うつ病主婦とブログ
私はうつ病になってから何度かブログを書いているが、どれも長続きしなかった。

最初に書いたのは、今の旦那と再婚した頃。
ごくごく普通のうつブログで、その日の体調や診察の様子などを書いていた。

それは、やはりうつ病という得体の知れない病気になり、
どうすればいいのか、自分はこの先どうなっていくのかという漠然とした不安や、
また周囲からの理解を得られない孤独感からだったと思う。

ブログを書き始めると、同じような境遇や不安、症状を持った人との交流が持て、
自分だけじゃなかったんだという大きな安心感が得られた。

当時から、うつ病を治すために努力している人のブログもチラホラあったが、
私はそういう人のブログには目もくれず、
ひたすら落ち込みどん底の人とばかり交流を持とうとしていた。

なぜか・・・?

元気になったという人はそれだけ症状が軽かったんだという勝手な偏見。
きっと環境が恵まれてるから良くなったんだというねたみ。
まったく、見習おうとか、真似してみようという気持ちにはなれなかった。

また、不思議と、「こうしてみたらどうですか?」という
親切なアドバイスもわずらわしかった。
治したいと思っているはずなのに不思議なものだ。

でも、こういったことに心当たりのある人は多いと思う。

例えば、支えてくれている家族が
「たまには気分転換に散歩でもしてきたら?」と言う。
あるいは、カウンセラーが、「軽い運動をしてみてください」と言う。

その言葉を素直に聞けただろうか?

せっかく病気を治すためにアドバイスしてくれてるのに・・・。
必要なことだから言ってくれているのに・・・。

できるわけない・・・
なんにもわかってないくせに・・・
など、とりあえず反発する気持ちが出ていたんではないだろうか。

結局この時期って何を言われても気に入らないのだろうと思う。

そういう時はひたすら落ち込み、たくさん同情してもらえばいい。
また、それが必要な時期なのだと思う。

私は、何ヶ月かそういう生活を続けているうちに

本当にこのままでいいんだろうか?

という気持ちが湧いてきた。


「1度目のブログ中止」へつづく
【2008/11/12】 | うつ病主婦とブログ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
1度目のブログ中止
うつブログで毎日毎日書き続ける、愚痴や過去の恨みつらみ、ツライ事・・・。
自分の気持ちを言葉で表現するのは大事なことだと聞いたりもしていたが、
だんだんと違和感を感じるようになってきた。

こんなことをしていて治るのだろうか・・・?

1日でも早く治したいと思っているのに、全然前に進んでいる気がしない。
それどころか、せっかく自分が調子が良くなってきた時でも、
交流相手が不調だとその波に引きずられてしまうこともあった。

悪い言い方をすれば、足の引っ張り合い・・・。

皆きちんと通院して、服薬して、カウンセリングを受けているのに、
なぜ治らないのだろうか?

本当にこのままでいいのだろうか?

ブログやネットにのめりこめばのめりこむほど、
外の世界に出ることが難しくなっていってる気がする・・・。

当時、ブログで知り合った人々。
1日に何十錠も薬を飲み、もっといい医者を求めて病院を転々とし、
それでも何年も治らない・・・。

仕事もしていない、親と同居しているから家事もしていない、
子供がいないから育児をする必要もない。
・・・でも治らない・・・。

なんで・・・?

充分に休養とって、服薬しているのに・・・。

疑問が大きくなればなるほど、ブログを続けていることが虚しくなり、
結局やめてしまった。

でも、ブログをやめたところで当時の自分はなんの答えも持っていなくて、
相変わらず現実の世界はとても生きづらく苦しかった。

何をすればいいのかわからない・・・(-_-|||)


「うつ病主婦の妊娠ブログ」へつづく
【2008/11/14】 | うつ病主婦とブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うつ病主婦の妊娠ブログ
1度目のブログを書いていた時に気になっていたのは、
うつ病でも妊娠を望んでいる人が意外に多いこと。

その頃は自分がまた妊娠するなんて思ってもみなかったし、
育児のツラさもうつ病のツラさもわかっているがゆえに

うつ病で妊娠なんて無謀すぎる!!(@д@)

と、正直思っていた。

薬をやめられないどころか、少しツラくなるとすぐに頓服、増薬・・・
そんな精神状態でどうやって子供を育てるつもりだ?

普通に健康な人でさえ育児は地獄だ

昼も夜もなく、授乳だオムツだ・・・
買い物だろうとなんだろうと常に子連れで行かなくちゃならない。
気分転換に友達に会ったって、ぐずぐず泣かれたらおしゃべりだってできない

反抗する・・・暴れる・・・騒ぐ・・・散らかす・・・

子供を産み育てたことがない、または産めない状況にあるから
子供を天使だとでも思ってるのか?
子供さえ生まれれば幸せになれると思ってないか?

甘いよ!!!

子供が急に具合悪くなったら?
今みたいに「動けませ?ん」なんて言ってられないよ

「人に会うのが苦痛」??
じゃあ誰が病院連れて行くんだ?

ご飯は?風呂は?傷の手当ては?学校行事は?

できるわけねーだろ

・・・と、そこまで極端なぐらいにうつ病での妊娠を否定していたわけです。。。

・・・が、そんな自分が妊娠してしまった・・・(-_-;)

上記のように思っていたわけだから当然簡単に産むなんて決断は出なかった。
( 「うつ病と妊娠?」参照 )

ネットで検索しても「産後うつ」は載っていても、

「うつ病で妊娠、出産、楽しく育児やってますv(^∀^)v」

・・・なんて記事は当然載っていない。。。


不安・・・不安・・・不安・・・


・・・そんな不安で再びまたすがりつくように2度目のブログを再開した。


「うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ誕生」へつづく
【2008/11/15】 | うつ病主婦とブログ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ誕生
うつ病で妊娠した記事を書き続けていればそのうち
「私もうつ病で出産して、育てていますv(^∀^)v」
なんて人に出会えるかもしれない・・・

少しでもラクになる方法や、病院のことや、産後のことや・・・
何か教えてもらえるかもしれない。
かすかな期待・・・

でも、誰もいなかった・・・(T_T) 不安倍増・・・

そればかりでなく、日に日に病状は悪化を辿る・・・
ツライ・・・ツライ・・・ツライ・・・

妊娠6ヶ月頃、「もう堕ろせない」という現実が更に大きくのしかかった。

堕ろせなくなればあきらめもつくだろうと思っていた。
でも、それは「とんでもないことをしようとしているのではないか?」
というどうしようもない不安に変わった。

もう引き返せない・・・

問題を解決する方法はただひとつ・・・

自分が死ぬ・・・

そんな精神状態なので、当然ブログは続けられなかった。
半狂乱になりある日突然削除してしまった。
もう何もかもがどうでもいい・・・。

時には暴れ、時には廃人のようになり、いつ死んでもいいような状態。
でも、そんな無茶苦茶な妊婦時代をなんとか乗り越え無事出産。

明るく楽しく元気に育児やってます・・・とは到底言えない。
相も変わらず天国と地獄の繰り返し。。。

でも産んだことを決して後悔はしていない。
だからこそ、今ここにこのブログがある。

けなすも良し、笑うも良し。
ここには専門的な知識は何も書いてない。
ほとんどが私の心の中の叫びや、独り言。

でも、うつ病で妊娠、出産、育児をすることの真実の姿がある。
私は今日もこの手に我が子達を抱いている


⇒うつ病での妊娠出産を知りたいという方はこちら≫「長女の妊娠・出産 」
⇒うつ病主婦のことをもっと知りたいという方はこちら≫「うつ病主婦になるまで」
【2008/11/16】 | うつ病主婦とブログ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |