スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
WELCOME

「うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ」へようこそ

(^∀^)ノ



このブログは、うつ病とパニック障害だった私が妊娠し、
迷ったり悩んだりしながらも、出産、育児をしてきた経験を書いたものです。

長女の妊娠がわかった時の私は、
抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬を飲んでいました。
それ以外に、交通事故に遭ったために鎮痛剤も・・・。

でも、それらをすべてやめ、出産する道を選びました。

薬に頼らず、医者に頼らず、カウンセラーに頼らず・・・。
自分と、自分の家族のみでうつ病と闘ってきた歴史です。

どうぞご自由にお読みください


********************************************************


********************************************************

ブログ再開にあたり、いろいろと過去記事を修正、編集しています。
記事の順番がおかしくなっていたり、読みにくい部分もあるかと思いますが、
できるだけ早く修正しますのでご了承ください。

質問、コメント等は、どの記事でも結構ですので、お気軽にどうぞ
1人でも多くの方がうつ病を克服することを心から祈っています(^ー^)
スポンサーサイト
【2020/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(114) | page top↑
うつ病克服!寛快・完治を目指して!

うつ病に関するブログやサイトは山ほどあります。
私も記事に書きましたが、誰にも理解されない孤独感からブログに頼り、
同じ悩みを持つ者同士で語り合うことによって安心感を得ていたこともありました。
でも残念ながら、共感や同情ではこの病気を治すことはできませんでした。

私がうつ病になった5年前と変わらず、うつ病ブログの世界は賑わっています。
しかしながら、「うつ病克服」、「うつ病寛快」、「うつ病完治」
どの検索ワードで調べても出てくるのは金銭がらみのものや、
ただ克服できればいいなぁと思いながらも途方に暮れているものばかりです。
それが現在の治療の現実なのだろうと思います。

でも、たとえ数は少なくとも、素晴らしいブログやサイトはあります。
私が読んだ中で自信を持っておすすめできるサイトを下記に集めてみました。
本気でうつ病を治したい!
そう思った方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

*******218うつ病主婦のおすすめサイト218*********


うつ解消マニュアル  
(脳及び心疾患並びに認知症及び更年期障害対策)
「どうやったら治るんだろう・・・?」そう思った方はぜひ読んでみてください。
本当の治し方がここには書いてあります。

私は何もわからないまま手探りで突き進んで来ましたが、
結果的にはここに書かれていることと同じことをしてきたのだと感じています。
私の通ってきた道は間違っていなかったと再確認できました。
死ぬ思いをして副作用に耐えるぐらいなら、死ぬ気になってこのマニュアルを読み実行してみてください。

推奨ページ⇒第1回目 「うつ解消法」「自己紹介」


NPO法人活動 ~精神科看護師 越智元篤~
NPO法人精神医療サポートセンターの代表をされており、
日本の精神科看護改革の必要性を唱えている越智元篤さんのブログです。

医者と患者のやりとりを見ている看護士という立場からの視点。
これによって医者側の問題、患者に対する対応の難しさなど、
様々なことがわかります。
ぜひ一度ご覧になってみてください。
講演・精神医療相談等もされているようです。

HPはこちらです⇒NPO法人 精神医療サポートセンター


仮福真琴の精神科医はうそだらけ
昔に比べて精神科やメンタルクリニックはずいぶんと身近な存在になりました。
しかしそれゆえに必要のない人にまで安易に薬物療法が行われていたり、必要以上の投薬が行われているという現実もあるのではないのでしょうか?

こちらのサイトでは実録の体験記から精神科医の選び方、精神福祉に関することなど様々な情報が載せられています。一般的なうつ病のサイトよりもはるかに役立つと思います。

また、ブログのほうでも興味深い内容がたくさん書かれていますので、
こちらもぜひご覧ください。⇒「仮福真琴と不甲斐ない夫との日々」


罰当たりIT社長の明日はどっちだ
不眠を解消するために精神科に行ったのに、気がつけば多剤大量処方になり最後には命まで落とす・・・。こんなこと絶対あってはならないことですよね。でも現実に、こういったいい加減な精神医療が今でも続いています。

患者本人もわかっているようでわかっていない治療の実態や薬物治療の危険性。ぜひ目をそむけることなく読んで欲しいと思います。

ブログ主のアリスパパさんは現在、亡き妻の死の責任を問う裁判を行っています。今後の裁判の行方を見守るとともに、現在のいい加減な精神医療、多剤大量処方による犠牲者がこれ以上増えないことを願って止みません。


生きる
統合失調症と闘いながら妊娠・出産し、
現在も病気に負けずに育児をしているゆうさんのブログです。

精神的な病を持ったまま育児をしていくというのは並大抵のことではありません。けれど、必死に生きる彼女のブログを読むたびに
苦しいのは自分だけじゃない、私も頑張ろうと前向きな気持ちになれました。
本当に感謝しています。


