FC2ブログ
生まれ持ったもの
今年の春にハムスターを飼い始めました。

子供たちは本当はネコを飼いたがっていたのだけど、
金銭的なことやアレルギー、外出時にどうするかなど問題が多く、
最後まで責任持って飼えるかどうか考えたらやっぱり現実的に難しく、
数年悩んだ挙句のハムスターでした。

子供たちは大喜びで、可愛い可愛いとのぞき込んだり、触ろうとしたり・・・。

でもハムスターは犬や猫とは違ってなつかないんですよね(^ω^;)
当然のことながら指をガブリ・・・・

飼う前にネットでいろいろ情報収集はしていたものの、いざ飼い始めてみると
トイレがうまくいかなかったり、狂ったようにケージ噛んでたり、エサ食べなかったり、
なかなかうまくいきません・・・

むむむ・・・こりゃ子供たちは興味をなくし、最終的には私だけが世話をし続けるという、
よくあるパターンになっちゃうのかもね・・・(´=ω=`)
まぁ・・・それは覚悟のうえで飼い始めたわけだから全然いいんだけど・・・・w

とりあえずは、ハムスターを安心させるところから始め、
触りたくてものぞきたくても我慢我慢・・・(`ェ´;)

ケージの大きさや巣箱の種類、配置やエサなど、
少しでもハムちゃんがストレスなく過ごせるように悪戦苦闘の日々・・・。

そして1か月過ぎた頃ぐらいからハムちゃんは噛みついてこなくなり、
外の気温が上がるにつれて、
巣箱から顔を出して寝るようになってきました。
ちょっとずつ、ほんとにちょっとずつ・・・。

ハムスターは寿命が2年ぐらいと短いので、
写真は撮らないようにしておこうと決めていました。
なんとなく死んでしまった時に悲しくなってしまう気がして・・・。

でもある日、安心しきったような顔で寝てる姿を見てしまい、
もうそれがあまりにも可愛くておもわずパシャリ

ハムちゃんのほうも、ひっくり返ったような格好で丸まって寝たり、
ビロ~ンの伸びて寝たりいろんな格好するようになったので、
もうそっからは子供たちも参戦して写真も動画も撮りまくりwwwwww

最初の頃の、噛みつかれたらどうしようなんて不安はどこへやら、
部屋の中を散歩させたり、ダンボールに仕切りをつけて遊ばせてみたり、
もうすっかり皆ハムちゃんに夢中です(笑)


数々の失敗を繰り返しながらハムちゃんのお世話をしてきて、
ハムちゃんのお世話と子育ては共通するものがあるなぁ~と感じました。

飼い主がどれだけハムスターを犬や猫のように育てたいと思っても、
ハムスターにはハムスターの本能や生まれ持った性質があるわけで、
やっぱり犬や猫のようにはならない。

犬や猫は愛情を与えれば与えた分だけ返してくれるのかもしれないけど、
ハムスターはいっさい返さないしね(*≧m≦)ププッ

巣箱からフラフラ出てきて、寝ぼけた顔でエサをむしゃむしゃ、
「おはよー」と声をかけてもガン無視w

カサカサ音がするな~と思ってケージをのぞくと、
猛スピードで逃げて行ったりwwwww。゚(゚^∀^゚)゚。

でも本人にとってそれが幸せならそれでいいんですよね。

子育てしてるとついつい自分の価値観や理想を押し付けてしまいがちになる。
本人の生まれ持った素質や好みや適性や
そういうもの全部無視して自分の作り上げた枠にはめてしまいそうになる。

でもハムスターが犬や猫になれないのと同じように、
子供も親の理想通りの人間にはなれない。

親にとっての理想的な子供像にはめるのではなく、
子供にとっての理想的な将来を一緒に考えたり探したり・・・。
それが親の役割なのかもしれませんね。

我が家は今夜もハムちゃんの回し車の音が鳴り響いています
【2018/09/07】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
命の値段
先日子供たちとペットショップをのぞいていた時のこと。

まだ入荷したばかりの小さなハムスターに紛れて、
売れ残りのハムスターが・・・。

「大きくなってしまったため、980円から680円に値下げ」
と書かれてありました。

おもわず長女が
「値下げって・・・・・・なんかひどい・・・・・・(´;ω;`)」

今まであんまり深く考えたことなかったけど、
980円の命って・・・・安すぎるよね・・・。

980円でも安いのにさらに300円値下げされた命・・・。

「生きてる」という意味では、
人間もハムスターも一緒なのにね・・・。

勝手に繁殖させて、勝手に狭いケースに閉じ込めて、
売れなかったからといって勝手に処分する・・・。
なんだかなぁ・・・・・。


少し前に、ペットショップで売れ残っている犬を
10,000円で購入したという方の記事を読みました。

売れ筋の犬に比べると毛の色がいまいち(!?)とかなんとかで、
いつまでたっても売れなかったそうで・・・

犬や猫なんて10万、20万が当たり前ですもんね。
高いお金を払って買うなら、
少しでも見た目が気に入ったものをっていうのは理解できる。

私たちだって、たくさん並んでいる中から
今我が家にいるハムスターを”選んで”購入したわけだし、
だからどうやったって売れ残りが出てしまうということも・・・。


売れ残った犬や猫たちはどうなっちゃうんだろ?

ふとそんな疑問を抱いて調べてみたけど、
結果はとても気分の沈むような内容でした・・・。

仕方がないよね・・・。

かわいそうだからって、全部の動物を引き取って育てるなんて不可能だし、
売れ残って大きくなってしまった動物ばかり店頭に並べてたって
お店の経営が成り立たない。

仕方がない・・・。
仕方がないけど・・・なんかモヤモヤする・・・。


少し前に、我が家のハムスターの耳の中が腫れていたので、
ハムスターが診察できる病院を探して連れて行きました。

1回目の診察は薬を塗ってもらって¥1,000
2回目は処置をしてもらったので¥2,000かかりました。

治療費だけでハムスター3匹ぶんの値段。
なんだかとても複雑な気分です。。。

でも治療の甲斐あって、すっかり良くなりました。

たった2年かそこらしか生きられない980円の命。

でも、大きなあくびしてたり、無心に床材掘りまくってたり、
寝ぼけた顔でエサ食べてたり、大慌てでトイレに駆け込んでたり・・・w

そんな何気ない姿を見るたびに、
ハムちゃんも生きてるんだよね~って実感する。

たった2年しかないからこそ、
少しでも多く幸せな時間を過ごせるといいな。

我が家に来て良かったって思ってもらえたらいいな。
【2018/11/01】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
またモヤモヤ
もう何か月も前になりますが、飼っていたハムスターが死んでしまいました。
もともと寿命の短い生き物なので覚悟はしていましたが、
死んだ後のツラさは想像以上のものでした。

ついいつもの習慣で、何してるかな?と小屋のほうをのぞいたり、
ハムちゃんの大好きなブロッコリーや巣作りに使うキッチンペーパーなど、
まだあったかな?と確認しようとしたり、買い物の時に買おうとしたりして、
その度に、あ・・・もう居ないんだったと気が付いて泣けてしまう・・・。

今まで、自分の父親や祖父など身内の死を体験したことがありましたが、
特別悲しいと思ったことはなく、涙の一滴も出ない・・・、そんな私でした。

でもハムちゃんが死んでしまった時には、
その死をどうやって受け止めたらいいのかわからず、
ただただ悲しみにくれてしまいました・・・。

大切なものを失うというのは、こんなにも苦しいものなのか・・・。
今更ながら、そんなことを実感したのです。

気が付くと動物の写真や動画ばかり観て癒されたり溜め息をついたり・・・。

そんな生活がしばらく続いたある日、いろんな動画を観ているうちに
保健所で処分される犬や猫の動画に辿り着きました。

保健所で処分される犬とかって、ものすごく怖くて人に噛みついたり、
狂暴過ぎて危険だから処分されるものだと勝手に思い込んでいたのですが、
動画に映っていたのは、ごくごく普通の犬たちでした。

ツイッターで大人気!とか、youtubeで話題沸騰中!とか、
そんなふうにチヤホヤされててもおかしくないほど、
狂暴とはかけ離れたごくごく普通の可愛らしい犬たち。

そんな犬たちがまるで生ゴミでも処理するかのように処分されていく・・・。

え?これって命だよね?ゴミじゃないよね?

猫も同じ。大きい猫だろうが小さな子猫だろうが関係なしに、
ゴミ収集車にゴミを投げ込むように、死体が回収され焼却されていく。

なんだこれ?なんなんだこれは?

