FC2ブログ
WELCOME

「うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ」へようこそ

(^∀^)ノ



このブログは、うつ病とパニック障害だった私が妊娠し、
迷ったり悩んだりしながらも、出産、育児をしてきた経験を書いたものです。

長女の妊娠がわかった時の私は、
抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬を飲んでいました。
それ以外に、交通事故に遭ったために鎮痛剤も・・・。

でも、それらをすべてやめ、出産する道を選びました。

薬に頼らず、医者に頼らず、カウンセラーに頼らず・・・。
自分と、自分の家族のみでうつ病と闘ってきた歴史です。

どうぞご自由にお読みください


********************************************************


********************************************************

ブログ再開にあたり、いろいろと過去記事を修正、編集しています。
記事の順番がおかしくなっていたり、読みにくい部分もあるかと思いますが、
できるだけ早く修正しますのでご了承ください。

質問、コメント等は、どの記事でも結構ですので、お気軽にどうぞ
1人でも多くの方がうつ病を克服することを心から祈っています(^ー^)
【2025/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(116) | page top↑
うつ病克服!寛快・完治を目指して!

うつ病に関するブログやサイトは山ほどあります。
私も記事に書きましたが、誰にも理解されない孤独感からブログに頼り、
同じ悩みを持つ者同士で語り合うことによって安心感を得ていたこともありました。
でも残念ながら、共感や同情ではこの病気を治すことはできませんでした。

私がうつ病になった5年前と変わらず、うつ病ブログの世界は賑わっています。
しかしながら、「うつ病克服」、「うつ病寛快」、「うつ病完治」
どの検索ワードで調べても出てくるのは金銭がらみのものや、
ただ克服できればいいなぁと思いながらも途方に暮れているものばかりです。
それが現在の治療の現実なのだろうと思います。

でも、たとえ数は少なくとも、素晴らしいブログやサイトはあります。
私が読んだ中で自信を持っておすすめできるサイトを下記に集めてみました。
本気でうつ病を治したい!
そう思った方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

*******218うつ病主婦のおすすめサイト218*********


うつ解消マニュアル  
(脳及び心疾患並びに認知症及び更年期障害対策)
「どうやったら治るんだろう・・・?」そう思った方はぜひ読んでみてください。
本当の治し方がここには書いてあります。

私は何もわからないまま手探りで突き進んで来ましたが、
結果的にはここに書かれていることと同じことをしてきたのだと感じています。
私の通ってきた道は間違っていなかったと再確認できました。
死ぬ思いをして副作用に耐えるぐらいなら、死ぬ気になってこのマニュアルを読み実行してみてください。

推奨ページ⇒第1回目 「うつ解消法」「自己紹介」


NPO法人活動 ~精神科看護師 越智元篤~
NPO法人精神医療サポートセンターの代表をされており、
日本の精神科看護改革の必要性を唱えている越智元篤さんのブログです。

医者と患者のやりとりを見ている看護士という立場からの視点。
これによって医者側の問題、患者に対する対応の難しさなど、
様々なことがわかります。
ぜひ一度ご覧になってみてください。
講演・精神医療相談等もされているようです。

HPはこちらです⇒NPO法人 精神医療サポートセンター


仮福真琴の精神科医はうそだらけ
昔に比べて精神科やメンタルクリニックはずいぶんと身近な存在になりました。
しかしそれゆえに必要のない人にまで安易に薬物療法が行われていたり、必要以上の投薬が行われているという現実もあるのではないのでしょうか?

こちらのサイトでは実録の体験記から精神科医の選び方、精神福祉に関することなど様々な情報が載せられています。一般的なうつ病のサイトよりもはるかに役立つと思います。

また、ブログのほうでも興味深い内容がたくさん書かれていますので、
こちらもぜひご覧ください。⇒「仮福真琴と不甲斐ない夫との日々」


罰当たりIT社長の明日はどっちだ
不眠を解消するために精神科に行ったのに、気がつけば多剤大量処方になり最後には命まで落とす・・・。こんなこと絶対あってはならないことですよね。でも現実に、こういったいい加減な精神医療が今でも続いています。

患者本人もわかっているようでわかっていない治療の実態や薬物治療の危険性。ぜひ目をそむけることなく読んで欲しいと思います。

ブログ主のアリスパパさんは現在、亡き妻の死の責任を問う裁判を行っています。今後の裁判の行方を見守るとともに、現在のいい加減な精神医療、多剤大量処方による犠牲者がこれ以上増えないことを願って止みません。


生きる
統合失調症と闘いながら妊娠・出産し、
現在も病気に負けずに育児をしているゆうさんのブログです。

精神的な病を持ったまま育児をしていくというのは並大抵のことではありません。けれど、必死に生きる彼女のブログを読むたびに
苦しいのは自分だけじゃない、私も頑張ろうと前向きな気持ちになれました。
本当に感謝しています。


心に効く言葉
掲載の以来をした時に、とても素晴らしいお返事をいただきましたのでそのまま掲載させていただきます。

「うつ病は、自分と向き合うということなのかもしれません。
だからきっとその先に自分そのものを受け入れる時が来るはずです。
嫌な自分も後悔する自分も、全部ひっくるめて好きになれることを信じて。」

ぜひ何度でも読みにいっていただきたいと思います。
きっと何か得るものがあると思います。


保育士おとーちゃんの子育て日記
私はこれまで何冊もの育児書を参考にしていましたが、道徳の授業のようなもので、理想は理想、現実は現実・・・と、どこか別物のように感じていました。
うまくいかないことがあったり、行き詰った時も解決する策が見つからず、ずいぶん苦しんだものです。

こちらのブログでは、保育士ならではの視点で親子のやりとりなどが書かれていて、それぞれの場面の子供の気持ちや対処法などもとてもわかりやすく書いてあります。ぜひ参考にしてみてください。


******************************
【2024/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
謎の吐き気
ゴルゴは自由奔放、周りを気にせず我が道を行くという感じで、
少々嫌なことがあっても、まぁいっか~で済んでしまうことが多い子でした。

おとなしい長女やえなりに比べれば、言いたいことも言えるほうだし、
からかわれる要素も少ない。

でもそんなゴルゴが突然学校に行けなくなってしまった時期があります。

いつもは大食いなのに、だんだんおかわりをすることがなくなり、
運動会のお弁当すら、おにぎり1個をようやく食べている感じ・・・。

なんか様子が変だなと気にはなっていたのですが、
とうとうある朝「吐き気がするから学校を休みたい」と言いだしました。

本当に体の具合が悪いのか、それとも何か悩みを抱えているのか・・・。

翌日になっても同じような状態だったので念のため病院を受診。
便秘が原因の可能性があるからといちおう下剤を処方されましたが、
ゴルゴが検査を受けている間に私だけ呼ばれ、
精神的なことが原因になっている可能性もあると医師から指摘されました。

「小学校高学年から中学校にかけての時期は精神的に不安定になりやすく、
そこからそのまま不登校になってしまうことも多いので、
気を付けてあげてくださいね。」・・・と。

ゴルゴはヘラヘラしていることが多いので一見悩みなどなさそうですが、
誰かに何かをされたり言われたりしてもやり返さずにグッとこらえてしまうので、
ストレスが溜まるんじゃないだろうかと以前から気になっていました。

これまで育ててきて本気で怒ったところは2回しか見たことがありません。
やり返せないのではなく、やり返したくないという感じ。
根が優し過ぎるのかなと思います。

そんなゴルゴのこの状態をいったいどうすべきか・・・・。

とりあえず時間をかけてできるだけ話を聞き解決策を模索。
いくつか嫌な出来事が積み重なっていたことはわかりましたが、
決定的な大きな出来事があったわけではなさそう。

食事もゴルゴの好きなものをあれこれ出してみましたが、
食べようとしても吐き気がして食べられず・・・。
ゴルゴ自身もなんでこうなってしまったのかわからないようでした


これといって解決策も見つからないまま何日も学校を休む日々が続き、
いよいよ明日は校外学習という日。

お弁当どうしようかな・・・。

お弁当を作っても、それがプレッシャーになってしまい、
よけいに学校に行きづらくなってしまうかな・・・。
最初から休む前提で、作らないほうがいいのかな・・・。

必死に答えを探す中で、ふっと思い立ち薬局へ。
酔い止めを買おうと思ったのです。

長女はバスに酔うので毎回持たせていましたが、
ゴルゴやえなりは酔わないので、これまで持たせたことがありませんでした。

多少の吐き気は抑えられるし、大好きなレモン味だし、
少しは気が紛れないかな・・・。

ある意味ダメ元な作戦でしたが、当日の朝ゴルゴに酔い止めを渡してみると、
予想以上に満面の笑みwwwwwwww

今まであれだけ朝出かけることを躊躇していたのに、
何事もなかったかのように出かけていきました!

マジか。。。マジかぁ~!。。。。

今まで特に必要なかったので持たせていなかっただけなのですが、
長女が毎回酔い止めを持っていくのを、
心のどこかでうらやましく思う気持ちがあったのでしょうか・・・?

「自分のために特別に買ってきてくれた!」という満足感があったようで、
どんな励ましの言葉より、この酔い止めが心に響いたようでした。

校外学習から帰ってきた後もゴキゲンで、お弁当もキレイに完食!

酔い止めは行きと帰りのぶんしか持たせていなかったのですが、
気分が悪くなった子がいたので、その子にひとつ分けてあげたそうです。

何日も学校に行けないぐらい体調不良だったというのに、
自分の体調より友達の体調を気にするなんて、
いやはやなんともゴルゴらしいです・・・。

でも友達に感謝されたことでようやく一歩前へ進めたのか、
それからゴルゴは毎日学校に通えるようになりました。

その後わかったことですが、ゴルゴ以外にも
急に学校に来なくなる子がちらほらいるようです。

小学校の高学年というと、手がかからなくなったと親は安心しがちですが、
実際はとても難しい時期なのですね。

何がきっかけで学校に行けなくなり、
何がきっかけで学校に復帰できるようになるのか、
それはその子によって違うのだと思います。

心も体も急激に変化していく時期。
それをうまく受け止められる子もいれば、
戸惑ってしまう子もいるのかもしれません。

もう自分でなんでもできるからと油断せずに、
ツラそうにしていないか、いつもと違うところはないか、
注意深く見守る必要がありそうですね。

ゴルゴはその後も数ヶ月はなんとなく不安定な状態が続きましたが、徐々に回復。

「たこ焼き食べたい~!
「寿司食べたい~!

ようやくいつもの食欲旺盛なゴルゴが戻ってきました。

とりあえずはひと安心ですが、また同じ状態になる可能性もゼロではありません。
私自身も気を引き締めて子供たちと向き合っていきたいと思います。
【2020/02/20】 | 双子の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そんなこともあるのねw
現在は1人でいくつも習い事をしている子も珍しくありませんが、
我が家の子供たちはなにも習い事をしていません。

何か習わせたいという気持ちはあったのですが、
金銭的に余裕がないことや、送り迎えの負担などを考えるとなかなか難しく・・・

小学生でも高学年になってくると、ピアノが上手な子は発表会で演奏したり、
運動が得意な子は体育の時間や運動会で大活躍、
勉強が得意な子は、テストのたびに称賛を浴びるようになります。

でも我が家の子たちはというと、勉強・・、運動・・
長女は絵が上手いのでそれがかろうじて救いになっていますが、
ゴルゴとえなりに関しては何も得意なことがない、やる気もない状態・・・

生き物や科学系?は興味があるので、理科は大丈夫だろうと思っていましたが、
漢字の書き間違い連発、問題の意味理解していないの連発。
理科以前に日本語が理解できてないという悲しい結末・・・・

低学年の頃までは、勉強ができたほうが将来選択できる仕事の幅も広がるし、
基本さえできていれば、やる気になった時に成果が出やすいし・・・等、
あれやこれやと説明してなんとかやる気を引き出そうと頑張っていたのですが、
とにかく面倒くせぇ~面倒くせぇ~という返事しか返ってこないので、
もうこれ以上強要しても仕方がないと完全に諦めモードでした。


そんなえなりがある日、「俺、最近プログラミングやってる」と言い出しました。
いつだったか忘れちゃいましたが、去年?おととし?頃のことです。

プログラミングって何だよ
名前だけは立派だけど、どうせゲームの延長みたいなやつでしょ・・・。
中途半端な知識であんまり周りに自慢するなよな~

テストの点数は散々なのに、宇宙の神秘やら深海生物やら鉱物やら
ちょっと小難しそうなことをいつも語りたがるえなり。

その後も「プログラミングの本を買いたい」と言うので渋々買ったものの、
何をやっているのかまったく理解せず、興味もわかずの私。

本気でYoutuber目指すとか言い出さないでよね・・・。
ゲームに明け暮れるえなりに溜め息の日々・・・ハァ(;-_-) =3

しかしそこにいきなりやってきたプログラミング必修化のニュース!

なんですとぉぉおお~~~~!!
あれってそんな大事なものだったの!?!?
ただのゲームじゃないの・・・!?

よくよく聞いてみると、学校でパソコンの時間があるのですが、
家にパソコンがなくて使い方がまったくわからない子や、
まだ文字の入力があやふやな子も多くてえなりが教えているのだとか・・・。

しかも、担任の先生もプログラミングに関してはあまり知識がなく、
えなりが先生に教えることもあるそうで・・・・。

まさか算数20点を叩き出す我が子が活躍できる場があるなんて!!!
予想外の位置からの得意分野発見にひたすらビックリです!!!


子供たちがパソコンをやり始めたのは保育園の頃でした。
小さい子が3人もいると気軽に外出というわけにもいかず、
どうやって時間を潰すかがとにかく大変で・・・。

とりあえず無料のゲームやらせとこうから始まって、
文字入力のたびに呼ばれるの面倒くさいから、
文字入力の表を作って「これ見ながらやってみて」で放置www

子供は覚えるのが早いので、ある程度パソコンが使えるようになると、
いろんなところから情報を仕入れて、
無料のゲームなんかは勝手にダウンロードしてやってたり、
今回のプログラミングもえなりがいつの間にかやり始めたものでした。

インターネットは危険も多いので、パソコンや携帯禁止、ゲーム禁止、
できても1日30分までと時間が制限されている家庭も多いと思いますが、
我が家はそのへんはかなりゆるゆるでした。

どういうことが危険なのか、やっていいこといけないことは、
実際にやりながら覚えていけばいいんじゃないか?
禁止し過ぎたほうが、親の目が行き届かなくなった時に
余計にやりたい放題になってしまうんじゃないか?

・・・って、いや結局ただの言い訳でしかないんですが、
どうにかこうにか自分の都合のいいように解釈して飲み込み。
いや・・・だって・・・しんどいんだもん・・・(´Д`;)

午前中ゲームしたら午後はゲームしないとか、
かなりざっくりとした感じの制限のみで、
子供たちがゲームしている時間は私はのんびり休憩、
ゲームしない時間に入ったら、遊びや買い物に連れて行くという感じ。

ゲームの時間が長過ぎだよな・・・と悩んだりもしましたが、
私の体力ではそれ以上どうすることもできず・・・

えなりは特にゲームへの執着が強くて心配だったので、
ゲーム以外に興味を広げたり、好きな分野を少しでも伸ばすためにと、
宝石探しだとか、科学館だとか、鍾乳洞だとか、
できるだけいろんな体験ができるように連れ出したりもしました。

また、外にはゲーム機を持って行かない、外では携帯に触らない等、
ゲーム依存にならないようにかなり気を付けていました。

でも結局時間つぶしのためにやってたパソコンやゲームが
1番役に立ったなんてなんだか笑えてしまいますね。
ほんとチャンスはどっからやってくるかわかんないものです(≧∇≦)アハハッ

これからのプログラミング必須化に向けてなのか、
最近パソコンを購入した子がちらほらいるので、
えなりがプログラミングを教えに行く予定になっているようです。

なんだかよくわからないけど、お前の時代がやってきたみたいだ!
頑張れえなり!wwwwwww
【2020/01/23】 | 双子の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