心に効く言葉
掲載の以来をした時に、とても素晴らしいお返事をいただきましたのでそのまま掲載させていただきます。

「うつ病は、自分と向き合うということなのかもしれません。
だからきっとその先に自分そのものを受け入れる時が来るはずです。
嫌な自分も後悔する自分も、全部ひっくるめて好きになれることを信じて。」

ぜひ何度でも読みにいっていただきたいと思います。
きっと何か得るものがあると思います。


保育士おとーちゃんの子育て日記
私はこれまで何冊もの育児書を参考にしていましたが、道徳の授業のようなもので、理想は理想、現実は現実・・・と、どこか別物のように感じていました。
うまくいかないことがあったり、行き詰った時も解決する策が見つからず、ずいぶん苦しんだものです。

こちらのブログでは、保育士ならではの視点で親子のやりとりなどが書かれていて、それぞれの場面の子供の気持ちや対処法などもとてもわかりやすく書いてあります。ぜひ参考にしてみてください。


******************************
【2019/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
虫好きな二人
えなりやゴルゴは虫が大好きで、
保育園の頃は庭や公園で暇さえあれば虫捕りをしていました。

小学校に入ってからは、
図書館で次から次へと虫の本を借りてきて、
まだ難しい漢字が読めなかった頃なんかは
「これ読んで~」と持ってくるのですが、その本と言うのが、
これでもかっていうぐらいイモムシの写真が載ってるやつとかで・・・

lll ○| ̄|_lll  ぐへっ、ごほっ、がはっ・・・・

虫が嫌いな人にとってはかなりヘビーwwww

しかも文章も、他の生き物の体に卵を産み付けるだの、
子供は親の体を食べて栄養源にだの・・・
虫の世界って、とにかくグロイ・・・

読めば読むほど虫が嫌いになって、
あぁ~、ほんと虫のいない世界で暮らしたい!って思ってしまうほど。

でもある時、えなりがこんなことを言っていたんです。

「うんちを食べる虫って大事だよね。
だって、いなくなったら、そこらへんうんちだらけになっちゃうもん。
うんちを食べてくれる虫は、大事なお掃除屋さんなんだよ。」

・・・・・・∑(゚д゚lll)そうなのかっっっ!

確かに言われてみれば、うんちもそうだし、
死体に虫が湧いて最後は骨だけになるっていうのも同じことだよね。

う~ん、
確かに見る角度を変えれば、それは”お掃除”なのかも・・・。

皆の嫌われ者のクモだって、いろんな害虫を食べてくれる大事な虫。
うねうね気持ち悪いミミズは栄養のある土を作ってくれる大事な虫。

・・・・そっか、自分が知識がなくて知らなかっただけで、
虫って人間にとってすごく大切なものだったんだね・・・・。

世の中には自分の知らないことがたくさんあって、
一見無意味に思えるようなものにも大事な役割があったりする。

草むらや空き地が整備されると、
私なんかは、あぁ~綺麗になってスッキリしたなぁ~と感じるけど、
えなりから見れば、またひとつ虫の住処が奪われたという感覚のようです。

「虫だって草だって、人間にとって必要なもののはずなのに、
どうして人間はどんどん破壊しちゃうんだろ・・・。
虫や草がなくなったら人間だって死んじゃうのに・・・。」

そんなふうによくボソボソと言ってたりします。

普段自分が何気なくやっている草むしり。
ブロック塀のあたりの草を引っこ抜くと、
わっしゃぁ~と大量のダンゴムシが出てくることがあります。

私にしてみれば、庭をキレイにするためなのだけど、
ダンゴムシにしてみたら、毎回毎回家を壊されてるんだよね

・・・なんか複雑な心境・・・・( ̄ω ̄;)

子供たちが小さかった頃は、庭で遊ばせている時も目を光らせていて、
ダンゴムシやアリぐらいならいいけど、
それ以外はもうとにかく危ないからダメ~!毒持ってるかもしれないし、
刺されたり、噛まれたり・・・とにかく怖いから触っちゃダメ~!って言っていました。

でもだんだんと子供たちのほうが知恵がついてきて、
「見て見て、ハサミムシ可愛い
「えぇ~~!!それ触って大丈夫なの???挟まれないの?」
「こんな小さいハサミで挟まれたってどうってことないよw」

「あわわわ・・・なんか虫がいるから近づかないで」
「あぁ~、大丈夫だよ。こいつ毒ないから~」

・・・とまぁ、こんな感じ(笑)

ただ、以前は虫を見かけたら全部害虫って決め付けて
なんでもかんでも殺虫剤をぶっかけていましたが、
えなりやゴルゴのおかげで、それはしなくなりました。

花や野菜を植えてるわけでもないし、
ただ砂利がころがってるだけの庭だから、

えなりやゴルゴのように虫を見て可愛いと思うところまではいかないけど、

・・・・歩いてるだけなら・・・まぁ・・・いいか・・・。
ひっそりと暮らしてるだけなら・・・まぁ・・・いいか・・・。
( ̄∀ ̄;)
【2018/03/19】 | 双子の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もう2月も終わりですが・・・
明けましておめでとうございます。

結局去年もほんのわずかしか記事を投稿することができず、
こんなブログ続けてて意味あるのかな・・・・と、
ついつい思ってしまう今日この頃ですが・・・( ̄∀ ̄;)

体調のほうは、相変わらず・・・といったところでしょうか・・・。
ここ数年の激不調がダラダラ継続している感じです。

年齢的に更年期なのかな?と思う部分もあったりもして、
ある程度は仕方ないと割り切るようにはしているのですが、
毎日の生活の中では無理しなきゃいけないことも多々あり、
過呼吸になったり、めまいをおこしたり・・・・
普通の生活は程遠いな・・・と、おもわずため息が出てしまいます。。。

先月、子ども会でやっている資源回収の当番だったのですが、
日にちを見事に間違えてしまいました。

回収場所まで行ってみたものの、誰も居なくてゴミも出てない。
家に帰って確認したら、資源回収は翌日だったのです。

そんな私の姿を見て旦那は爆笑していましたが、
私にとっては笑い事ではありません。

この病気になってから日付の感覚がおかしくなったため、
今回のような子ども会の当番だったり、学校の行事、ゴミの日など、
きちんとこなすことがとても難しくなりました。

普通の人からすれば、
「うっかりミスなんて誰でもあるよ」という程度のことだと思うんですが、
そうではなくて完全に記憶がすっぽり抜け落ちる感覚なんです。

今が何年の何月で何曜日なのか・・・
どれだけ考えても出てこなくて困り果てる・・・。

それをどうにかするために、カレンダーに予定を書き込んだり、
メモを残してみたり、あらゆる方法を試してみたのですが、
カレンダーもメモも確認するのを忘れてしまうし、
見たところで、今日が何月何日なのか把握できていないので、
たとえ今日の予定のところに何か書き込んであっても、
そのことに気付かないのです。

今回の資源回収だってそう・・・。
何週間も前からこの日が資源回収の日だ。
間違えないように・・・間違えないように・・・と
何度も何度も確認したにも関わらず間違えてる・・・

料理をすること、外出すること、誰かと話しをすること・・・
普通の人にとっては当たり前で、何も考えずにできることでも、
私にとってはどれもこれも難しい。
どれもこれも覚悟して無理をしないとできない・・・。

当たり前の生活をするだけで相当無理をしているので、
そこにほんのわずかに予定が入るだけで簡単に倒れる・・・。

ほんとため息が出ます・・・。

ただ、いつまでもクヨクヨしてても仕方ありません。

子供たちや周りの人に迷惑をかけないように生活していくために、
どうにか方法を考えなくては・・・。


そんな、いつまでたってもほとんど進歩のみられない私ですが、
ほんの少しだけ頑張れたことがあります。

それは、トイレ掃除です。

もう何年も前から挑戦していたことで、
とにかくトイレを綺麗に清潔に保とうと・・・。

理想は、ほんの少しでもいいから必ず毎日掃除する!ですが、
そんなことは出来るはずもなく・・・( ̄∀ ̄;)

とりあえず汚れきったトイレをいったん徹底的に掃除するまでに数年。
(・・・やろうと思い立ってから実際行動できるまでが本当に長い・・・w)

ようやくトイレを綺麗な状態にして、
さぁこれから毎日続けるぞ!と気合を入れたところで、
もうそこから数日は起き上がれない日々・・・・ヽ(_ _;ヽ)

結局次に掃除できたのは2週間後ぐらいだったかもしれません

でも、一番最初に徹底的に掃除してあるので、
ほんの少しササッと掃除するだけでかなり綺麗に・・・

それからも出来るときだけですが、少しずつ少しずつ・・・。
そうして去年一年間はわりと綺麗な状態を保てたと思います。

普通の人からしたら2週間もトイレ掃除しないだけでゲッ!て感じだろうし、
本当は私ももっとこまめに掃除したいのだけど、
これが今の自分の精一杯w

双子たちが小さかった時などはトイレの汚れもピークで、
掃除したところで数分後にはもう汚されてるという状態だったので、
トイレは常に不潔極まりない状態でした。

それが今では、トイレのドアを開けると掃除したてのにおいがする。
う~~~ん、感無量(●´ω`●)

今は少しずつ部屋の片づけをしています。
片付けるスピードより散らかるスピードのほうが速いので、
今のところまったく追いついていませんが、少しずつ少しずつ・・・。

ほとんどの時間をうつに飲み込まれている私ですが、
やっぱりほんとは綺麗好きなんだよね・・・。

うつの自分と綺麗好きの自分が逆転することはもうないのかなぁ・・・。
綺麗で明るい場所のほうがほんとはいいんだけどなぁ・・・。
うつの自分はそれを望んでいないのかなぁ・・・。
【2018/02/26】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。