現在はそんな状況を少しでも改善しようと、野良犬や野良猫を保護し、
病院に連れて行ったり、里親を探したりしている団体が多数あるようで、
昔に比べたらかなり処分数は減少しているようです。

それでもまだ平成29年度の殺処分数は、犬8,362頭、猫34,865頭。

私は数字に弱く、この数を見てもピンとこなかったので、
ちょっとこれを人間として想像してみました。
子どもたちの通う学校の生徒数は約700人。

700人って結構多いと思うのですが、
つまりは、学校にいる全員殺しても全然足りない数ってこと。
なんというおぞましい光景でしょうか・・・!
いったい何個の学校全滅させたらいいの?ってぐらい・・・。

しかもこれ1年間の数字ですよ!!!
毎年毎年同じことが行われているってことですよね。
考えただけでゾッとします。

もちろん、人間と犬猫では繁殖の仕方が違うので
比べること自体おかしいとは思うのですが、
どちらも生きているという意味では変わらないですよね。

人間はどんなにひどい罪を犯しても、最低限の生活や医療が保障され、
口のきけない犬猫は意見を聞かれることもなく殺されていく。

なんだかやりきれません・・・。

もちろん、綺麗ごとだけを言うつもりはありません。
犬や猫はかわいそう・・・・じゃあ、牛や豚は?鶏は?
かわいそうじゃないの?毎日食べてるよね?

・・・・そうなんです。答えが見つかりません。
肉を食べるのをやめればいいのでしょうか・・・?
命をいただいてることに感謝して食べればいいのでしょうか・・・?

どれだけ考えても答えが見つかりません。

あぁ・・・モヤモヤする~~~~!
【2020/01/08】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思いがけない方向へ・・・w
先日の記事の続きです。

モヤモヤした気持ちを解決する術もなく、ただただ過ぎていく日々。
ただ明確な答えはわからないながらも、野良で生きていくことが
どれだけ過酷なのかということだけはわかりました。

数年前までは家の周りにもよく野良猫が歩いていて、
発情期ともなるとものすごい声が聞こえてきたものでした。

声だけならまだしも、ご近所さんなどは度々糞尿の被害にあっていて、
石を投げたり、怒鳴り散らしたりする姿も見たことがあります。

我が家も二年前ぐらい前に近所の飼い猫が頻繁に来てた時期があり、
何日かにいっぺんペースでもかなり強烈なニオイがしたので、
これが毎日となると、怒鳴りたくなる気持ちもわかります・・・

猫ちゃんたちに悪気はないけど、糞尿はやっぱり困る・・・

そんなふうにあちこちで怒鳴られたり、物を投げられたり、
虐待目的で近づく人たちもいれば、他の生き物に襲われたり、
交通事故に遭ったり、危険と隣り合わせの生活・・・。

野良猫は自由気ままでいい・・・なんていうのはちょっと違うのかも・・・。

そんなふうにぼんやりながらもいろんな情報を読みあさるうちに、
身近にも野良猫の保護をしている団体があるということを知りました。

でもこういうのをやっている人って本気で動物愛に溢れている人で、
確固たる信念みたいなのを持っている人たちで、
私みたいに何が正解かもわからないような中途半端な人間とは
きっと別世界の住人なんだろうな・・・・

そう思いながら団体のホームページをのぞいてみると、
活動の内容や里親募集などの他に、ボランティア募集のページもありました。

「無理をせず、できそうなことから始めてみませんか?」

その文章になんだか救われた気がして、メールを送ってみることにしました。

子供たちが猫を飼いたがっていたが、娘にダニとホコリのアレルギーがあり、
飼うという決断がずっとできずにいたこと。
私も旦那も子供の頃に猫を飼っていたことがあるが、
どちらも放し飼いだったため完全室内飼育の知識がまったくないこと。
何の役にも立てないかもしれないが、何かできることがあれば・・・と。

今までこういう活動はしたことがないし、
何の知識も経験もないので返事が来ることなど期待していなかったのですが、
数週間後代表の方から返事が来ました。

現在の状況などを確認し、「預かりボランティアをやってみませんか?」と。
里親さんが見つかるまでの間、保護した猫を預かるボランティアです。

成猫の場合は避妊、去勢手術をしてもと居た場所に帰す場合もありますが、
子猫の場合は冬の寒さを乗り越えられず死んでしまうことも多いため、
出来る限り保護して里親さんに繋げているとのこと。
しかし飼育する場所が確保できなければ保護することができないという現状。

猫は1年に2~3回発情期があり、一度の出産で4~5匹ほど生まれるようです。
確かにこのペースで増え続けていたら保護するにも限界がある・・・。

不安もありましたが、短期間であるということや、
わからないことや困ったことがあればサポートしますとの温かいお言葉。

娘のアレルギーについても理解を示してくれて、
「実際に一緒に生活してみないとわからないですもんね。
もしアレルギーが出た場合には引き取りに来ますから、
お試ししてみるぐらいの気持ちでも全然大丈夫ですよ。
短期間預かってくれるだけでも本当に助かりますので。
無理をするのではなく、可能な範囲でできることをやりましょう^^」
と言ってくださりました。

猫を飼うのではなく、里親さんへ繋げるためにお世話をする。
今まで考えたこともありませんでしたが、確かにそれも大事な役割だ。

我が家の空いているスペースを使うだけで救われる命がある・・・。

私のように長年死ぬことばかりと向き合ってきた人間が
命を助けるなんてなんともおこがましい気もするし、
相変わらず思考が迷走している中でボランティアなんて
ほんとにいいんだろうかと思ってしまうのですが、

「無理をせず、できそうなことから始めてみませんか?」

・・・そうだよね、答えなんかわからなくたって、
今、目の前にできることあるのだから、やってみればいいんだよね。。。


子供たちに「猫を預かってみようと思うんだけど」と話してみると、
「猫来るの?」「猫飼えるの?」と子供たちは無邪気に大喜びwww

いやいや飼うんじゃなくて、預かるだけだしwwww
里親さんが見つかるまで責任持ってお世話しないと・・・

・・・・て、子供たちすでに舞い上がってて話聞いてない・・・・


そんなこんなで慌ただしい我が家に、突然猫がやってくることになりましたw
【2020/01/09】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子猫と赤ちゃん
猫を預かるにあたり、とりあえず掃除と簡単な配置換えをし、
空気清浄機を購入しました。

預かることになったのは生後半年のオス猫。
小さい子猫を想像していたのですが、思ってたより大きく、かなり活発!

部屋の端から端まで何往復もザザザザーと駆け回り、
棚の上などもタタタタタピョ----ンと駆け抜ける!!!!
初日からカーテンレールの上まで上がられてしまい軽くパニック!

ぬおぉぉぉぉお~~~っ!これは想像以上に危険だらけだわ!
ってことで、ケガしそうなものは次から次へと移動移動・・・。
猫の動きを予想して、ああしてみたりこうしてみたり四苦八苦

あ・・・なんだかこれって、子供たちが赤ちゃんだった頃と似てるかもwww
あの時も危ないものや小さいものを高い所に移動させたり、
ベビーゲートや扉をガードするやつとか使って苦労してたっけ・・・( *>艸<)

赤ちゃんの場合はほんとになんでもかんでも口に入れちゃうけど、
猫の場合は生後半年でも食べれるかどうかは判断してるっぽいですね。
ニオイをクンクンかいでポイッ。有能ですwww

そして、おしっこやウンチはちゃんとトイレでしてくれるし、
ケージに入れておけば、きちんとお留守番もできる。
ご飯だって、朝昼晩同じもの出しても文句言わないし、
こうやって比べてみると、結局人間の赤ちゃんが一番手間がかかるかも(笑)

せっせせっせとトイレトレーニングして、
どこへ出かけるにも連れて歩いて、
一生懸命作ったご飯も「嫌だ嫌だ」で食べてもらえなかったり・・・

おもわずカーッとなって怒鳴ったり叩いたりしたくなるけど、
それをやってしまうと逆効果になってしまい、どんどんドツボにはまる

猫もしつけようとして怒鳴ったり叩いたりを繰り返していると、
身の危険を感じて攻撃的になるそうですね。

人間だろうが猫だろうが、成長するためには愛情が必要ということでしょうか。
ほんと私、子育てよく頑張ったよなとしみじみ思う。。。( *>艸<)


我が家に来た頃は暴れん坊だった子猫ちゃん。
結構な力で噛みついてくるし、爪が伸びていたこともあり、
あっという間に私の腕は傷だらけに・・・

それでも根気よく相手をし、途中去勢手術や爪切りなどもし、
最近では噛みつく力加減もずいぶんと優しくなりました^^

接し方がわからなかった子供たちも経験を積んでいくうちに、
大声を出すと猫がパニクって危険な行動をしてしまうことや、
構い過ぎると怒ってしまうことなどを学習し、
適度な距離感で接することができるようになってきました。

今まで一方的に甘えるだけの立場だった末っ子えなりも、
1回だけですが、猫のの片づけをしてくれました。

いずれこの子も結婚して人の親になるのかもしれない。
その時、「クサいから無理」ではなく、
クサくても我慢してオムツが替えれる父親になってくれるといいな・・・。

ふとそんなことを思いました。
【2020/01/15】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さよならと新たな出会い
保護猫の預かりボランティアを始めて1ヶ月。
預かっていた猫を譲渡会に連れていく日がやってきました。

