FC2ブログ
WELCOME

「うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ」へようこそ

(^∀^)ノ



このブログは、うつ病とパニック障害だった私が妊娠し、
迷ったり悩んだりしながらも、出産、育児をしてきた経験を書いたものです。

長女の妊娠がわかった時の私は、
抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬を飲んでいました。
それ以外に、交通事故に遭ったために鎮痛剤も・・・。

でも、それらをすべてやめ、出産する道を選びました。

薬に頼らず、医者に頼らず、カウンセラーに頼らず・・・。
自分と、自分の家族のみでうつ病と闘ってきた歴史です。

どうぞご自由にお読みください


********************************************************


********************************************************

ブログ再開にあたり、いろいろと過去記事を修正、編集しています。
記事の順番がおかしくなっていたり、読みにくい部分もあるかと思いますが、
できるだけ早く修正しますのでご了承ください。

質問、コメント等は、どの記事でも結構ですので、お気軽にどうぞ
1人でも多くの方がうつ病を克服することを心から祈っています(^ー^)
【2020/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(114) | page top↑
うつ病克服!寛快・完治を目指して!

うつ病に関するブログやサイトは山ほどあります。
私も記事に書きましたが、誰にも理解されない孤独感からブログに頼り、
同じ悩みを持つ者同士で語り合うことによって安心感を得ていたこともありました。
でも残念ながら、共感や同情ではこの病気を治すことはできませんでした。

私がうつ病になった5年前と変わらず、うつ病ブログの世界は賑わっています。
しかしながら、「うつ病克服」、「うつ病寛快」、「うつ病完治」
どの検索ワードで調べても出てくるのは金銭がらみのものや、
ただ克服できればいいなぁと思いながらも途方に暮れているものばかりです。
それが現在の治療の現実なのだろうと思います。

でも、たとえ数は少なくとも、素晴らしいブログやサイトはあります。
私が読んだ中で自信を持っておすすめできるサイトを下記に集めてみました。
本気でうつ病を治したい!
そう思った方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

*******218うつ病主婦のおすすめサイト218*********


うつ解消マニュアル  
(脳及び心疾患並びに認知症及び更年期障害対策)
「どうやったら治るんだろう・・・?」そう思った方はぜひ読んでみてください。
本当の治し方がここには書いてあります。

私は何もわからないまま手探りで突き進んで来ましたが、
結果的にはここに書かれていることと同じことをしてきたのだと感じています。
私の通ってきた道は間違っていなかったと再確認できました。
死ぬ思いをして副作用に耐えるぐらいなら、死ぬ気になってこのマニュアルを読み実行してみてください。

推奨ページ⇒第1回目 「うつ解消法」「自己紹介」


NPO法人活動 ~精神科看護師 越智元篤~
NPO法人精神医療サポートセンターの代表をされており、
日本の精神科看護改革の必要性を唱えている越智元篤さんのブログです。

医者と患者のやりとりを見ている看護士という立場からの視点。
これによって医者側の問題、患者に対する対応の難しさなど、
様々なことがわかります。
ぜひ一度ご覧になってみてください。
講演・精神医療相談等もされているようです。

HPはこちらです⇒NPO法人 精神医療サポートセンター


仮福真琴の精神科医はうそだらけ
昔に比べて精神科やメンタルクリニックはずいぶんと身近な存在になりました。
しかしそれゆえに必要のない人にまで安易に薬物療法が行われていたり、必要以上の投薬が行われているという現実もあるのではないのでしょうか?

