FC2ブログ
WELCOME

「うつ病主婦の妊娠・出産・育児ブログ」へようこそ

(^∀^)ノ



このブログは、うつ病とパニック障害だった私が妊娠し、
迷ったり悩んだりしながらも、出産、育児をしてきた経験を書いたものです。

長女の妊娠がわかった時の私は、
抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬を飲んでいました。
それ以外に、交通事故に遭ったために鎮痛剤も・・・。

でも、それらをすべてやめ、出産する道を選びました。

薬に頼らず、医者に頼らず、カウンセラーに頼らず・・・。
自分と、自分の家族のみでうつ病と闘ってきた歴史です。

どうぞご自由にお読みください


********************************************************


********************************************************

ブログ再開にあたり、いろいろと過去記事を修正、編集しています。
記事の順番がおかしくなっていたり、読みにくい部分もあるかと思いますが、
できるだけ早く修正しますのでご了承ください。

質問、コメント等は、どの記事でも結構ですので、お気軽にどうぞ
1人でも多くの方がうつ病を克服することを心から祈っています(^ー^)
【2025/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(116) | page top↑
うつ病克服!寛快・完治を目指して!

うつ病に関するブログやサイトは山ほどあります。
私も記事に書きましたが、誰にも理解されない孤独感からブログに頼り、
同じ悩みを持つ者同士で語り合うことによって安心感を得ていたこともありました。
でも残念ながら、共感や同情ではこの病気を治すことはできませんでした。

私がうつ病になった5年前と変わらず、うつ病ブログの世界は賑わっています。
しかしながら、「うつ病克服」、「うつ病寛快」、「うつ病完治」
どの検索ワードで調べても出てくるのは金銭がらみのものや、
ただ克服できればいいなぁと思いながらも途方に暮れているものばかりです。
それが現在の治療の現実なのだろうと思います。

でも、たとえ数は少なくとも、素晴らしいブログやサイトはあります。
私が読んだ中で自信を持っておすすめできるサイトを下記に集めてみました。
本気でうつ病を治したい!
そう思った方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

*******218うつ病主婦のおすすめサイト218*********


うつ解消マニュアル  
(脳及び心疾患並びに認知症及び更年期障害対策)
「どうやったら治るんだろう・・・?」そう思った方はぜひ読んでみてください。
本当の治し方がここには書いてあります。

私は何もわからないまま手探りで突き進んで来ましたが、
結果的にはここに書かれていることと同じことをしてきたのだと感じています。
私の通ってきた道は間違っていなかったと再確認できました。
死ぬ思いをして副作用に耐えるぐらいなら、死ぬ気になってこのマニュアルを読み実行してみてください。

推奨ページ⇒第1回目 「うつ解消法」「自己紹介」


NPO法人活動 ~精神科看護師 越智元篤~
NPO法人精神医療サポートセンターの代表をされており、
日本の精神科看護改革の必要性を唱えている越智元篤さんのブログです。

医者と患者のやりとりを見ている看護士という立場からの視点。
これによって医者側の問題、患者に対する対応の難しさなど、
様々なことがわかります。
ぜひ一度ご覧になってみてください。
講演・精神医療相談等もされているようです。

HPはこちらです⇒NPO法人 精神医療サポートセンター


仮福真琴の精神科医はうそだらけ
昔に比べて精神科やメンタルクリニックはずいぶんと身近な存在になりました。
しかしそれゆえに必要のない人にまで安易に薬物療法が行われていたり、必要以上の投薬が行われているという現実もあるのではないのでしょうか?

こちらのサイトでは実録の体験記から精神科医の選び方、精神福祉に関することなど様々な情報が載せられています。一般的なうつ病のサイトよりもはるかに役立つと思います。

また、ブログのほうでも興味深い内容がたくさん書かれていますので、
こちらもぜひご覧ください。⇒「仮福真琴と不甲斐ない夫との日々」


罰当たりIT社長の明日はどっちだ
不眠を解消するために精神科に行ったのに、気がつけば多剤大量処方になり最後には命まで落とす・・・。こんなこと絶対あってはならないことですよね。でも現実に、こういったいい加減な精神医療が今でも続いています。

患者本人もわかっているようでわかっていない治療の実態や薬物治療の危険性。ぜひ目をそむけることなく読んで欲しいと思います。

ブログ主のアリスパパさんは現在、亡き妻の死の責任を問う裁判を行っています。今後の裁判の行方を見守るとともに、現在のいい加減な精神医療、多剤大量処方による犠牲者がこれ以上増えないことを願って止みません。


生きる
統合失調症と闘いながら妊娠・出産し、
現在も病気に負けずに育児をしているゆうさんのブログです。

精神的な病を持ったまま育児をしていくというのは並大抵のことではありません。けれど、必死に生きる彼女のブログを読むたびに
苦しいのは自分だけじゃない、私も頑張ろうと前向きな気持ちになれました。
本当に感謝しています。


心に効く言葉
掲載の以来をした時に、とても素晴らしいお返事をいただきましたのでそのまま掲載させていただきます。

「うつ病は、自分と向き合うということなのかもしれません。
だからきっとその先に自分そのものを受け入れる時が来るはずです。
嫌な自分も後悔する自分も、全部ひっくるめて好きになれることを信じて。」

ぜひ何度でも読みにいっていただきたいと思います。
きっと何か得るものがあると思います。


保育士おとーちゃんの子育て日記
私はこれまで何冊もの育児書を参考にしていましたが、道徳の授業のようなもので、理想は理想、現実は現実・・・と、どこか別物のように感じていました。
うまくいかないことがあったり、行き詰った時も解決する策が見つからず、ずいぶん苦しんだものです。

こちらのブログでは、保育士ならではの視点で親子のやりとりなどが書かれていて、それぞれの場面の子供の気持ちや対処法などもとてもわかりやすく書いてあります。ぜひ参考にしてみてください。


******************************
【2024/01/01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
コロナな日々
コロナで世界中が大混乱になっている中、
皆様どのようにお過ごしでしょうか?

我が家の子供達も三学期の途中からいきなり休校になり、
最初のうちこそ「わ~い休みだぁ~」なんて喜んでいましたが、
さすがに何か月も学校どころかまったく外出すらできないとなると、
なかなか忍耐の要る期間となってしまいました・・・

せっかく時間がたっぷりあるのだから勉強してくれればいいのですが、
どうにもこうにも勉強はやる気が起きないようで、
仕方なくおもちゃを買ってきて遊ばせたり、一緒に料理をしてみたり、
ちょっとしたDIYをしてみたり・・・・。

洗濯してご飯作って仕事して子供の遊び相手してまたご飯作って・・・
朝から晩までゆっくり休むこともできず、もうぐったり・・・

でもそんな気力も体力も限界を迎えた頃、
突然えなりが猫のトイレの掃除を始めました。
ゴルゴも、「俺も暇だから何かやろうかな~」とお風呂掃除。
ちょっとしたことですが、本当に助かりました。

自粛生活に入って数ヶ月、毎日毎日ゴロゴロしている子供たちを見て、
注意したほうがいいんだろうか?
強制的に何かやらせたほうがいいんだろうか?
とちょっと悩んでいたんですが、何も言わなくて正解だったかもw


自分が子供の頃、母親がよくぶちぶちと文句を言っていました。
「階段がこんなに汚れているのに気にならないのか!」とか、
「玄関がぐちゃぐちゃになってるのを片付けろ」とか。

自分も親になったので、その気持ちは理解できるようになりましたが、
子供の頃の私はそれを「見栄っ張り」だと思っていました。

実際母親はそれほど綺麗好きなわけでもなく、
他人から見える位置は掃除するけど、
見えない場所は結構ぐちゃぐちゃだったのです。

洗濯洗剤の粉が散らばったままの洗面所、
油でギトギトになった台所。

忙しくて手が回らなかったのかもしれないと今なら理解できますが、
「自分だって散らかしたまんまのくせに、子供にばっかり文句言うな」と
当時の私は感じていたのです。

そして休みの度にぶちぶち文句を言われるのが嫌で、
外出することがどんどん増えました。

だから「うるさく言い過ぎると子供は逃げる」と思っています。
常に家の中がピカピカならいいけど、
自分のことは棚に上げてというのでは説得力がないと。

長男の部屋も今は恐ろしいことになっています。
食べ物だけは溜め込まないようにと言っているにも関わらず、
時々廊下のほうまで酸っぱい臭いが流れてくることがあるのです。

うぉぉぉおおお~~~!
これはもう我慢の限界!
今すぐにでも片付けてほしい!!!

心の中では絶叫しているのですが、そこはひらすら堪える!
あえて扉は絶対に開けない!
見なきゃどうにか我慢できる!

とりあえず家中にゴキブリが出まくるとかならない限りは
気付かなかったことにしようーーーーー!!!

そうやって言いたくなるのをぐっと堪えていると、
たいていある日突然自分で掃除を始めます。
先日も大量に燃えるゴミやプラスチックを出していました。

本当はこまめに掃除してくれるのが一番いいし、
その都度ゴミも捨ててくれれば解決する話なのだけど、
それができれば最初からこんなことにはなっていないわけでww

注意して強制的にやらせたとしても、嫌々やっているだけでは、
注意する人がいなくなった時に結局同じことになってしまう。

自分で気が付いて、自主的にやる。
やっぱりそれがとっても大事で、
自主的にやっているうちは大丈夫と前向きに考えるようにしています。

私も子供たちのことばかり言っていられません。
カビ、ほこり、蜘蛛の巣、雑草・・・。
まだまだ掃除が追い付いていません。
頑張らねば~


ところで話は全然変わってしまうのですが、
子供会の役員の仕事が3月いっぱいまでだったので、
終わったらブログで報告しようと思っていたのですが、
役員間で「最後に食事会をしよう」という話になっていて、
しかもそれがコロナでずっと延期されてる状態です。

いやもうほんと・・・食事会とかどうでもいい。
早く終わってスッキリしたい・・・・

鬱の自分にとって、特に何の用もないのにひたすらおしゃべりし続けるのは、
かなりの苦痛です。

体調しだいでは、いきなりブチ切れたり不機嫌全開になってしまいそうで、
ものすごい恐怖です。

・・・というわけで、食事会が終わるまでは無事に終わった気がしないので
役員終了報告は食事会が終わった後に改めてしようかと思います。

最後の最後に鬱全開になって場をぶち壊さないように気を付けます
・・・てか、もうほんと中止になってくれないかな・・・。

時間が経ち過ぎたということで、計画自体が忘れ去られる・・・
と、ついついそんなことを期待してしまう私・・・w
【2020/06/08】 | うつ病奮闘記⑧ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さよならと新たな出会い
保護猫の預かりボランティアを始めて1ヶ月。
預かっていた猫を譲渡会に連れていく日がやってきました。

最初はあたふたして大変な毎日でしたが、
日が経つにつれ、その可愛さはどんどん増していき、
「里親が決まらなかったら、うちで飼えばいいんじゃないか?」
なんて話がでてしまうほど家族全員すっかりお気に入りになっていました。

もしかしたらこのままお別れになってしまうのかと思うと、
里親が決まってほしいような、決まってほしくないような複雑な心境・・・
本当にこのままうちで飼おうかな・・・。

心も定まらないまま譲渡会の会場にいると、
我が家の猫をとても気に入ってくれたご夫婦が

何度も何度もいろんな角度から猫を見て、
「理想通りだよ!いやもうそれ以上!最高!可愛い!条件もバッチリ!」
と、ものすごく嬉しそうに話している。

代表と一緒にしばらくお話させてもらったのですが、
保護された時の状況や現在の様子なども積極的に聞いてくれ、
細かい部分も夫婦であれこれ相談し合っていたので、
真剣に里親になろうとしていることが伝わってきました。

そして何より、猫を見る目がキラキラしてとにかく嬉しそうで、
この人達のもとで生活できたら、猫も幸せだろうなと思ってしまいました。

本当に猫を飼いたいという気持ちがあって、整った飼育環境があって、
飼育経験、経済力もあり、最後まで面倒を見る覚悟もある。
こういう人たちへの橋渡しをするのが私の役割なんだよなと改めて実感。

別れるのは寂しいけど、本当に優しそうなご夫婦だったので、
安心して猫を送り出すことができました。

その後トライアル期間を経て無事正式譲渡。
我が家の預かり1匹目が終了しました。


とはいえ、1ヶ月間猫に振り回され続けてた我が家は突然猫がいなくなり、
なんだかし~~んと静まり返ってしまいました。

あっという間の出来事で心の整理もつかないままでしたが、
預かっている間不安の多かった箇所を少しでも減らすように掃除や模様替え。
よし!これで以前より危険も減って、猫が自由に動き回れるようになったぞ

そしていよいよ我が家に2匹目の保護猫がやってくることになりました。
今度の猫は、2歳のメス猫です。

おとなしい猫だと聞いていたのでできるだけ怖がらせないように、
キャリーから出てくるのをひたすら待ってみる・・・。

って、うおおおおおおおおおおお~~~~い!!!
何時間たっても出てこね~~~しっっっ!!!

前の猫は活発で人懐っこかったのですが、今回の猫はまったく動きません。
仕方なくケージに移動させてみたものの、奥のほうでずっと固まってるし・・・

恐怖心が強すぎるのか、まる1日飲まず食わずトイレも行かずという状態で、
さすがに心配になり代表にアドバイスを求めました・・・

慣れるまではケージの中に入れっぱなしにして、
外が見えないように全体をタオルで隠しておいたほうがいいかもとのこと。

実際、言われた通りにケージを全部覆うようにしたら、
ピチャピチャ水を飲む音が聞こえ、翌日にはおしっことウンチをしてくれました。
さすがベテラン心強いです

そこから数日、エサやトイレ掃除以外は姿を見ることもできない生活。
子供達も「閉じ込めっぱなしにしてて大丈夫なの?」と不安そう・・・。

そうだよね、人間の感覚からすると、
何も見えない狭い場所に閉じ込められるのって虐待みたいに感じるよね

私もいろいろ調べたのですが、猫にしてみたら、身を隠せる場所があること、
誰にも侵入されない安全な場所であることがとても大事なのだそうです。

知らない場所で、知らない人にジロジロ見られた状態では、
安心して食事をしたりトイレをしたりすることができないということですね。

ケージの扉を開けるようになっても出てくるまでに数日かかり、
リビングから廊下に出るまでには2週間もかかりました。

猫が自由に動き回れるように寝室をかなり改造していたのですが、
まったく入ることすらしてもらえずほぼリビングのみの暮らしww( ̄▽ ̄;)

それでも3週間目にはちょっと抵抗するなど意思表示をするようになり、
おもちゃで遊んだり、じゅうたんで寝転ぶ姿も見られるようになりました。

ここは安全な場所なんだ、自由にしてていいんだって
思えるようになるまでにはそれだけ時間がかかるんですね。

慣れない場所への不安が強くて譲渡会への参加が難しいうえに、
もうすでに成猫なので、なかなか里親は見つからないかもしれません。

まぁ~、見つからなかったら見つからなかったで、
このままうちにいればいいさ。

優雅な暮らしはできないけど、
ナデナデしてくれる人はいっぱいいるからねw
【2020/03/27】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