最初はあたふたして大変な毎日でしたが、
日が経つにつれ、その可愛さはどんどん増していき、
「里親が決まらなかったら、うちで飼えばいいんじゃないか?」
なんて話がでてしまうほど家族全員すっかりお気に入りになっていました。

もしかしたらこのままお別れになってしまうのかと思うと、
里親が決まってほしいような、決まってほしくないような複雑な心境・・・
本当にこのままうちで飼おうかな・・・。

心も定まらないまま譲渡会の会場にいると、
我が家の猫をとても気に入ってくれたご夫婦が

何度も何度もいろんな角度から猫を見て、
「理想通りだよ!いやもうそれ以上!最高!可愛い!条件もバッチリ!」
と、ものすごく嬉しそうに話している。

代表と一緒にしばらくお話させてもらったのですが、
保護された時の状況や現在の様子なども積極的に聞いてくれ、
細かい部分も夫婦であれこれ相談し合っていたので、
真剣に里親になろうとしていることが伝わってきました。

そして何より、猫を見る目がキラキラしてとにかく嬉しそうで、
この人達のもとで生活できたら、猫も幸せだろうなと思ってしまいました。

本当に猫を飼いたいという気持ちがあって、整った飼育環境があって、
飼育経験、経済力もあり、最後まで面倒を見る覚悟もある。
こういう人たちへの橋渡しをするのが私の役割なんだよなと改めて実感。

別れるのは寂しいけど、本当に優しそうなご夫婦だったので、
安心して猫を送り出すことができました。

その後トライアル期間を経て無事正式譲渡。
我が家の預かり1匹目が終了しました。


とはいえ、1ヶ月間猫に振り回され続けてた我が家は突然猫がいなくなり、
なんだかし~~んと静まり返ってしまいました。

あっという間の出来事で心の整理もつかないままでしたが、
預かっている間不安の多かった箇所を少しでも減らすように掃除や模様替え。
よし!これで以前より危険も減って、猫が自由に動き回れるようになったぞ

そしていよいよ我が家に2匹目の保護猫がやってくることになりました。
今度の猫は、2歳のメス猫です。

おとなしい猫だと聞いていたのでできるだけ怖がらせないように、
キャリーから出てくるのをひたすら待ってみる・・・。

って、うおおおおおおおおおおお~~~~い!!!
何時間たっても出てこね~~~しっっっ!!!

前の猫は活発で人懐っこかったのですが、今回の猫はまったく動きません。
仕方なくケージに移動させてみたものの、奥のほうでずっと固まってるし・・・

恐怖心が強すぎるのか、まる1日飲まず食わずトイレも行かずという状態で、
さすがに心配になり代表にアドバイスを求めました・・・

慣れるまではケージの中に入れっぱなしにして、
外が見えないように全体をタオルで隠しておいたほうがいいかもとのこと。

実際、言われた通りにケージを全部覆うようにしたら、
ピチャピチャ水を飲む音が聞こえ、翌日にはおしっことウンチをしてくれました。
さすがベテラン心強いです

そこから数日、エサやトイレ掃除以外は姿を見ることもできない生活。
子供達も「閉じ込めっぱなしにしてて大丈夫なの?」と不安そう・・・。

そうだよね、人間の感覚からすると、
何も見えない狭い場所に閉じ込められるのって虐待みたいに感じるよね

私もいろいろ調べたのですが、猫にしてみたら、身を隠せる場所があること、
誰にも侵入されない安全な場所であることがとても大事なのだそうです。

知らない場所で、知らない人にジロジロ見られた状態では、
安心して食事をしたりトイレをしたりすることができないということですね。

ケージの扉を開けるようになっても出てくるまでに数日かかり、
リビングから廊下に出るまでには2週間もかかりました。

猫が自由に動き回れるように寝室をかなり改造していたのですが、
まったく入ることすらしてもらえずほぼリビングのみの暮らしww( ̄▽ ̄;)

それでも3週間目にはちょっと抵抗するなど意思表示をするようになり、
おもちゃで遊んだり、じゅうたんで寝転ぶ姿も見られるようになりました。

ここは安全な場所なんだ、自由にしてていいんだって
思えるようになるまでにはそれだけ時間がかかるんですね。

慣れない場所への不安が強くて譲渡会への参加が難しいうえに、
もうすでに成猫なので、なかなか里親は見つからないかもしれません。

まぁ~、見つからなかったら見つからなかったで、
このままうちにいればいいさ。

優雅な暮らしはできないけど、
ナデナデしてくれる人はいっぱいいるからねw
【2020/03/27】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |