FC2ブログ
WELCOME

「うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ」へようこそ

(^∀^)ノ



このブログは、うつ病とパニック障害だった私が妊娠し、
迷ったり悩んだりしながらも、出産、育児をしてきた経験を書いたものです。

長女の妊娠がわかった時の私は、
抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬を飲んでいました。
それ以外に、交通事故に遭ったために鎮痛剤も・・・。

でも、それらをすべてやめ、出産する道を選びました。

薬に頼らず、医者に頼らず、カウンセラーに頼らず・・・。
自分と、自分の家族のみでうつ病と闘ってきた歴史です。

どうぞご自由にお読みください


********************************************************


********************************************************

ブログ再開にあたり、いろいろと過去記事を修正、編集しています。
記事の順番がおかしくなっていたり、読みにくい部分もあるかと思いますが、
できるだけ早く修正しますのでご了承ください。

質問、コメント等は、どの記事でも結構ですので、お気軽にどうぞ
1人でも多くの方がうつ病を克服することを心から祈っています(^ー^)
【2025/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(114) | page top↑
うつ病克服!寛快・完治を目指して!

うつ病に関するブログやサイトは山ほどあります。
私も記事に書きましたが、誰にも理解されない孤独感からブログに頼り、
同じ悩みを持つ者同士で語り合うことによって安心感を得ていたこともありました。
でも残念ながら、共感や同情ではこの病気を治すことはできませんでした。

私がうつ病になった5年前と変わらず、うつ病ブログの世界は賑わっています。
しかしながら、「うつ病克服」、「うつ病寛快」、「うつ病完治」
どの検索ワードで調べても出てくるのは金銭がらみのものや、
ただ克服できればいいなぁと思いながらも途方に暮れているものばかりです。
それが現在の治療の現実なのだろうと思います。

でも、たとえ数は少なくとも、素晴らしいブログやサイトはあります。
私が読んだ中で自信を持っておすすめできるサイトを下記に集めてみました。
本気でうつ病を治したい!
そう思った方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

*******218うつ病主婦のおすすめサイト218*********


うつ解消マニュアル  
(脳及び心疾患並びに認知症及び更年期障害対策)
「どうやったら治るんだろう・・・?」そう思った方はぜひ読んでみてください。
本当の治し方がここには書いてあります。

私は何もわからないまま手探りで突き進んで来ましたが、
結果的にはここに書かれていることと同じことをしてきたのだと感じています。
私の通ってきた道は間違っていなかったと再確認できました。
死ぬ思いをして副作用に耐えるぐらいなら、死ぬ気になってこのマニュアルを読み実行してみてください。

推奨ページ⇒第1回目 「うつ解消法」「自己紹介」


NPO法人活動 ~精神科看護師 越智元篤~
NPO法人精神医療サポートセンターの代表をされており、
日本の精神科看護改革の必要性を唱えている越智元篤さんのブログです。

医者と患者のやりとりを見ている看護士という立場からの視点。
これによって医者側の問題、患者に対する対応の難しさなど、
様々なことがわかります。
ぜひ一度ご覧になってみてください。
講演・精神医療相談等もされているようです。

HPはこちらです⇒NPO法人 精神医療サポートセンター


仮福真琴の精神科医はうそだらけ
昔に比べて精神科やメンタルクリニックはずいぶんと身近な存在になりました。
しかしそれゆえに必要のない人にまで安易に薬物療法が行われていたり、必要以上の投薬が行われているという現実もあるのではないのでしょうか?

こちらのサイトでは実録の体験記から精神科医の選び方、精神福祉に関することなど様々な情報が載せられています。一般的なうつ病のサイトよりもはるかに役立つと思います。

また、ブログのほうでも興味深い内容がたくさん書かれていますので、
こちらもぜひご覧ください。⇒「仮福真琴と不甲斐ない夫との日々」


罰当たりIT社長の明日はどっちだ
不眠を解消するために精神科に行ったのに、気がつけば多剤大量処方になり最後には命まで落とす・・・。こんなこと絶対あってはならないことですよね。でも現実に、こういったいい加減な精神医療が今でも続いています。

患者本人もわかっているようでわかっていない治療の実態や薬物治療の危険性。ぜひ目をそむけることなく読んで欲しいと思います。

ブログ主のアリスパパさんは現在、亡き妻の死の責任を問う裁判を行っています。今後の裁判の行方を見守るとともに、現在のいい加減な精神医療、多剤大量処方による犠牲者がこれ以上増えないことを願って止みません。


生きる
統合失調症と闘いながら妊娠・出産し、
現在も病気に負けずに育児をしているゆうさんのブログです。

精神的な病を持ったまま育児をしていくというのは並大抵のことではありません。けれど、必死に生きる彼女のブログを読むたびに
苦しいのは自分だけじゃない、私も頑張ろうと前向きな気持ちになれました。
本当に感謝しています。


心に効く言葉
掲載の以来をした時に、とても素晴らしいお返事をいただきましたのでそのまま掲載させていただきます。

「うつ病は、自分と向き合うということなのかもしれません。
だからきっとその先に自分そのものを受け入れる時が来るはずです。
嫌な自分も後悔する自分も、全部ひっくるめて好きになれることを信じて。」

ぜひ何度でも読みにいっていただきたいと思います。
きっと何か得るものがあると思います。


保育士おとーちゃんの子育て日記
私はこれまで何冊もの育児書を参考にしていましたが、道徳の授業のようなもので、理想は理想、現実は現実・・・と、どこか別物のように感じていました。
うまくいかないことがあったり、行き詰った時も解決する策が見つからず、ずいぶん苦しんだものです。

こちらのブログでは、保育士ならではの視点で親子のやりとりなどが書かれていて、それぞれの場面の子供の気持ちや対処法などもとてもわかりやすく書いてあります。ぜひ参考にしてみてください。


******************************
【2024/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
役員の仕事
役員の仕事が始まって半年がたちました。

最初のうちは誰が誰だかわからず、
ただ集まって話をするだけでも苦痛で・・・

ネット上では役員同士のイザコザなんかもよく目にするので、
無駄に警戒して気疲れしていた部分もあります。

でも、回数をこなしていくうちに、大変なのは自分だけじゃないことや、
役員の中に意地悪な人がいないことがわかり、ようやくひと安心 (´ω`*).

とりあえず、自分にできることをやればいいと割り切ることにしました。

ただ、何をどうあがいたって所詮はうつ病患者。
過呼吸になってしまったり、睡眠リズムがおかしくなってしまったり、
夏休み前には激しいめまいに襲われ、日常生活に支障をきたしました。

めはいは、程度こそ軽くはなったものの、一か月以上経った今も治まっていません。

で、私がそんな状態の時に旦那は何をしていたのかというと、
ひたすら朝から晩までゲームです。。。。

いや、何もしていないわけではないですよ。
ご飯の用意や後片付け、洗濯物を干してくれたり・・・。
確かに家事はやってくれています。

ただご飯は、ほとんどレトルト、揚げ物、麺類のローテーション。
このところ、双子が太りはじめているのだけど、
「デブ」とからかいながら、出す食事は炭水化物と油ものばかり。

茶碗は洗ってくれるけど、生ごみの処理はしてくれないので、
排水溝にゴミが溢れかえってる状態で終了。
結局それを片付けるのは私です。

洗濯物も、洗濯機に入っているものをそのまま洗うだけで、
布団を干したり、シーツやカバー、トイレマットなどを洗うのは私。

庭の草むしりをするのも私。
学校の行事に参加するのも、旗当番や廃品回収に行くのも、
学校で必要なものを買いに行くのも私。

そう・・・結局、やることは山ほどあるのだけど、
その中で旦那がやってるのはご飯と洗濯物だけってこと。

それ以外は自分の仕事ではないと思っているらしく、
私がバタバタしている横で退屈そうにあくびをしています。
ここ数年ずっとこんな状態・・・

結婚ってなんなんでしょうね・・・。
結局はただただ女が苦労するだけのものなのでしょうか・・・。

子どもたちが寝た後は、深夜まで1人でアニメ鑑賞。
「地球の平和を守るために、仲間を守るために、俺は絶対あきらめない!」

・・・・・は!?

嫁や子供がケガしようが病気しようがほったらかしのくせに???
嫁や子供が困ってたって助けないくせに????

ほんと、悪の組織や実在しない生物と戦ってる暇があるなら、
もっと現実と向き合えよ・・・と思う(-ω-; )

そんな旦那にイライラが募り、
気が付くと自分の中がドロドロしたものでいっぱいになってしまう。

そんな時は立ち止まって原点に返ります。

私は、自分の大変さを旦那に訴えたいのか?
私は大変アピールをするために家事や育児をやっているのか?

子供たちがまだ小さくて手がかかる頃、
身の回りの世話をするだけで手いっぱいで家事は最低限しかできませんでした。

手がかからなくなって、ようやく家の中の汚れに気が付く余裕ができた時には、
庭は草がボーボー、台所は油汚れでギトギト、お風呂は天井までカビだらけ、
トイレは黄ばみ黒ずみ悪臭で、それはそれはひどい状態でした。

結局ね・・・そんなひどい状態でも旦那は汚いと思わないんですよ。
いかにして自分がラクをするか・・・それが最優先。
自分がラクをするためなら、そのぶん他の人が苦労したって平気なんです。

そして、自分の体のことは気にするけど、
子供がどれだけケガや病気をしたってまるで他人事で興味がない。

そんな人に期待するだけ無駄です。

私が役員の仕事をやっているのは、強制的な部分もあるけど、
他の人と協力しながら動いている自分の姿を見せるため。

掃除をするのは、これ以上子供達のアレルギーがひどくならないようにするため。

在宅ワークをやっているのは、働くことの楽しさや、
学ぶことの楽しさを子供たちに伝えるため。

子供達は、言葉で説教して言うことを聞く年齢はとっくに過ぎている。
だから今の私がやらなければいけないのは、説教よりも行動することだと思う。

他人との関わり方、家を清潔に保つ方法、料理の仕方、勉強の仕方、
嫌なことがあった時どうやって乗り越えるのか、
毎日の生活の中でどうやって楽しみを見つけていくのか・・・。

何気ない日常の中で、親の行動を見ながら子供は学んでいく。
どれだけ偉そうに説教したって、そこに行動が伴ってなければ、
それは単なる親の身勝手です。

だから、朝から晩までゲームしてるか寝てるかだけの旦那が、
偉そうに説教したって誰も聞いてくれなくて当たり前。

「お父さんて、俺らには厳しいくせに、自分には甘いよね」

子供達、皆そう言ってます(^ _ ^ ;)
ま・・・そりゃそうなるわな・・・。

鉛のような体を抱えての多忙な日々は本当に大変です。
でも、子供たちが「頑張って」と励ましてくれたり、
自発的に役員の仕事や家事を手伝ってくれたりしてくれるのは、
本当に嬉しいです。

あと半年、どうにかこうにか乗り切りたいと思います
【2019/06/18】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
言葉のちから
去年の夏、海に行った時のこと。

長女と並んで歩いていたら、
長女の足が滑って転びそうになりました。

足元にはフジツボなどのトゲトゲしたものがあったので、
ここで転んだら危険だと思い、とっさに長女の腕をつかみました。

ただ必死にあるあまり力が入りすぎてしまい、
気がついたら爪が食い込むほどに腕をつかんでしまっていました。

痛い!!!(#`皿´)

当然ながら、長女は激怒。

長女に痛い思いをさせてしまった後悔と、長女を怒らせてしまったことで、
その日はすっかりしょんぼりしてしまった私・・・・

翌日、腕の具合が気になったので、
「昨日強くつかんだとこ大丈夫?傷になってない?」と聞いてみました。

すると、激怒していたはずの長女が
「あぁ~、全然大丈夫。こっちこそゴメンね。」と言うので
?(´・ω・`)と思っていると

「あの後、通りすがりのおじさんが言ってたでしょ?
あの場所は毎年転んで大怪我して救急車で運ばれる子がいるって。
お母さんは、私が転ばないように守ってくれたんだよね?
それなのに怒っちゃってゴメンね。

つかまれた時は痛かったけど、
救急車で運ばれるほどの大怪我するのに比べたら全然平気。
お母さんのおかげでケガしなくて済んだよ。ありがとう

その言葉を聞いて、思わず泣きそうになりました。

どれだけ長い年月育児をしていても、
自分の気持ちが子供に伝わることってなかなかない。
ましてや、それをきちんと言葉にして感謝されることなど皆無に等しい。

親に感謝の気持ちを言えるなんて、長女はすごいな・・・。



私の様子を見て、気遣ってくれるのも長女です。

自分ではいつも通りにしていたつもりだったのだけど、
「お母さん、最近疲れてる?大丈夫?」と言われたことがあります。

「大丈夫だよ。どうして?」と聞くと、

「話しかけても返事がない時があるし、
会話してる途中で急に反応がなくなっちゃう時あるから・・・」・・・と。

そっか・・・・(l|l =д=)ガーン

自分では一生懸命元気なふりしてるつもりでも、
知らないうちに意識が遥か彼方に飛んでいっちゃってるのね・・・
気をつけなくちゃ・・・・。

「お母さん、よく具合悪くなるから心配だよ~。無理しないでね
 
私が忙しくてどうにもならない時には、
何も言わずにお風呂の掃除をしてくれてたこともありました。

ほんと、いろんなことによく気がつく長女です。


とはいえ、そんな心優しき長女も、
いつもいつも優しいわけではありません。

先日、自由帳を買っておいてくれと頼まれたので、
可愛くて長女が好きそうなものを選んで買ったつもりだったのですが、

ちょ・・・・キャラクターものとかヤメて~!(-"-;)

はい・・・おもいっきりダメ出しされました・・・

気に入らないものは気に入らないと、はっきり言う長女です(笑)


4月からは中学生。
これから先どんな進路を選んでいくかわからないけど、
その時その時を楽しく過ごしていってくれたらなぁ~と思います(*´ー`)
【2019/02/25】 | 長女の育児 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