こちらのサイトでは実録の体験記から精神科医の選び方、精神福祉に関することなど様々な情報が載せられています。一般的なうつ病のサイトよりもはるかに役立つと思います。

また、ブログのほうでも興味深い内容がたくさん書かれていますので、
こちらもぜひご覧ください。⇒「仮福真琴と不甲斐ない夫との日々」


罰当たりIT社長の明日はどっちだ
不眠を解消するために精神科に行ったのに、気がつけば多剤大量処方になり最後には命まで落とす・・・。こんなこと絶対あってはならないことですよね。でも現実に、こういったいい加減な精神医療が今でも続いています。

患者本人もわかっているようでわかっていない治療の実態や薬物治療の危険性。ぜひ目をそむけることなく読んで欲しいと思います。

ブログ主のアリスパパさんは現在、亡き妻の死の責任を問う裁判を行っています。今後の裁判の行方を見守るとともに、現在のいい加減な精神医療、多剤大量処方による犠牲者がこれ以上増えないことを願って止みません。


生きる
統合失調症と闘いながら妊娠・出産し、
現在も病気に負けずに育児をしているゆうさんのブログです。

精神的な病を持ったまま育児をしていくというのは並大抵のことではありません。けれど、必死に生きる彼女のブログを読むたびに
苦しいのは自分だけじゃない、私も頑張ろうと前向きな気持ちになれました。
本当に感謝しています。


心に効く言葉
掲載の以来をした時に、とても素晴らしいお返事をいただきましたのでそのまま掲載させていただきます。

「うつ病は、自分と向き合うということなのかもしれません。
だからきっとその先に自分そのものを受け入れる時が来るはずです。
嫌な自分も後悔する自分も、全部ひっくるめて好きになれることを信じて。」

ぜひ何度でも読みにいっていただきたいと思います。
きっと何か得るものがあると思います。


保育士おとーちゃんの子育て日記
私はこれまで何冊もの育児書を参考にしていましたが、道徳の授業のようなもので、理想は理想、現実は現実・・・と、どこか別物のように感じていました。
うまくいかないことがあったり、行き詰った時も解決する策が見つからず、ずいぶん苦しんだものです。

こちらのブログでは、保育士ならではの視点で親子のやりとりなどが書かれていて、それぞれの場面の子供の気持ちや対処法などもとてもわかりやすく書いてあります。ぜひ参考にしてみてください。


******************************
【2019/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
12月ですね
早いもので今年ももう終わりです。

少し前に衣替えをしたのですが、
一番おチビのえなりもとうとう服のサイズが140~150cmになりました。

生まれた時は未熟児で、
新生児用のオムツでさえブカブカだったのに、
もうそんなに大きくなったのか~と、
成長をしみじみと実感・・・(*´ω`*)


長男が小学生の時には鬱真っ只中で、
1年~4年頃までの記憶がかなり曖昧になっています。

ただただ毎日生きていくだけで必死で、
長男のことを見てあげる余裕がまったくなかったのです。

自分の中でそのことに対する後悔があまりにも大きくて、
どんなに後悔してもやり直すことなどできないのだけど、
その頃の長男の苦しみを想像しては胸が痛んで泣けてきます。

もう二度と同じ思いを味合わせたくない!

その気持ちを原動力にこの10年生きてきました。


しっかりと子供と向き合うことで気が付いたことはたくさんあります。

小学生になってもまだまだ親に甘えたいことや、
安心できる場所があるからこそ強くなれることや、
個性を認めたり受け止めたりすることの大切さや・・・。

育児をすることはとても苦しいです。
自分の弱さや無力さ、無能さと
真正面から向き合わなくてはいけなくなるのだから・・・。

でもそこから目をそらさずに、
無能な自分でもできることを探していく、
そこから随分と視界が開けた気がします。

私の鬱は相変わらずです。
朝起きた時から恐ろしいほどの倦怠感に襲われるし、
料理をしようにも頭が働かない、
意味不明に落ち込んだり泣いたり・・・。

めまいも過呼吸も1年に何度も起こるし、
あちこちの関節が痛くて、洗濯物を干すのもひと苦労だし、
思うように外に出られない日もまだあります。

それでも、そんな自分でもできることはあるし、
そんな自分でも暮らしていける方法を考えればいいだけのこと。

私がどれだけ鬱の苦しみを訴えたところで子供の成長は止まらない。
この貴重な一瞬一瞬を、苦しみを訴えることに使うのではなく、
子供との楽しい会話や遊びに使いたい。


来年は子供会の役員をやらなければなりません。
正直不安だし、やりたくはないです・・・w

でも「鬱を言い訳にしない」と決めてからこの10年、
どうやったら料理を準備できるのか、
どうやったら決まった時間に外出できるのか、
どうやったら周りに迷惑をかけずに生活することができるか、
それをひたすら模索してきました。

「普通の人は・・・」とか根性論とかではなく、
鬱の自分が生活していくための知恵のようなものです。
それを駆使してなんとか乗り切りたいと思います。

来年には長女が中学校に上がります。
双子たちも中学生になる頃には、
私はもう手を貸すことも口を出すこともなくなっていくのでしょう。

子供が自分の手から離れた時に、
今度こそは後悔ではなく
「やりきった」と言える自分でありたいなと思います。


・・・と、朝から偉そうなことを書いているわけですが、
もうすでに猛烈に眠いです(笑)
・・・というのか、だいたい午前中は死んでますねw

昼寝して、夕方頃ようやく少しラクになる感じです。

朝晩だいぶ冷え込むようになってきたので、
皆さん体に気を付けて、楽しい年末年始をお過ごしくださいね
【2018/12/14】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
命の値段
先日子供たちとペットショップをのぞいていた時のこと。

まだ入荷したばかりの小さなハムスターに紛れて、
売れ残りのハムスターが・・・。

「大きくなってしまったため、980円から680円に値下げ」
と書かれてありました。

おもわず長女が
「値下げって・・・・・・なんかひどい・・・・・・(´;ω;`)」

今まであんまり深く考えたことなかったけど、
980円の命って・・・・安すぎるよね・・・。

980円でも安いのにさらに300円値下げされた命・・・。

「生きてる」という意味では、
人間もハムスターも一緒なのにね・・・。

勝手に繁殖させて、勝手に狭いケースに閉じ込めて、
売れなかったからといって勝手に処分する・・・。
なんだかなぁ・・・・・。


少し前に、ペットショップで売れ残っている犬を
10,000円で購入したという方の記事を読みました。

売れ筋の犬に比べると毛の色がいまいち(!?)とかなんとかで、
いつまでたっても売れなかったそうで・・・

犬や猫なんて10万、20万が当たり前ですもんね。
高いお金を払って買うなら、
少しでも見た目が気に入ったものをっていうのは理解できる。

私たちだって、たくさん並んでいる中から
今我が家にいるハムスターを”選んで”購入したわけだし、
だからどうやったって売れ残りが出てしまうということも・・・。


売れ残った犬や猫たちはどうなっちゃうんだろ?

ふとそんな疑問を抱いて調べてみたけど、
結果はとても気分の沈むような内容でした・・・。

仕方がないよね・・・。

かわいそうだからって、全部の動物を引き取って育てるなんて不可能だし、
売れ残って大きくなってしまった動物ばかり店頭に並べてたって
お店の経営が成り立たない。

仕方がない・・・。
仕方がないけど・・・なんかモヤモヤする・・・。


少し前に、我が家のハムスターの耳の中が腫れていたので、
ハムスターが診察できる病院を探して連れて行きました。

1回目の診察は薬を塗ってもらって¥1,000
2回目は処置をしてもらったので¥2,000かかりました。

治療費だけでハムスター3匹ぶんの値段。
なんだかとても複雑な気分です。。。

でも治療の甲斐あって、すっかり良くなりました。

たった2年かそこらしか生きられない980円の命。

でも、大きなあくびしてたり、無心に床材掘りまくってたり、
寝ぼけた顔でエサ食べてたり、大慌てでトイレに駆け込んでたり・・・w

そんな何気ない姿を見るたびに、
ハムちゃんも生きてるんだよね~って実感する。

たった2年しかないからこそ、
少しでも多く幸せな時間を過ごせるといいな。

我が家に来て良かったって思ってもらえたらいいな。
【2018/11/01】 | ハムスター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