度も見たこともなく、
ごくごく普通に今は電車で通勤しています

うつ病やパニック障害になると、「元の元気な自分に戻りたい」と思いがちですが、
元の自分とは決して元気で力に満ち溢れているわけではなく、
精神的な病になる要因をたくさん抱えた状態で爆発寸前です。

自分がどんなことに不満を抱いているのか、
どんなことが苦痛で、本当はどんなふうに生きたいのか・・・。
その答えは自分にしかわかりません。

「家族のため」「子供のため」という言葉はよく聞きますが、
イライラカリカリしているだけで笑わない人のそばにいても、
幸せを実感したり感謝の気持ちを抱いたりすることはなかなかできません。

あんなに頑張ったのに・・・こんなに苦労したのに・・・
そんなことは誰も望んでいないんです。

生きる道は決してひとつではありません。
北海道の人が沖縄に行けば、そこは暖かな楽園だし、
沖縄の人が北海道に行けば、そこは一面真っ白で幻想的な世界。

せっかくこんな広い地球に生まれたのに、
ちっぽけな世界しか知らずに死んでいくなんてもったいない。

自分にとって安心できる場所をもう一度探してみませんか?
自分にとって苦しくない生き方をもう一度考えてみませんか?


「運動会と離人感」へつづく
【2009/09/02】 | うつ病奮闘記⑥ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |